サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 新しい物性物理 物質の起源からナノ・極限物性まで

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

新しい物性物理 物質の起源からナノ・極限物性まで(ブルー・バックス)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.6
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: ブルー・バックス
  • サイズ:18cm/302p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-257483-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

新しい物性物理 物質の起源からナノ・極限物性まで (ブルーバックス)

著者 伊達 宗行 (著)

身の回りにある数百万種の物質を統一的に理解することから、21世紀の科学技術の行方が見えてくる。半導体、液晶、超伝導からナノテクノロジーまで、極限の世界を切り開く物性物理最...

もっと見る

新しい物性物理 物質の起源からナノ・極限物性まで (ブルーバックス)

1,123(税込)

新しい物性物理 物質の起源からナノ・極限物性まで

1,123 (税込)

新しい物性物理 物質の起源からナノ・極限物性まで

ポイント :10pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

身の回りにある数百万種の物質を統一的に理解することから、21世紀の科学技術の行方が見えてくる。半導体、液晶、超伝導からナノテクノロジーまで、極限の世界を切り開く物性物理最前線に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

伊達 宗行

略歴
〈伊達宗行〉1929年仙台市生まれ。東北大学理学部物理学科卒業。現在、(財)新世代研究所理事長。専門は物性物理学、磁性研究。松永賞、紫綬褒章など受賞多数。著書に「物性物理学の世界」等。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2009/10/12 15:31

投稿元:ブクログ

様々な分野にわたった物性物理を紹介している。
102頁の"共鳴"の概念を、車のタイヤと道の凹凸との関係から説明している所が面白かった。

2010/05/23 22:06

投稿元:ブクログ

[ 内容 ]
量子論、相対論の融合から始まった物性物理学によって、身の回りに存在するあらゆる物質の本質が明らかにされてきた。
半導体、液晶、超伝導などの新物質を創り出し、ナノテクノロジー、極限の世界を切り開く物性物理学の最前線に迫る。

[ 目次 ]
第1章 物性物理学の誕生
第2章 物質の起源
第3章 物性の出発点
第4章 物質の構造
第5章 電気伝導の世界
第6章 磁気の世界
第7章 物性の新局面
第8章 極限科学

[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

2012/01/27 23:20

投稿元:ブクログ

正直に言って、決してわかりやすくない。
が、非常に多岐にわたる物性物理の内容それぞれについて、原理原則に終始せず、それがどのように実用に生かされているかが述べられており、その結果非常に広範囲にわたってさまざまな話題が扱われている。
これを読めば物性物理がわかるという本ではないが、いろいろなことに興味をもつきっかけを与えてくれるつくりになっている。

2011/07/22 22:30

投稿元:ブクログ

図書館で借りて、amazonで中古購入(ついさっき)。

名著。随所で好奇心がやばい。分からないなりにわかりやすい笑
やっぱいいな物理化学。
これ一冊では理解できないので、ここから好奇心もって他の本を読めればいいと思う。

2011/09/26 11:37

投稿元:ブクログ

この本を読み終わって、ひとくくりに「物性」と呼ばれているが
実は様々な分野に分かれているんだなと改めて感じさせられた。


また、宇宙物理、生物物理、素粒子物理など
物理という学問はつながっているんだなとも思った。

どの分野も漏れなく勉強しようと思った。

2013/05/10 22:52

投稿元:ブクログ

他の方のレビューとはだいぶ違う感想を持った。この本は特に網羅的でもなければ厳密でもない。例えば本書で1章が充てられている超伝導と並ぶ,物性物理学上の潮流である電子構造の大域的な性質に基づく物性(量子ホール効果等)について書かれていないし,モット絶縁体についても然りである。要するにこれは,筆者の興味の赴くままに書いたという事だろう。
ついでにケチをつけるならば,物理学上の非常に基礎的な概念の解説が始めに書かれているものの,後半部に行くにしたがって高度な応用について述べられており,残念ながらそうした知識はあまり役に立たない。
しかしまあ,多少物理学を知っているならば,間違いなく読んでいて非常に楽しい本である。

