サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 鉄道と乗り物の読書生活 ~8/26

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫の通販
  4. 一般の通販
  5. PHP研究所の通販
  6. PHP文庫の通販
  7. 戦争で読む「ローマ帝国史」 建国から滅亡に至る63の戦いの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.7
  • 出版社: PHP研究所
  • レーベル: PHP文庫
  • サイズ:15cm/298,11p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-569-66417-2
文庫

紙の本

戦争で読む「ローマ帝国史」 建国から滅亡に至る63の戦い (PHP文庫)

著者 柘植 久慶 (著)

戦争で読む「ローマ帝国史」 建国から滅亡に至る63の戦い (PHP文庫)

税込 607 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

古代ローマが経験した戦争を、ピックアップ形式で詳細に解説

2008/02/12 05:17

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:いえぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

古代ローマは、無数の戦争によって空前の世界帝国を作り上げ、また、「蛮族」たちと闘うことによって領土を保ってきました。あの大変な年月を誇るローマの繁栄は、常に戦争と隣り合わせだったと言ってもいいかも知れません。現代でも語り草になっている大将軍ハンニバルとの死闘や、剣闘士スパルタクスの反乱などは、その中でも代表的な事例と言えます。

本書は、古代ローマ史の「戦争」に焦点を当て、各事例を年代順に、ピックアップ形式でまとめ上げたものです。必然的に、文化や外交などの記述は少なく、故に、「戦争の根本」にあるものがやや分かり辛いという弱点はあるものの、その分、戦争そのものの推移については極めて詳細で、極めて緻密な構成になっています。傭兵経験があり、作家、戦史研究家として活躍している柘植氏の手腕がいかんなく発揮された一冊と言えるかも知れません。

「ローマは最強であったが不敗ではなく、苦闘も珍しくなかった」という事実が、本書から見えてきます。侵略される側から見れば圧倒的に映るローマ軍も、政治的・経済的側面において、弱点を抱えていることも少なくなく、前線に指揮官が立つという当時の戦争のスタイルでは、いくら必死に努力し、総司令官の座を射止めたとしても、たった一つの敗戦で、名誉はおろか命までも失う結果になりかねなかったのです。小説ではなくノンフィクションであるため、演出的な描写はありませんが、淡々とした記述から、「世界帝国ローマ」を維持することの苦しさが伝わってきます。

平易な文章で綴られてはいますが、戦争をピックアップするというスタイルのため、間に挟まれる歴史についての描写が少ないため、通史的な本を読み説いておくか、傍らに置いておくなどの配慮がないと、全体像を掴むのが、多少難しいかも知れません。ただ、知識と同時にローマがいかに戦ってきたか、そして、それがいかに辛く苦しい道のりだったかを、知ることができる好著なのは確かだと思います。「強く巨大なローマ」を多角的に見る助けになる好著だと言えるでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

PHP文庫 ランキング

PHP文庫のランキングをご紹介しますPHP文庫 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。