サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

ブックオフ宅本便ページ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

お鳥見女房(新潮文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 21件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2005/07/28
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/356p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-119423-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

お鳥見女房 (新潮文庫 お鳥見女房)

著者 諸田 玲子 (著)

お鳥見女房 (新潮文庫 お鳥見女房)

637(税込)

お鳥見女房

659 (税込)

お鳥見女房

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

千客万来 9-62
石榴の絵馬 63-101
恋猫奔る 103-144

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー21件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (8件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2012/05/30 04:42

投稿元:ブクログ

知人に勧められて読んだ本。買って大正解だった。

ミステリーとまではいかないが、それなりに謎や事件があったりもするし、登場人物が命の危険にさらされることもあるが、基本的には人情話の部分が大きいかもしれない。

全体を通して流れている大きなあらすじがあるのだが、それに加えて各章では小さなストーリーが始まって完結する。

主人公は珠世という女性で、お鳥見役をつとめる御家人の家に生まれ、婿をとって四人の子どもに恵まれた。お役目を引退した父、実直な夫、見習いとして出仕を始めた長男、格上の旗本の家に嫁した長女、剣術にたけた次男、まだ幼さが残る10代の次女。現在は長女を除く家族と六人家族で暮らしている。そこへ、ひょんなことから浪人の源太夫とその五人の子どもたち、そして剣術にたけて、源太夫を仇と狙う娘、多津が同時にこの家に厄介になることになった。

まず珠世というヒロインがとても魅力的である。おしつけがましくなく、彼女の思いやりは彼女のまわりにいるすべての人をあたたかく包む。将軍家の鷹狩りの下準備をするというお鳥見という役目もこれまた今まで知らなかったがなかなか面白い。宮仕えの悲しさもこの小説の中には盛り込まれているし、上記のように命がかかる事件も起こったりするのだが、この小説の魅力はやはり日々のあたたかな流れだろう。

今回はこれと続編になる「蛍の行方」の二冊を購入したのだが、どちらもとても良く、話の流れもいいので、残りの三冊(既刊)近いうちに入手して読みたいものだ。また好きなシリーズが出来て嬉しい限りである。

2013/09/04 08:20

投稿元:ブクログ

内容(「BOOK」データベースより)
将軍の鷹狩りの下準備をするお鳥見役には、幕府の密偵という裏の役割があった。江戸郊外、雑司ケ谷の組屋敷に暮らす矢島家は、当主が任務のため旅立ち、留守宅を女房・珠世が切り盛りしている。そんな屋敷に、ある日、子だくさんの浪人者が押しかけて来て…さまざまな難題を持ち前の明るさと機転で解決していく珠世。その笑顔と大家族の情愛に心安らぐ、人気シリーズ第一作。

2012/05/14 17:40

投稿元:ブクログ

諸田さんの「恋かたみ」が面白かったので、ほかの作品も読んでみたいと思っていたところ、「面白いほどよくわかる 時代小説 名作100」にこの作品が載っていたので読んでみました。

この本は、電車の移動が長い日に読み始めたのですが、電車の中でも夢中になって読んでしまい、周りが気にならないくらいどっぷり世界にハマってました。
結局、移動中だけでは読めなかったんですが、家に帰ってからも気になってしまい、最後まで一気に読んでしまいました。
大事件があるというわけではないし、一章ごとに話の区切りがあるので、分けて読んでも問題ないんですが、あまりに面白くて一気読みしてしまいました^^;


主人公の珠世さんがとにかくステキ!
珠世さんが笑顔になると思わず私も笑顔になってしまうようなフシギな魅力があります。

明るくて、人としての強さと優しさを持っていて、大変なこともあるんだけど、前向きに解決していこうとしていくのがいい!
読んでて清々しい気持ちになりました。

他の登場人物もキャラが強いんだけど、憎めないというか人情味あふれた人ばかりで、「みんなが笑顔で過ごせるようになるといいなぁ。」と思いながら読んでました。


シリーズもので、まだ続くような終わり方だったので、次も読もうと思います。

2005/12/14 23:03

投稿元:ブクログ

「日本のお母さん」とでも呼びたいくらいに主人公の珠世が温かく、人との繋がりを大切にする生き方がとても魅力的でした。「蛍の行方」「鷹姫さま」とシリーズになっているそうなので、続きも読んでみたいと思ってます。

2007/11/08 17:47

投稿元:ブクログ

四十代孫あり女房が主人公の時代物ってのがまず珍しい。お鳥見役の矢島家の女房・珠世の人柄にほのぼのとさせられる。米や味噌がつきようが、家屋が雨漏りしようが、ありがたい事だと笑顔で受け入れ前へ進む心意気や良し。

