サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~12/31

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『縦横斜めから読む歴史~科学・食・感染症・失われたもの・偽物~』 ポイント5倍キャンペーン  ~1/5

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.5
  • 出版社: 岩波書店
  • サイズ:19cm/249p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-027105-9

紙の本

僕が批評家になったわけ (ことばのために)

著者 加藤 典洋 (著)

批評とは何か? 20年以上のあいだ批評を書き続けてきた著者が考える、批評、ことば、批評にまつわるいろいろなこと。批評とは何か、批評の酵母はどこにもある、批評の理由、ことば...

もっと見る

僕が批評家になったわけ (ことばのために)

税込 2,090 19pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

批評とは何か? 20年以上のあいだ批評を書き続けてきた著者が考える、批評、ことば、批評にまつわるいろいろなこと。批評とは何か、批評の酵母はどこにもある、批評の理由、ことばの批評、批評の未来の5章構成。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

加藤 典洋

略歴
〈加藤典洋〉1948年山形県生まれ。東京大学文学部卒業。国立国会図書館勤務を経て、現在、早稲田大学国際教養学部教授。文芸評論家。新潮学芸賞、伊藤整文学賞、桑原武夫学芸賞等を受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

加藤典洋の「徒然草」

2005/08/07 15:40

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オリオン - この投稿者のレビュー一覧を見る

批評とは何か。それは日々の生きる体験のなかで自由に、自分の力だけでゼロから考えていくことだ。本を一冊も読んでなくても、百冊読んだ相手とサシで勝負ができること。批評とはそういう言語のゲームなのである。だから、批評はどこにでもある。「あることばを読んで、面白いと感じること。それはそのことばのなかに酵母のように存在している批評の素に感応することなのだ」。
こうして著者は批評の原型としての『徒然草』にいきあたる。じっさい、備忘録や読書メモなど二四三のさまざまな断片を集積した『徒然草』は、「どういうところに人がものを考えることの面白さ、深さ(?)、気持ちよさを感じるのか」という批評の酵母に関する「みごとな見本帖」になっている。
この『徒然草』を小林秀雄は「純粋で鋭敏な点で、空前の批評家の魂が出現した文学史上の大きな事件なのである」と絶賛した。たしかに『徒然草』には、「公衆、世間、一般読者」という「スクリーン」の出現とともに成立した近代批評(重く難しいことばで書かれた文学としての批評)の極北をなす「ムッシュー・テスト」(ヴァレリー)の「無名」への夢に通じるところがある。
著者はこのことを確認した上で、『徒然草』が導くもう一つの夢を粗描してみせる。それは「ふつうのことをふつうにいう」こと、あるいは「わからない、わからなかったということを書く」こと、つまり「平明な批評のことばの果て」にある未来の批評である。ここで著者は、インターネットに代表される「電子の言葉」が生み出した新しい批評の書き手、内田樹を引き合いに出す。
『徒然草』序段と『ためらいの倫理学』のあとがきは似ている。それらはいずれも「書き言葉」と「話し言葉」という二つの力のせめぎあいのなかから「自由に書きたい、自由に考えたい」という欲求を通じて生み出されていったものだ。漢字とひらがなの「和漢混淆文」とともに、あるいは(机の上の「スクリーン」にのみ存在する書き言葉であり、セーブしなければ消えてしまう話し言葉の要素をも濃厚に合わせもつ)「書き言葉=話し言葉」的な新しいメディア=電子エクリチュールとともに。
そもそもことばは分裂をかかえている。養老孟司は『唯脳論』で、言語の本質は視覚・知覚系(文字記号)と聴覚・運動系(音声)という本来無関係な二つの刺激が連合したものだと書いた。つまり言語は「難しいとか重いという以前に、平明なままで、すでにダイナミックな運動としてある存在」なのである。
批評もまた二つ力のせめぎあいのなかで営まれる。著者は平明さの基礎は何かをめぐる終章で、内田樹=レヴィナスとの「対決と和解」(?)をまじえながら、平明と難解、野生と純粋、世間と世界、等々の二つの力の中間にあるものとしての「平明な批評」のあり方を語っている。
《批評の一番奥底にはこの世間のうごめきがある。頭上には世界がある。地上には世間がある。批評はすぐれた思考であろうとこの世間の風とせめぎあい、その中間に、噴水の上のゴムマリのように浮かんでいる。(略)何かが中空に浮かび、とどまる。知識の量、頭脳の明晰さ、着眼の面白さに還元されないものが、そこにある。すぐれた批評に接したと感じるとき、私たちは、他なる思考の泳者がたしかに私たちのなかの世間にしっかりとタッチして、私たちをその世間的思考から彼岸まで連れて行き、さらに私たちのなかの世界にタッチした後、もう一度、世間の場所に連れ帰るのを、感じているのである。》
批評はなぜ平明でなければならないか。「それは批評が、誰もが、いつ、どのような出発点からも、どんなルールででも、参加できるものでなければ、死んでしまう、ゲームだからなのである」。本書はそのような(来るべき)批評の酵母の見本帖、すなわち加藤版「徒然草」である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/01/21 11:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/27 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/11 11:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/09 09:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/08 14:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/01 23:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。