サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~1/31

2022冬の読書応援 200万ポイント山分けキャンペーン ~2/28

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 42件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発売日:2005/06/16
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波少年文庫
  • サイズ:18cm/185p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-00-114128-0
文庫

紙の本

やかまし村の子どもたち (岩波少年文庫)

著者 アストリッド・リンドグレーン (作),大塚 勇三 (訳)

やかまし村には、家が3軒きり、子どもは男の子と女の子が3人ずつしかいない。でも、たいくつすることなんてない。ひみつの手紙のやりとりをしたり、かくれ小屋をつくったり、毎日楽...

もっと見る

やかまし村の子どもたち (岩波少年文庫)

税込 748 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

宮崎駿監督が選ぶ少年文庫セット (岩波少年文庫) 56巻セット

  • 税込価格:44,858407pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

やかまし村には、家が3軒きり、子どもは男の子と女の子が3人ずつしかいない。でも、たいくつすることなんてない。ひみつの手紙のやりとりをしたり、かくれ小屋をつくったり、毎日楽しいことがいっぱい! 再刊。〔1965年刊の再刊〕【「TRC MARC」の商品解説】

目次

  • 1 やかまし村の子どもたち
  • 2 男のきょうだいは、やっかいなものです
  • 3 いちばんたのしかった誕生日
  • 4 たのしい誕生日(つづき)
  • 5 学校が休みになります

著者紹介

アストリッド・リンドグレーン

略歴
〈アストリッド・リンドグレーン〉1907〜2002年。スウェーデン生まれ。小学校の先生や事務員をしながら数多くの作品を発表し続けた。国際アンデルセン賞受賞。作品に「長くつ下のピッピ」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店仙台ロフト店

リンドグレーンの隠れ...

ジュンク堂書店仙台ロフト店さん

リンドグレーンの隠れた名作。いえ、隠れてはいません。
ただ、どうしてもピッピの影に隠れがち、かも。

やかまし村には、三軒しか家がない。
そこに住む子どもたちの話。特別なことは、何も起こらない。
ただ淡々と、子どもたちの日常だけを描いています。
それの何といとおしいく新鮮なこと。
スウェーデンの美しい景色が浮かんでくるようです。

続編、続々編もおすすめです。

みんなのレビュー42件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

楽しみは世界に満ちている

2021/08/10 17:40

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

有名なスウェーデンな児童文学。
 作者はアストリッド・リンドグレーンという女性。2002年に94歳で亡くなっている。
 日本でもその作品集が出版されているほどで、中でも『長くつ下のピッピ』は人気が高い。いやいや『名探偵カッレ君』でしょ、という人もいるだろうが、脚本家の三谷幸喜さんが小学生の息子さんとともにはまったのが、やかまし村に住む六人の子どもたちを描いたこの作品。
 三谷さんは自身のエッセイの中で、この作品にはまった理由として「彼らの暮らしが、あまりに楽しそうだから」と書いている。
 また「自分の少年時代をぴったりと重ねることが出来た」という。
 もちろん、ここには塾もテレビゲームもスマホも出てこない。
 それでも、やかまし村の子どもたちは毎日楽しそうなのだ。
 現在の子どもたちは、あるいは大人もそうだが、その楽しみを忘れてしまっているかもしれない。

 物語の主人公は七歳のリーサ。彼女には九つのラッセと八つのボッセという二人の兄がいる。
 リーサの家の隣には八つのオッレという男の子(オッレの飼っている犬スヴィップを手にいれたエピソードはこの物語の中でも秀逸)と、反対側の隣の家には九つのブリッタとリーサと同い年のアンナという女の子二人が住んでいる。
 男の子三人、女の子三人とうまい案配になっていて、仲がいい時もあるし、ケンカしている時もある。
 おそらく彼らの暮らしには何もないから、楽しみは自分たちで見つけるしかない。でも、それで見つかるのだから、この世界はきっと楽しみに満ちているのだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

自分もこんなところで過ごしてみたい

2015/08/13 16:24

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぺろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

男の子3人女の子3人のお話で自分も子供時代にこんな遊びがしたかったとか子供部屋にも憧れました。ちょっと笑えるところもあって楽しい内容です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/10/15 12:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/15 17:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/03 18:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/26 01:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/26 00:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/01 21:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/03 18:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/15 16:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/05 11:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/15 22:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/04 17:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/25 08:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/19 16:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。