サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

犬はどこだ(ミステリ・フロンティア)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 101件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 国内送料無料

紙の本

犬はどこだ (ミステリ・フロンティア The case‐book of“Koya search & rescue”)

著者 米澤 穂信 (著)

犬捜し専門の仕事を始めたはずなのに、依頼は失踪人捜しと古文書の解読。しかも調査の過程で、ふたつはなぜか微妙にクロスして−。いったいこの事件の全体像は? 犬捜し専門(希望)...

もっと見る

犬はどこだ (ミステリ・フロンティア The case‐book of“Koya search & rescue”)

1,728(税込)

ポイント :16pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

犬捜し専門の仕事を始めたはずなのに、依頼は失踪人捜しと古文書の解読。しかも調査の過程で、ふたつはなぜか微妙にクロスして−。いったいこの事件の全体像は? 犬捜し専門(希望)、25歳の私立探偵・紺屋、最初の事件。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

米澤 穂信

略歴
〈米澤穂信〉1978年岐阜県生まれ。01年「氷菓」で角川学園小説大賞奨励賞を受賞しデビュー。著書に「さよなら妖精」「春期限定いちごタルト事件」「クドリャフカの順番」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー101件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

銀行を辞める前の主人公はともかく、現在の主人公のキャラは、古典部シリーズの折木奉太郎が大人になったらこんな感じかな?という親しみを感じてしまいました。

2005/12/17 15:57

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:どーなつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

2006年のこのミスにランクインしましたね。
おめでとうございます★★
初めて米澤穂信さんの作品を読んだのは、角川スニーカー文庫の「氷菓」でした。
確かこれが氏のデビュー作だったと思うのですが、古典部を舞台にした日常のミステリーという感じで、今時古典?って思ったんですが、意外にもおもしろくて新鮮だったので、ハマってしまいました。
そして続編「愚者のエンドロール」「クドリャフカの順番」と読破して、今ではお気に入りの作家さんの1人です。
この古典部シリーズは、コメディといかないまでも、重くなくてわりと軽くテンポよく進んでいくので、ノリ的には結構好きだったのですが、昨年くらいに発売された「さよなら妖精」。これは古典部のイメージと少しかけ離れた、考えさせられる小説でした。
確か、このミスの20位までに入っていたように記憶してます。でも本格ミステリーではなくて、どちらかというと地図を開いて宝捜しをしているような感じでした。雨の日に出会った一人の少女を巡って、記憶を辿っていく。そして掴んだ結末。全体的に軽く流し読める雰囲気じゃなくて、切ない系。
「さよなら妖精」を読んでから、米澤さんはこういう感じの作品も書くんだな、と新たな発見をした気分。だけど私は古典部シリーズをこよなく愛するので、系統としては日常ミステリーのような軽いものが好きなんですよね。
この「犬はどこだ」は「さよなら妖精」と同じレーベルから出てるので、少し心配してましたが、読んだ感想としては古典部シリーズに近いかな、と。
犬探しを主軸にした探偵事務所を開いた筈が、舞い込んだ依頼は人探しと古文書の解読。
何故か引き受けることになってしまう。おまけに昔の後輩が尋ねてきて、「探偵に憧れている」と豪語され、なんやかんやで金もないのにやとうハメになってしまう。
今作の主人公のキャラが、省エネをモットーとする古典部シリーズの折木と似ている部分があって、そんなに真剣に探偵に打ち込むつもりはないんですね。体を壊して会社をやめ、無職もなんなので少しの間何かをしようということで思いついた探偵業。
だから昔バイトしたことのある犬探しというところで落ち着いたはずなのに、何故か人探し。
しかも調べていくうちになんだか雲行きが怪しくなってくる。
主人公は行方不明になった女性探し、後輩は熱意を持って古文書の解読、とそれぞれ別の以来をこなしているのですが、実はこの2つ、微妙なとこで繋がってたりするんです。
読んでるこっちはすぐにそれに気付くのですが、本人達は全然それに気付かない。
それがもどかしくもあり、面白みでもあるんですが。
話は最初の方はわりとテンポよく、軽い感じなのですが、意外や意外、詰めの段階に入って来ると段々と重くなってきます。(古典部シリーズと比べたら重いということです)
ミステリー要素も今までの作品からすると、わりと高めなのではないでしょうか。
事務所を開いたくせに、やる気のない主人公と、ハードボイルドな探偵に憧れる後輩。(←この後輩は捜査のたびに、現実とドラマは違うんだなと落胆する場面が多々あるのですが、外見からは想像がつかないほど頼りがいがあったりします)。
物語はこの両者の対照的なキャラで上手く均衡を保っているのかも。
女ッ気が全然ないのですが(主人公の妹と、行方不明の女性は登場しますが)、男臭いという感じはしなかったです。
銀行を辞める前の主人公はともかく、現在の主人公のキャラは、古典部シリーズの折木奉太郎が大人になったらこんな感じかな? という親しみを感じてしまいました。
まぁ、彼の場合、折木みたく省エネを前面に掲げ安楽イス探偵を気取ってはいませんけれど^^
わりとキャラに親近感を覚えたので、ぜひシリーズ化を希望します★

