サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

文庫 ポイント5倍キャンペーン  ~11/19

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 悩んだら本を開こう ポイント5倍キャンペーン  ~11/25

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 31件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.6
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま新書
  • サイズ:18cm/206p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-480-06241-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

新書

紙の本

内部被曝の脅威 原爆から劣化ウラン弾まで (ちくま新書)

著者 肥田 舜太郎 (著),鎌仲 ひとみ (著)

劣化ウラン弾による脅威で世界は覆われてしまった…。微量の放射性物質による内部被曝のメカニズムを解き明かし、その実相に迫る。劣化ウラン弾などの大量使用により新たな様相を帯び...

もっと見る

内部被曝の脅威 原爆から劣化ウラン弾まで (ちくま新書)

税込 792 7pt

内部被曝の脅威 --原爆から劣化ウラン弾まで

税込 715 6pt

内部被曝の脅威 --原爆から劣化ウラン弾まで

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.9MB 無制限
Android EPUB 6.9MB 無制限
Win EPUB 6.9MB 無制限
Mac EPUB 6.9MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

劣化ウラン弾による脅威で世界は覆われてしまった…。微量の放射性物質による内部被曝のメカニズムを解き明かし、その実相に迫る。劣化ウラン弾などの大量使用により新たな様相を帯びる「核の脅威」に斬り込んだ、警世の書。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

肥田 舜太郎

略歴
〈肥田舜太郎〉1917年広島県生まれ。全日本民医連顧問、日本被団協原爆被害者中央相談所理事長。
〈鎌仲ひとみ〉1995年から日本を活動の拠点とし、医療、環境問題などのノンフィクション番組を制作。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー31件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

低線量被爆の影響について、理解を深めるのによい本

2012/04/26 20:14

10人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:JOEL - この投稿者のレビュー一覧を見る

 内部被曝、外部被曝、すっかりなじみのある言葉になってしまった。本書は、内部被曝の恐ろしさを、被爆者の治療にあたったひとりの医師として記している。出版されたのは2005年6月のことだ。読み終えて、放射線に対する不明を恥じた。日本は唯一の被爆国なのに、きちんとした放射線に対する知識を持たないままにきてしまったのだ。

 それは、本書によれば、放射線の影響は軍事機密であり、核弾頭を大量に保有し、かつ原発を100基以上もつ米国の圧力のもと、公にされてこなかったからということである。
 広島への原爆の投下後、1週間もたってから爆心地にはいった人が原爆症と思われる「ぶらぶら病」(倦怠感、疲労感のために日常生活にも困る症状)に苦しむ例を著者は医師としてみてきた。

 広島には戦後すぐにABCCという研究機関 がつくられて、被爆者の健康調査が実施された。これは、のちに放射線影響研究所となるが、日米共管である。ABCCにあつまったデータは米国に送られ、日本人にはあきらかにされなかった。原爆の影響は、被曝によって直接的に強い放射線、熱線、爆風を受けて多くの方が亡くなった、それがすべてとされてしまったのだ。その後に続く低線量被曝の影響は隠し通された。
 この体質は、原子力の権威であるIAEAや、健康に関わる権威であるWHOもひきついでおり、「科学的には不明」とされている。

 これは広島にかぎらず、チェルノブイリ原発事故の影響、アメリカの核実験場周辺住民への影響、全米各地の原発周辺の住民への影響に関しても、あてはまる。つまり、こうしたことはほとんどタブーとなっていて、なかなか陽の目をみないのだ。一部の研究者や医師が告発を続けており、著者はそのひとりとなる。

 おどろいたのはイラクやコソボ紛争で使用された劣化ウラン弾についても、放射線によるとみられるガンや白血病、免疫の低下などが起きていることだ。著者は現地に足を運んで確かめている。

 低線量被曝の影響は、高線量被爆よりも少ないとみられがちだが、カナダ原子力委員会のアブラム・ペトカウは「長時間、低線量放射線を照射する方が、高線量放射線を瞬間照射するよりたやすく細胞膜を破壊する」(p.91)ことを実験によって確かめている。

 海外でもヨーロッパのECRRは低線量内部被曝の有害説に立っている。しかし、総じて、低線量内部被曝の影響に関する知見は大きな圧力がかかったり、反論にあったりして主流になりえていない。
 米国の原子力施設(原発、核兵器工場、核廃棄物施設)周辺の乳ガン患者は、それ以外の地域よりも高いとするJ・M・グールドの調査結果(p.141)は日本も検討した方がいいのではないだろうか。

 著者自身が広島で被曝した経験をもとに、高齢になっても、こうした著書で危険性を指摘し続ける。ただ、本書はデータや統計資料が少なく、もっと科学的な装いをこらしてもよかったのではないだろうか。新書にそれを求めるのは無理なのかもしれないが、もう少し学術的な書物の方が好ましい。著者の警鐘が世の中に響き渡るためにはそれが重要となるだろう。本書の価値はゆるがないだろうが、体験的に語るだけではなく「医学の水準」で論じてほしい。

 定説はないとか、科学的に証明されていないと言い続けるのではなく、できる健康調査は国内外を問わずにしっかりやって、結果を世界中に広く開示してほしいと思った。それ以外に、低線量被爆の影響を明らかにする道はないのだから。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/04/13 15:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/06 23:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/04 21:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/16 10:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/27 17:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/01 02:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/13 20:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/23 09:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/04 08:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/28 06:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/19 10:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/27 22:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/11 17:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/15 07:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。