サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~7/31

※0時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(0722-26)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 31件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.6
  • 出版社: バジリコ
  • サイズ:22cm/1冊(ページ付なし)
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-901784-66-8
コミック

紙の本

ペルセポリス 2 マルジ、故郷に帰る

著者 マルジャン・サトラピ (著),園田 恵子 (訳)

【ハーベイ賞】【アレックス賞】ひとり国を離れ、恋もした。クスリもやった。そして失望した。戦火を逃れた異国での孤独…。傷心の帰国、結婚やがて離婚。著者自身が体験してきた激動...

もっと見る

ペルセポリス 2 マルジ、故郷に帰る

税込 1,650 15pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【ハーベイ賞】【アレックス賞】ひとり国を離れ、恋もした。クスリもやった。そして失望した。戦火を逃れた異国での孤独…。傷心の帰国、結婚やがて離婚。著者自身が体験してきた激動の時代を無邪気な声で伝える回想録、第2弾。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

マルジャン・サトラピ

略歴
〈サトラピ〉1969年イラン生まれ。14歳のときに国を離れ、ストラスブールでイラストレーションを学ぶ。イラストは世界中の新聞や雑誌に掲載、子供向けの本も執筆。現在フランス在住。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー31件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

若者が成長の道程で皆味わう焦燥感がひしひしと伝わってくる

2007/03/20 08:32

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yukkiebeer - この投稿者のレビュー一覧を見る

前著「ペルセポリス」の最後で家族と別れ一人ウィーンへ渡ったイラン人少女マルジ。続編となる本作では、彼女はひと波乱もふた波乱も経験して大人への道のりを辿っていきます。

 マルジは裕福で開明的な家庭に育ったとはいえ、東方のイスラーム社会からやってきた人間です。彼女の目に映る西洋社会は、親への尊敬の念に欠けた子供たちが麻薬とSEXにふける頽廃的な世界です。そこで彼女自身も薬におぼれ、あまつさえヤクの売人にまで成り果てます。
 結果、疲弊しきった体を引きずって故国へと帰るのですが、そこでも彼女は反動的な宗教世界で閉塞感を募らせるばかり。削りすぎた鉛筆のように、何かの拍子に簡単にポキリと折れてしまうまで、自分の周囲に苛立ちをぶちまけ続けます。

 ヨーロッパにもイランにも自分の確たる居場所を定めることができないというアイデンティティ・クライシス。そして世の中の清濁を併せ呑むには経験と知恵が決定的に足りないという年齢的ハンディ。この二つのせいでマルジの日々は大変痛々しいものになります。

 確かにマルジの生きる世界は日本の読者の想像を超えた特異なものでしょう。しかし、若者が社会にイライラを募らせ、時に度を越した抵抗を試みるのは、洋の東西を問わないこと。そのことに立ちかえれば、この物語はどんな国の若者の心にも等しく訴えるものがあるはずです。前著がイランの抑圧政治に対する批判の書という性格が強かった一方で、本書は一人の人間の不器用だけれども確かな成長の記録として読めるのです。

 無論、既に40代になってしまった私は、若者特有の稚拙さが裏にある彼女の焦燥感に必ずしも共感を覚えるものではありません。むしろ彼女を教え諭す祖母の言葉にこそ心が添います。
 ですからその祖母にゆっくりとですが学んで成長していくマルジの姿には、心落ち着くものを感じることができた。そのことだけは確かです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ペルセポリス

2005/10/07 16:38

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐々木 なおこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

新聞広告で見た印象的なイラストが忘れられなかった。そして実際に手にとって見て、ぐっぐっと引き込まれた。
イランの少女・マルジの目を通してみた世界が実に見事に描き出されている。イラン独特の風習の中で暮らす毎日、戦争を体験する、父母と離れて一人外国で暮らす、それぞれの体験を独特の持ち味がある漫画で紹介してある。
ビックリするような体験や泣きたくなっちゃうような体験がいっぱい。しかしマルジは自分をしっかりと持ちへこたれない、しっかりと健気に生きる。もちろん、マルジの味方もいっぱいいるからご心配なく。続編は出るのかな?楽しみに待っています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/01/16 18:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/24 23:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/11 12:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/22 15:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/25 09:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/03 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/19 11:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/11 10:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/10 01:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/20 23:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/22 20:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/05 10:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/23 21:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。