サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~8/31

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  ~身近な雑草から、昆虫、山や森、気象まで~ 自然が教えてくれること ポイント5倍キャンペーン ~8/25

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 52件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.6
  • 出版社: バジリコ
  • サイズ:22cm/1冊(ページ付なし)
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-901784-65-X
コミック

紙の本

ペルセポリス 1 イランの少女マルジ

著者 マルジャン・サトラピ (著),園田 恵子 (訳)

【ハーベイ賞】【アレックス賞】子供のころ、革命がありました。戦争がありました。人がたくさん死にました…。イスラーム革命、イラン・イラク戦争。著者自身が体験してきた激動の時...

もっと見る

ペルセポリス 1 イランの少女マルジ

税込 1,540 14pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【ハーベイ賞】【アレックス賞】子供のころ、革命がありました。戦争がありました。人がたくさん死にました…。イスラーム革命、イラン・イラク戦争。著者自身が体験してきた激動の時代を斬新なタッチで描いた注目の回想録。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

マルジャン・サトラピ

略歴
〈サトラピ〉1969年イラン生まれ。14歳のときに国を離れ、ストラスブールでイラストレーションを学ぶ。イラストは世界中の新聞や雑誌に掲載、子供向けの本も執筆。現在フランス在住。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店藤沢店

イランで育った女性の...

ジュンク堂書店藤沢店さん

イランで育った女性の自伝的二巻組の本と言うと、何だかとても堅い内容だと思われそうですがそんなことはありません。
少女が大人になるまでを政治、宗教の話が盛り込まれながら描かれています。
中は全てコミックで表紙も赤と青の、思わず飾りたくなるような素敵な装丁です。

ジュンク堂

みんなのレビュー52件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

イランの革命を少女の目を通してみつめた興味深い好著

2007/03/18 17:19

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yukkiebeer - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者は1969年生まれのイラン人。本書は国王の威信が揺らぎ始めたパーレビ王権末期の時代から、イスラーム革命を経て、イラクとの戦争のさなかに十四歳で国を出るまでの自身の体験を描いたgraphic novelの邦訳です。

 幼少期を首都テヘランで暮らし、その地のフランス人学校に通ったというのですから、著者は比較的裕福で進歩的な家庭に育ったといえます。王政のもとで人々が身分や経済の格差に苦しむ時代にあっては、共産主義革命を熱く語るテヘラン市民の姿に幼い著者も感化され、小さな拳を振り上げて王政打倒を叫びます。しかし、理想に向かっていたはずの人々のたぎる思いは、革命後に誕生した厳しい反動主義的宗教政治によって裏切られていきます。異なる意見を持つ人を弾圧し、隣人が隣人を密告する恐怖の時代のもとで、少女マルジは許すことを学び、仕返しなんかしないで済む道をなんとか選び取ろうと日々努力します。

 しかし、その踏ん張りも報われることはありません。とことん信念に正直であろうとするあまり、教師や校長とも軋轢を生んでしまう彼女の生きる場所はもはや祖国にはないのです。そうした庶民の現実を名もなき少女の目を通して描いた興味深い一冊です。

 日本マンガの緻密な描きこみに慣れた目には、本書のマルジャン・サトラピの描くイラストは、モノクロのシャガールといった趣で、幻想的な風でもあり、どことなく飄々とした感があります。だからこそ、宗教と政治と戦争に彩られたあの苛烈な日々を描きながらも、底なしの痛ましさを免れているといえます。

 幼い少女が持つ心のしなやかさをもって大変魅力的な本に仕上がった本書には続編があります。果たして彼女はどんなさらなる物語を見せてくれるのか、その続編をこれから手にするのが楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

イラン版ちびまる子ちゃん(冗談です)

2018/09/06 18:47

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:モモタロウサムライ - この投稿者のレビュー一覧を見る

1970年代からはじまった混乱のイランを、ひとりの女の子の視点で描いています。正義感を煽られた民衆が権力者を追い出す度に、気づけば不自由になっていく権力の空白の恐怖を味わえます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/03/06 21:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/16 18:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/24 23:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/11 12:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/01/09 09:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/12 01:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/21 11:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/19 12:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/24 14:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/11 00:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/10 23:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/12 14:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/11/28 00:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。