サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【店舗】丸善日本橋店×hontoブックツリー 読後感 ~なりたい気分で読む5冊~ ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ヒューマン 人類(ハヤカワ文庫 SF)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.6
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 SF
  • サイズ:16cm/537p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-011520-3
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ヒューマン 人類 (ハヤカワ文庫 SF ネアンデルタール・パララックス)

著者 ロバート・J.ソウヤー (著),内田 昌之 (訳)

ヒューマン 人類 (ハヤカワ文庫 SF ネアンデルタール・パララックス)

994(税込)

ポイント :9pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2005/09/07 15:00

投稿元:ブクログ

ネアンデルタール・パララックス第2巻
元の世界に帰ったポンター。
彼は、もう一つの地球との交流は、有益だと議会を説得する。
一方、メアリはネアンデルタールの第一人者として、ジョックにアメリカの研究所に招かれる。
ポンターに再会したいと願うメアリだったが、
はたして、再び門が開き、女性大使のトゥカナと共にポンターが帰ってきた。
二つの世界の交流が始まり、今度はメアリがポンターの世界に訪れることに……
相変わらずさくさくと読めてしまう。
ポンターが、向こうの世界の精神科医と話しているシーンから物語は始まる。
はたして、彼は何をしたのか?
門が繋がったことを縦軸に、
メアリとポンターの恋愛
レイプ犯探し
地球の磁場の逆転現象
メアリの目を通して、ネアンデルタールの社会を描写
を横軸にして物語が進んでいく。
地球の磁場が逆転したとき、はたして、何が起きるのか?
ジョックの真の狙いは?
というのは、次の最終巻に持ち越し。
大災害が起きそうな、そんな風呂敷を拡げても、
ソウヤーのことだから、器用にまとまるんだろうなぁ、とハラハラ感がない(笑)
面白いんだけどね。
最終的な評価は最終巻を読んでから。

2007/08/15 13:15

投稿元:ブクログ

 前作で元の世界に戻っていったネアンデルタール人・ポンターがメアリーとの愛を確かめるべく、戻ってきた。
 ポンターがメアリーをレイプした犯人を突き止め、犯人を…
 後半はモノローグのように話が進んでいく。
 

2012/08/01 16:35

投稿元:ブクログ

普段我々が普通に思っていることが、見る方向を変えるだけで普通ではないことを、著者の鋭い視点でついている。

宗教についての考察は、納得させられる。

2009/02/08 21:05

投稿元:ブクログ

1月24日開始
2月3日読了

 ネアンデルタール・パラドックスシリーズの第2弾。現生人類(クロマニヨン)ではなくネアンデルタールが進化した人類が支配する並行宇宙から量子コンピュータ実験の事故でこちらの宇宙にやってきた物理学者ポンター。第1作で無事元の世界に戻ったが、今度は大使をつれて人類の世界にやってきた。様々な交流が行われるが……

 相変わらずソウヤーの作品は読みやすくて好きだなあ。発想もぶっ飛んでるしね。人類が意識を獲得したきっかけが‘あれ'なんてどうやって思いつくんだろう?あと宗教意識を持った要因とかね。

 前作ではボンターの男配偶者アディットの裁判が主であまり言及されてなかった、あちらの世界の様子がこの作品では十分に描写されてる。あまりにも理想社会なのは、仕方ないかな。

 第1弾を読んだのは一昨年の12月、ロンドン行きの機内で。あっという間に読み終わってこの本持って行かなかったのを凄い後悔。思わずロンドンの本屋で原書のペーパーバック買ってしまったほど。もちろん読んでないけどね。で、帰国後未読の本探したけどどこに埋もれてるかわからず、ようやくつい最近発見。やはり未読本は買った順とか整理しないとダメだね。

2011/10/01 20:52

投稿元:ブクログ

前作の続きで、その後どうなったのかを描いている。
全3部作の真ん中に当たるので、1作目を発展させて話をふくらませている。
登場人物も増えるし、よりそれぞれの世界・文化の差が浮き彫りになる。

あとがきでも書かれているけど、現代の人類社会に対する著者が持っている批判や疑問を、ネアンデルタール人の視点を借りて描いているのが強く感じられる。
非合理的で、非効率で、無意味で、独善的。
読んでて「世界はもっと良くなることができる」という気になるね。

2008/02/11 00:00

投稿元:ブクログ

http://shinshu.fm/MHz/67.61/archives/0000310255.html

ハヤカワ文庫 SF ランキング

ハヤカワ文庫 SFのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む