サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー ~陳浩基『世界を売った男』文庫化記念~ 日本と中華圏の本格ミステリの水脈 ポイント5倍キャンペーン(~12/5)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

市町村合併で「地名」を殺すな
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.6
  • 出版社: 洋泉社
  • サイズ:21cm/286p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-89691-932-7

紙の本

市町村合併で「地名」を殺すな

著者 片岡 正人 (著)

にこにこ町、ゴジラ市、忍者市、さくら市、ブルー奄美市、天草シオマネキ市…で本当に恥ずかしくないのですね!? 人類史上かつてない、「多数決」で地名を決定する日本人の愚行を告...

もっと見る

市町村合併で「地名」を殺すな

1,944(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

にこにこ町、ゴジラ市、忍者市、さくら市、ブルー奄美市、天草シオマネキ市…で本当に恥ずかしくないのですね!? 人類史上かつてない、「多数決」で地名を決定する日本人の愚行を告発する。『読売新聞』夕刊連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

片岡 正人

略歴
〈片岡正人〉1963年北海道生まれ。東京都立大学人文学部卒業。読売新聞東京本社文化部記者。山形支局、長野支局などを経て、現在、文化部で歴史・考古学、文化財関係を担当。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

日本国民必読!

2005/07/02 23:31

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふーた - この投稿者のレビュー一覧を見る

地名の尊さについて再認識させられる。自身の居住地域の地名には日頃から関心を持っても、日本全国までは目が届かないもの。多くの自治体において、歴史を無視したとんでもない地名がここまで検討されたり、現実に誕生したりしていることに国民は気づいているだろうか。合併自治体の地名に漢字が嫌われ、ひらがな名や英語名が真剣に議論されている実態。合併後に住民間でしこりが残るといけないから、まず旧地名を候補から外すという、なんとも情けない喧嘩両成敗的発想の横行。自治体名の重みを健康ランドの名称と同等にしか認識できない首長達を一刀両断する、著者の旺盛な地理的探究心、卓越した史実評価力と詳細に及ぶ取材実績が見事に結実した警鐘書。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最近の「新地名」って、やっぱりどこかおかしいよね!

2005/06/26 11:30

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ponko - この投稿者のレビュー一覧を見る

「地名とは何か?」「歴史的にどのように決められてきたか」を把握した上で、「地名のつけ方」を本格的に検討してまとめた本である。
とは言っても、元々は「読売新聞」夕刊文化欄の連載に加筆したものなので、地名の研究書や啓蒙書のように堅苦しくて難しい本では無い。
「同感!」「へぇ〜」を連発しながら(逆に異論を持つ方もいるとは思うが)、一気に読める本である。
最近の「地名改革」に少なからずとも「疑問」や「怒り」の感情を持った方が読めば、すっきりする本でもある。
ちょうどもうすぐ夏休み。
子供達のの自由研究の参考にもなる一冊だと思う。
親が(もちろん子供自身でも)この本を読んでいて、
子供が「地名」に興味を持ったなら、
自分の住む町の名前の由来が何なのかを調べてみてはどうだろうか?
きっと市町村名から始まって、文化・歴史・自然環境・・・と
興味が広がっていくことだろう。
その興味が自分の町だけに留まらず、どんどん外に広がっていき、
この筆者に対抗して「私なら、僕なら、こういう名前を付ける!」と提案する子供達が現れてくれると、日本の未来も明るい気がする。
そういう意味では、この国の文化・歴史を伝える立場の教師のみなさんにも是非呼んで頂きたい本である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/08/22 21:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の地方自治・行政 ランキング

日本の地方自治・行政のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む