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/02/19 17:21

投稿元:ブクログ

ハードボイルドのパロディのようなおかしみがある。最後に構図が180度変わる転換も鮮やか。キャラがいい。

2008/01/29 02:25

投稿元:ブクログ

▼同じネット系ネタなら、『密室殺人ゲーム大手飛車取り』だの『iKill』だのの方を押してしまうかなあ……。そっちのが問題としては過激だし、ネット怖いなっていう後味がある。▼とは言え、二つの妙な事件が繋がっていく過程は舌を巻いた。もちろん、シナリオの流れ的にそういう感じかなあ〜、というのは、何となく序盤からわかるんだけど、まさかこうなると思わなんだ。▼ラストがリアルだなあ……んー、米澤先生の、「現実はこう、苦いし割り切れんのですよ!」という叫び声が聞こえてきた気がした。流石、小市民の味方!(08/1/27読了)

2013/12/01 18:53

投稿元:ブクログ

序盤から単調で結構だれたけど、後半部分の手に汗握る展開と、真相部分の巻き返しのカタルシスがすごかった。
気持ちのいい後味悪さがちょっと癖になりそう。

2013/03/09 17:39

投稿元:ブクログ

犬探しを生業としようと事務所を開いた紺屋とその部下半田の探偵話かと思いきや、別々の依頼(しかもイヌ探しとは全く関係ない)が絡み合った先に行き着いた結末が良い意味で裏切られた 。

失踪者との共通項が紺屋を復帰させて行く過程、失踪の本当の理由が分かった時に感じたぞわりとした感覚、そして地方都市特有の息苦しさ…など共感したり頷いたりすることが多かった。

紺屋と半田との掛け合いをもっと聞きたいと思うが、それはもしかすると叶わないのだろうか。

2009/08/30 23:00

投稿元:ブクログ

失踪事件と、古文書解読を任される犬捜し専門(希望)の探偵(+所員)の話。
どこかゆるい、ユーモアが感じられる物語の流れ、でもこの作者らしく底にはどこか暗い雰囲気が感じられる。
失踪事件は、どうも自分の意思で行動している印象が最初からあるし、古文書の解読が挟まれる意味も良く分からない(とはいえ、関係者の名前が出てくるので気にはなる)。
それがどう絡んでいくのだろうかと思っていたけど、まさか古文書の解読がここまで失踪事件の関係者の心理や動機につながってくるとは。
そしてあのラスト。
タイトルにつながる最後の一行が見事であり、そして読後の余韻は薄ら寒い。
このラストを感じるためだけでも読む価値があるのではないかと。

2006/10/09 13:26

投稿元:ブクログ

二つの話がリンクしそうでなかなかリンクしない。主人公二人が最後にはきっとお互いの情報を持ち寄り合って真相にたどり着くんだろうと、二人の情報が繋がる瞬間を期待させておいて、繋がらない。そして結局最後に事件の真相にたどり着いたのは……で、しかもその結末は……と、全体的にやるせない。相変わらずの、ちくちくさすような痛みとやるせなさに満ち満ちている。