とめどない優しさとしなやかな強さをもった母親像にちょっと郷愁を感じたり。シリーズものだから続編も読んでみようかな。

2010/11/22 18:18

投稿元:ブクログ

御鳥見役とは、将軍の鷹狩りの下準備をするお役目。
じつは、幕府の密偵のような仕事も担っていた。
江戸郊外に暮らす矢島家。
お鳥見の妻・珠世は、23をかしらに4人の子持ち。旗本に嫁いだ長女・幸江には5歳の孫までいる。
小柄で丸みのある外見、いかにも優しそうでいて、しっかり者とは、理想の女性?
広くはない家に、居候が転がり込んでくる。
父と一度会っただけの浪人・源太夫が仇に追われ、小さい子供らと共に。子供の人数にさすがの珠世もびっくりだが、飢えた子供を放っては置けない。
窮状を見かねて食べ物を届けてくれる親戚もいるありがたさ。
珠世の次男の久之助は、道場で若い娘・多津に試合を挑まれる。
行く先がないと聞いて家に連れてくるが、何とこれが源太夫を仇と狙っていたのだった。
すぐに果たし合いになりそうな所を珠世が身を挺して留める。案じつつも、そのうちに多津の心が変わるようになろうかと思う。
無邪気に懐く子供らと遊ぶうちに1年もたち、多津の心も揺れ動くのだが。
隠居している父・久右衛門が以前に危険な仕事に関わったことも知っている珠世。
実直な婿の夫・伴之助はそういう仕事はしていなそうだったが、ある日ついに任じられる日が来る。
そして、消息を絶ってしまうのだ。
嫡男の久太郎も見習い役として出仕しているが…
源太夫には士官の話が持ち込まれるが?
平成13年の作品。シリーズ1作目。
作者は1954年静岡生まれ。上智大卒、外資系会社勤務ののち、96年デビュー。著書多数。

2012/10/15 22:10

投稿元:ブクログ

諸田さんが描く人情ものは、ほっこりと優しい気持ちになれるから大好き。登場人物がみな、魅力的であたたかい。

2007/09/26 01:20

投稿元:ブクログ

諸田作品にしては、珍しくホームドラマみたいな内容で、コレは続編が出るなあ。と確信した1冊。鷹のエサが雀だと知ったのもこの中で。しかも雀は米を食べる。農民が年貢に押しつぶされてるこの時代に・・・。

2007/10/13 22:56

投稿元:ブクログ

半分まで読んだ感想は、イマイチわくわく感もなく
淡々と矢島家の出来事を綴っている印象だった。
読み終わって見ると、ゆったりとした時代劇でもみているような。

ほんわかじんわり。
そんな印象である。

ちょっと違うかもしれないけど
『蝉しぐれ』とかに近いかもしれない。

親子、夫婦、家族などの情愛、
人との出会い そして別れ。
秋に読むと余計じーんとくる そんな作品。

2012/02/14 00:34

投稿元:ブクログ

宮部みゆきさんの時代小説はだいたい読んだので、違う人の作品に手を出して見ました。

前から気になっていた作家さん。

ほのぼのとさらっと読めます。
続編があるみたいなので早速Amazonで注文してみました。

慌ただしい毎日だけど、お風呂での読書は続けたいなぁ

Feb, 2012

2012/06/30 00:09

投稿元:ブクログ

江戸時代が身近に感じられる話。
諸田さんの頭の中には江戸の地図が叩き込まれているのだろうなあとうらやましくなる。

2010/09/07 17:51

投稿元:ブクログ

主人公の「珠世」さんがよく描けていますね。

この文庫本の表紙の顔に、えくぼがあるともっといい。

こうした時代劇物を読むと、いつも思います。
漢字の読みや意味をわかっていないなぁ、と。

辞書を引いて、一応正確な読みと意味を調べています。

たとえば、「深更」はなんと読むか?

「しんこう」と読むんですね。意味は、「夜更け」(よふけ)。

ただ、小説に「深更」と書かれているときに、「しんこう」と読むのは風情がないような気がしますね。これは「よふけ」と読み進めていいでしょう。

2015/11/05 22:48

投稿元:ブクログ

えー、ここで終わり!?
絶対に次も読まなきゃ!と思わせる作品。

最初はどの登場人物もアクがなくてキャラが掴めず、次はないな…と思っていたのだけれど、だんだん贔屓のキャラができてきて、はまってしまいました。
よくもまあそんなに居候を抱え込んで…と思う節もあるけれど、そこは時代小説なので気にしないようにしないとね。
サクサク読めて楽しかった。
短編が積み重なっての長編というスタイル。

2009/10/26 17:37

投稿元:ブクログ

昨年 乱読した作家の一人,諸田玲子の作品です。



時代小説にしてはめずらしいく女性が主人公の物語。シリーズで4冊ほどあります。

「お鳥見役女房」「蛍の行方 お鳥見役女房」「鷹姫さま お鳥見役女房」「狐狸の恋 お鳥見役女房」



四十代で子供が4人おり,孫もある女房が主人公です。お鳥見役の矢島家の女房珠世。

とめどなく優しく,そしてしなやかな強さをもった母親。読んでみてほのぼのとしたものを感じました。



※お鳥見役は将軍家の鷹狩りを司り、裏で諸藩の不穏な動きを探る役目。

※5冊目が2008.11に出たそうですが,まだ読んでません。『巣立ち お鳥見役女房』

2011/11/13 00:24

投稿元:ブクログ

諸田玲子さんてあんまりしっくりこない作家さんだったけど、これは面白く読めた。
短編の連作というスタイルがよいのかな。

新潮文庫 ランキング

新潮文庫のランキングをご紹介します一覧を見る