サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. シフト 世界はクリアを待っている

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

シフト 世界はクリアを待っている
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2005.7
  • 出版社: メディアワークス
  • サイズ:22cm/315p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:4-8402-3112-5
  • 国内送料無料

紙の本

シフト 世界はクリアを待っている

著者 うえお 久光 (著)

転校生・赤松祐樹は、眠ると異世界へシフトし、とかげ男として平和を満喫する暮らしを営んでいた。シフトする目的も理由も分からないが、ヒントはシフトする時に聞こえる「世界はクリ...

もっと見る

シフト 世界はクリアを待っている

1,728(税込)

ポイント :16pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

転校生・赤松祐樹は、眠ると異世界へシフトし、とかげ男として平和を満喫する暮らしを営んでいた。シフトする目的も理由も分からないが、ヒントはシフトする時に聞こえる「世界はクリアを待っている」という言葉だけ…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

うえお 久光

略歴
〈うえお久光〉1974年鹿児島県生まれ。「悪魔のミカタ」で第8回電撃ゲーム小説大賞銀賞受賞。以後、同シリーズ13巻まで発表。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.5

評価内訳

うえお久光が描くデュアルワールドストーリー!

2005/06/17 13:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:メディアワークス - この投稿者のレビュー一覧を見る

『こちら』も『向こう』も、真実の自分——。

転校生・赤松裕樹には秘密がある。
眠ると異世界へ<シフト>する不思議な現象。
裕樹は<シフト>した異世界で、異形のとかげ男・ラケルとして、
ささやかな平和を満喫する暮らしを営んでいた。
まるで“その役を演じるゲーム”のように。
だが、<シフト>する目的も理由も分からない。
たった一つのヒントは<シフト>する時に聞こえる、
『世界はクリアを待っている』という言葉だけだった——。

うえお久光(うえおひさみつ)
昭和49年生まれ。鹿児島県出身。
「悪魔のミカタ 魔法カメラ」で第8回電撃ゲーム小説大賞(応募総数1,647作品)にて<銀賞>を受賞。座右の銘は「天上に輝く星と我が心の内なる道徳律」。出典を覚えていない上、意味も良く分かっていないにも関らず、言葉の響きが気に入ったからという理由で座右の銘にしたらしい……。
2002年2月 「悪魔のミカタ 魔法カメラ」で作家デビュー
現在13冊まで続く大人気シリーズとなっている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/02/01 19:24

投稿元:ブクログ

 作品解説:『こちら』も『向こう』も、真実の自分――。転校生・赤松祐樹には秘密がある。眠ると異世界へ《シフト》する不思議な現象。祐樹は《シフト》した異世界で、異形のとかげ男・ラカルとして、ささやかな平和を満喫する暮らしを営んでいた。まるで“その役を演じるゲーム”のように。だが、《シフト》する目的も理由も分からない。たった一つのヒントは《シフト》する時に聞こえる『世界はクリアを待っている』という言葉だけだった――。

 本格ファンタジーにするつもりなら戦闘場面の描写に派手な動きをつけるべきだし、そのつもりが無いのであれば冒頭の戦闘設定を細部まで書く必要はないだろう。ファンタジーとして読ませたいのか、それとも人間性を読ませたいのか、どちらかに重点を絞ることでより良い仕上がりになったのではないだろうか。
 300頁使用しているが構成にまとまりが感じられないし、中途半端に世界観が広いためラストが中途半端に感じてしまうが、キャラクター作りにはうまさを感じさせる。

2005/12/08 21:13

投稿元:ブクログ

こんなもん納得いくかぁぁぁ
まず値段、これで1680円とかちょっと高すぎる・・・文庫下手したら3冊買える訳で。
うえおのネームバリューに全てをかけて淀みなく手を取った俺の期待を裏切ったなーとは言わんが、それに近いものがある。
中身もアレですよ、おれのだいっキライな未完作。
盛り上がってきたところで「あれ?終わり?」って肩透かし感がホント超ありえない。
結末ぼやかすだけとかならいざ知らず、まだ中盤でしょう、このラスト・・・
もう一山あるっつーか、そこがむしろラストバトルでありクライマックスの筈。
結局「世界」の謎とか、現実世界のシェヘラザを主人公が何故知っていたのかとかも投げっぱなしだし、ありえない。
途中のエロさには感動した、うえお節全開って感じで。
続巻、出すのかな?出してくれると嬉しいぞー!何だかんだ言って気になるんだ!!