2006/05/12 01:26

投稿元:ブクログ

2006年度「このミステリーがすごい!」の第8位。ハードボイルドならぬソフトボイルドでありながらビターな感じの読後感は非常に良いですね。

2006/01/31 11:43

投稿元:ブクログ

探偵ものは日本ではリアリティがないとか、色々言われるようだが、この物語は舞台を地方都市にしたこと、主人公の紺屋が本当は探偵になろうとしたのではなく、ペット探し屋だったのに…という状況など、最初の設定が非常に巧みで、すんなりと物語に入っていくことができる。紺屋は、子供のように単純に探偵にあこがれ、雇ってくれという後輩のハンペーの熱意にとまどうばかりで、実際に最後まで探偵という意識は無い。そこがまたこの物語に新鮮な感覚を与えている。

この物語の結末をどうとらえるか、賛否両論ありそうだが、著者が角川学園小説大賞ヤングミステリー&ホラー部門奨励賞を受賞していると知れば、うなずける。ホラーとは言わないが、違った意味で恐いかも…。

今後、紺屋を主人公にしたシリーズを読みたいので、期待を込めて星3つ!

2005/07/29 00:13

投稿元:ブクログ

作者は氷菓と同一。内容は従来から考えると異種。
この人にしては珍しい職業探偵もの。でも地味。
完全に大人向けですので、私より5年くらい長く生きている方以上あたりがベストヒットでしょうか。範囲広すぎるのでベストも何もないですが。

2007/01/23 13:15

投稿元:ブクログ

再読。やっぱいいなー。

・犬探し専門の探偵を始めた主人公が出会う失踪事件。後半からのスピード感、更に含みのあるラストに舌を巻きました。ラストは正直予想外。面白かった!
・キャラがとても魅力的でした。妹とかマスターとか押し掛け助手?とか。「ああっ無体な」には爆笑しました。
・表紙に「1」とあるので、続刊を期待します。

2010/04/04 19:09

投稿元:ブクログ

斎藤広達さん@ベストセラーBOOK TVおすすめ本ということで借りてみました(図書館には文庫版はありませんでした)。私立探偵・紺屋、最初の事件ということでしたが、続編は出ていないようです。残念。図書館予約数は0(2010/04/04現在)です。

2007/01/24 23:35

投稿元:ブクログ

07/01/12読了★都会生活から逃げ帰ってきた故郷で始めた犬探し専門の探偵事務所。初仕事は犬ではなく人間の失踪人探しと古文書の解読だった。調査を進めていくと関係なかった二つのことが微妙に関連し合ってきて。
病み上がりで虚弱体質の私立探偵の紺屋と、大型バイクを乗り回しハードボイルド探偵が憧れだという押しかけ部下のハンペーこと半田のコンビの掛け合いも面白い。紺屋の妹・梓もいい味出しています。最後はちゃんとミステリーらしいさも残しつつ、楽しく読めました。

2006/09/22 14:49

投稿元:ブクログ

二十五歳の私立探偵って何だか妙に新鮮に感じました。紺屋(こうや)さんのテンションの低さが良いですね〜。

物語は主人公・紺屋さんと無理矢理雇ってもらった所員・ハンペー、それぞれの視点から交互に描かれています。で、紺屋さん担当の依頼とハンペー担当の依頼がクロスしてるのに、本人たちが全く気付いていないところは、かなりヤキモキしました(笑)紺屋さん自身が「報告・連絡・相談とそれらの確認は基礎の基礎だ。」って言っているのに…依頼人とは出来ていても、ハンペーとは全然出来ていないじゃないか!紺屋さん!と、一人で突っ込んでみたりしましたが、物語の流れはスムーズで読みやすかったです。

ラストはちょっと後味が悪かったんですけど是非、シリーズ化して欲しいです!

2006/05/24 22:58

投稿元:ブクログ

 犬捜し専門(希望)の私立探偵紺野が最初に依頼されたのは失踪人捜しと古文書の解読だった。古文書の解読により失踪人佐久良桐子の行動の理由がわかってきます。探偵に憧れがあったハンペーとやる気のない紺野との探偵に対する温度差が面白いです。最後は意外な終わり方でよかったです。