サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「ブックツリーで読む最近の文学賞」ポイント5倍キャンペーン(~3/27)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

妖怪大戦争
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.5
  • 出版社: 角川書店
  • サイズ:20cm/443p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-04-873609-4

紙の本

妖怪大戦争 (Kwai books)

著者 荒俣 宏 (著)

特殊な能力を持った弱虫の少年・タダシ。妖怪たちと力を合わせて、世界征服を企む魔人・加藤保憲と戦うことに。人類存亡をかけた世紀の戦いに少年と百万の日本妖怪が立ち上がった。愛...

もっと見る

妖怪大戦争 (Kwai books)

1,728(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

特殊な能力を持った弱虫の少年・タダシ。妖怪たちと力を合わせて、世界征服を企む魔人・加藤保憲と戦うことに。人類存亡をかけた世紀の戦いに少年と百万の日本妖怪が立ち上がった。愛と平和の大冒険。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

荒俣 宏

略歴
〈荒俣宏〉1947年生まれ。慶應大学法学部卒業。幻想文学、博物学等の研究者、小説家。「帝都物語」で第8回日本SF大賞、「世界大博物図鑑 第2巻」でサントリー学芸賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

アノ加藤に、妖怪達が立ち向かう!

2005/06/22 14:59

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カルバドス - この投稿者のレビュー一覧を見る

この書名を目にして、大御所・水木しげるの『ゲゲゲの鬼太郎』を思い浮かべた人は、なかなかの妖怪好きである。悪に心を染めた妖怪達と鬼太郎達が闘う、という内容の傑作があるからだ。本書にも“ぬらりひょん”や“油すまし”、“一反もめん”に“砂かけばばあ”といったお馴染みの面々は登場するが、内容はがらりと違う。こちらは、人間とも鬼とも区別しがたい悪の存在と妖怪&人間の連合軍が闘う、というストーリーになっている。
さて、荒俣宏と聞いて、気になる名前を思い出さないだろうか?そう、『帝都物語』に登場する軍服姿の魔人・加藤保憲である。この魔人が、本書でも悪の親玉として登場する。自らの欲望を満たそうと、またもや日本の首都に攻撃をしかけるのだ。『帝都物語』を夢中になって読んだ私としては、“加藤”が敵というだけで、ワクワクする気持ちを抑えきれない。
メインはもちろん決戦シーンだが、全編を通して“親子の愛情”というテーマが流れている。主人公の少年と母親、妖怪の姫とその父親、そしてカッパの親子と、いたるところに“親子”が登場する。「親子の対話が少なくなった」と言われ、親殺し子殺しの事件が毎日のように発生している今日この頃、本書、もしくは本書を原作とする映画が、親子のあり方を考え直すきっかけになるかもしれない。
本書の漢字の多くには、ふりがながふってある。小学校低学年では難しいが、高学年ならば読めるはずだ。文章自体も、子供向けに近い。広義のファンタジーとして、大人から子供まで幅広く楽しめる作品だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/07/21 12:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/19 19:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/23 19:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。