2007/01/06 15:10

投稿元:ブクログ

寝ると別の世界に「シフト」する物語。別の世界は、剣と魔法、モンスターがごく当たり前にある、
ファンタジーの世界。気楽に楽しんで読めます。

2016/08/20 17:34

投稿元:ブクログ

ゲームをそこまでやりこまないので、寝たら「シフト」するという設定の方が飲み込みやすいという気がした。ダークサイド側のストーリーはうえお先生らしいなと思う。基本的に各キャラクター良い子だけど、見るもの感じるもの求めるものの違いで、すれ違ってしまう。主人公は相変わらず達観しているところもあるけれど、混沌とした世界で差別に苦しんでいて、過去に苦しんでいる、そういう等身大っぽい負の感情がじんわりとストーリーに溶け込んでいて引き込まれた。ラストは切ない

2007/08/27 14:05

投稿元:ブクログ

久々にハードカバー読みました。
カバーだけみて、どうかなーとか思ったんですけれど、意外とさくさく読めました。
しかし、これはラノベにジャンルわけしていいのかしら??
取り合えずは面白かったので◎。

2008/07/14 13:33

投稿元:ブクログ

主人公がヒーローじゃない、勇者じゃないっていう発想に感心しました。
でもその良い人じゃないはずの主人公に好感。どうなるのかすごく気になる。

2009/09/03 19:52

投稿元:ブクログ

<内容>
―世界はシフトを待っている―
その言葉と共に始まる夢の世界。そこは、法もなく、あたりまえが当たり前でない場所。
そこで主人公ラケルは何を思い、何をなすのか……

<感想>
最後のシーンは何度も読み直しました。
感涙とまではいかないものの感動しますね。あれは。
それにしても、何度も読み直す作品というのは意外となくて。。。まぁ、価格対効果じゃないですけど、価格としては作品の価値が良いとは言いませんが、読んで損はない。

初めのうちは、たいした作品じゃないな〜という雰囲気を出しときながら、伏線、伏線、伏線。
そして、徐々に分かってくる、ラケルという存在。

一巻読んだら、二巻ないの?って感じになり……ってあるじゃん二巻(爆

2012/03/15 19:13

投稿元:ブクログ

この珍し過ぎる(つか、かなりわざとなのか)作者の名前に、
物凄い偏見を持っていて今まで一度も読もうなんて思わなかった。

RPGという世界観に惹かれて読んでみたら、
偏見は本当に偏見だった。

あっという間でした。
大好きなジャンル。


ラノベにありがちなお決まりの『萌え』だとか寒いギャグで物語の大半が埋まっていないのもいい。

最後まで読みたいけど、これって現時点で物語は完結してないんですね;

久しぶりに出会えた面白いラノベ本!
完結してほしい。
勿体ないなぁ。。

2011/12/27 00:15

投稿元:ブクログ

世界の作り方はRPGではあるが、どこまでも制限がない現実世界よりたちの悪い世界だったら。――怖いよね、ゲームって。ほんと。
さすがうえおだ、と思った。

2014/09/25 11:25

投稿元:ブクログ

鹿児島出身とあったので借りてみたが。まさにゲームのせかいを活字にしただけ。それが
筆者のしたかったこととのことで、望み通りなのね。ゲームに興味がない私には、サッパリ面白くなかった。本にする意味があったのか?

KADOKAWA ランキング

KADOKAWAのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む