サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 第4回 丸善ビジネススクール~12人の先達に学ぶ~ ポイント5倍キャンペーン(~1/13)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

扉は閉ざされたまま(ノン・ノベル)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 108件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.5
  • 出版社: 祥伝社
  • レーベル: ノン・ノベル
  • サイズ:18cm/212p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-396-20797-7
新書

紙の本

扉は閉ざされたまま (ノン・ノベル)

著者 石持 浅海 (著)

大学の同窓会。成城の高級ペンションに7人の旧友が集まった。当日、伏見亮輔は客室で事故を装って後輩の新山を殺害し、完璧な密室をつくった。犯行は計画通りに成功したかにみえたが...

もっと見る

扉は閉ざされたまま (ノン・ノベル)

905(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

ほしい本に追加

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

大学の同窓会。成城の高級ペンションに7人の旧友が集まった。当日、伏見亮輔は客室で事故を装って後輩の新山を殺害し、完璧な密室をつくった。犯行は計画通りに成功したかにみえたが、参加者の碓氷優佳だけは疑問を抱き…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

石持 浅海

略歴
〈石持浅海〉1966年愛媛県生まれ。鮎川哲也編『本格推理』への投稿・入選を経て、2002年「アイルランドの薔薇」で長編デビュー。他の著書に「月の扉」「水の迷宮」等がある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー108件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

ロジカルな倒叙ミステリ

2005/08/11 15:32

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:イチイ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ミステリではお馴染みの死体発見シーンが、本作にはありません。死体を発見して、その場で一体何が起こったのか、というところから検証が始まるのがミステリの定石ですが、死体の発見どころか、部屋から主が出てこない、部屋の中がどういう状況であるのかも明確でない…、それが最後の最後まで(客観的に)明確にはならないのです。すなわち「扉は閉ざされたまま」、事件が発覚する以前の状況下、犯人と探偵役が静かに対峙し始める。このアイデアだけで、作者の企みは7割方成功しているのではと感じます。そして本作は全編、犯人の視点から物語が始まる倒叙ミステリ。この縛りの中、石持氏は見事なロジックミステリを編み出してくれました。
 豪奢な邸宅が現場だということ、窓ガラスには防犯装置が付いているということ、この根拠を省いても、通常一般人は鍵の掛かった扉を前に、「室内に異常が発生している」ということに核心を覚えなければ「扉を破る」ということは、即座には結び付けられない。それがとても現実味のある考えではなかろうかとふと思わせるところがあって興味深いですね。現実的な思考の集まりの中に「探偵役」という存在が登場することにより、ミステリとしての機能が付随され、発揮されています。
 部屋の中の様子を伝聞と推論のみにより推定し、部屋の中の様子は勿論、主の状態、犯人の指摘、どうやってそれがなされ、なんのためになされたか、というところまで真相に肉薄する…、否、完璧な論理によって、全ては解明されるのです。事実を目にしない限りはどんな論理も推論に過ぎない。しかし、犯人の思考をトレースし、更にはそれを乗り越えてしまうことによる探偵役の真相の指摘の瞬間には、軽い興奮を覚えてしまいました。
 冒頭にて提示される単純な物理トリック、しかしてその裏にある、倒叙ミステリであるからこそ堂々と提示された、犯人にとって致命的な、真相への伏線。全てが密接に結びついているからこそ導き出される、犯人指摘に至る論理展開。読者の納得を得るにギリギリのラインであるからこそ事件が成立している、犯行の動機。倒叙ミステリでありながら読者に突きつけられる、意外な真相。探偵と犯人、同類にして異質である二人であったからこそ成立した、事件の「解決」に至る流れ。全編200ページほどにぎゅっと収められた濃密なロジック・ミステリ。
初出:CANARY CAGE

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

穴がありすぎるロジック

2005/05/31 21:45

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:明けの明星 - この投稿者のレビュー一覧を見る

一部で高評価を得ているようだが、僕にはまったく面白く感じられなかった。
曖昧なロジックをレトリックでごまかしているような印象を受けた。
唯一感心したのはウィスキーの手がかりだけだった。そのほかの手がかりはどうとでも解釈できるように思う。特に、人がどのような行動をとるのが「自然」かということに基づく論理が多すぎるのがよくないと感じた。推理に対する反例となる自然な行動を僕はいくつも思いつけた。
この作品が倒叙ものでなかったら、推理に疑問を感じる読者がもっと多くなったかもしれない。
犯人像や、犯人vs探偵の心理戦は漫画『デスノート』の安易な模倣としか思えない。
犯人の動機も、人を助けるために人を殺すというのはナンセンスとしか思えなかった。しかも犯人は罰せられないかもしれない結末になっているので、どんな理由であれ人を殺すのは罪と思っている自分には不快だった。作者はこの犯人を本当に高潔だと感じているのだろうか? もしそうだとしたら作者の倫理観には賛同できない。
最初から最後まで密室が開かれないという試みのほかは見るべきものがない作品だと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/04/15 10:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/13 11:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/21 00:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/07/03 19:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/26 22:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/08/17 17:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/12 15:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/29 21:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/04/27 00:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/08/01 13:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/08/07 14:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/16 08:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/28 21:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ノベルス ランキング

ノベルスのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。