2013/04/28 22:30

投稿元:ブクログ

講談社ブルーバックスの1冊。
但し、狭いテーマを取り上げて解説したものではありませんし、けっして軽い読み物ではありません。

 総302頁に書かれている内容は簡潔にして高度で充分に網羅的です。
基礎的な内容、物性物理の成果、研究の最前線のテーマいづれも盛り込まれてます。

これは入門する人用の書。
これ読んで簡単に薀蓄が語れるといった類の本ではないです。ザ・「最初の1冊目(総論)」。

「物性物理学」「固体物理学」「材料学」「固体化学」...など、この世界に興味を持った、或いはこの世界(学部?製造業界?)に
足を突っ込む覚悟の決まった若者(+もちろん年配も!)が最初に自分でお金を出して購入することをお勧めする素晴らしい入門書です。

これから自分の前に広がってくる世界を見渡せる最初の高台。

これでお値段1040円(税別)!

コストパフォーマンスも最高です。ブルーバックス侮りがたし!

選択されている各章のテーマ(下記目次参照)はオーソドックスな固体物理学入門と同様の構成になっている。

目次
第1章 物性物理学の誕生
第2章 物質の起源
第3章 物性の出発点
    3-1 電子の素顔
    3-2 原子の構造
第4章 物質の構造
    4-1 原子の結合
    4-2 構造を決める
第5章 電気伝導の世界
    5-1 半導体
    5-2 超伝導
第6章 磁気の世界
    6-1 磁気学序説
    6-2 磁性体
    6-3 磁気の応用
第7章 物性の新局面
    7-1 ナノ科学の世界
    7-2 カーボン科学の台頭
    7-3 物質からみた生物
第8章 極限科学
    序説 自然科学の定石
    8-1 温度の世界
    8-2 圧力の世界
    8-3 磁場の世界 

 第1章にて物性物理の歴史と本分野における我が国の強さの文化的必然性に軽く触れた後、
第2章で本書の最初の特徴である、電子からではなく、物質の起源としての素粒子(クォークとレプトン、ゲージ粒子)
に関する記述から始まる。研究の最前線の紹介も盛り込む本書の意図を反映している。

 第3章にて量子論(3-1 電子、3-2 水素原子→軌道→原子の構造→元素)、
第4章にてイオン結合、共有結合、金属結合等と結晶構造の記述、続いて、構造決定(観測)手法の紹介と
標準的なテーマの進み方をする。手堅く本格的である。

 第5章、第6章でそれぞれ物性物理学が20-21世紀に多大な成功を収めた「半導体物理」と「磁性体物理」の成果
を章の前半に記述し、後半において、現代の課題である超伝導(5章)、磁気の応用、スピントロ二クスへの展望(6章)を描く。

 基礎(1-3章)、現在までの成果(5-6章)を入門書の体裁の中で記述して、第7章 物性の新局面と題して、最新のテーマとして、ナノ科学、カーボン科学、生化学ならぬ生物理のトピックスを取り上げている。

 最期の第8章は、極低温(ヘリウム3、希釈冷凍、断熱消磁など)、超高圧、強磁場(パルス、超伝導磁石、磁場濃縮法)
と3つの基本的な物理変数である温度、圧力、磁場の制御範囲の拡大と極限物性を描き、
同著者の手になるブルーバックス「極限の科学」へも繋がる。

~前著「物性物理学の世界」と私の思い出~
 私(管理人)は、1980年代に大学(工学部)に入学しました。
 既に材料物性工学科へ進むことが決まっておりましたが、
「はて?物性って何だろう??電子工学科や建築学科、化学科ならなんとかイメージが湧くが...。」というお粗末なものでした。
そこで出会ったのが、同著者の手になるブルーバックス「改訂新版 物性物理学の世界」でした。
 
「新しい物性物理」はこの旧著の単なる改訂版では無く、ほぼ新構成の本でありますが、入門書(もしくはプレ入門書)としての影響力を今でも持っているかと思う。
どちらかというと旧著の方がブルーパックスっぽい感じ。新著の方がより本格的(やや硬めになった)かな。

2012/10/02 17:17

投稿元:ブクログ

コメント:この一冊に物性物理の主要トピックが網羅されている。物性物理の本はどれも煩雑な計算がつきものであるが、この本は数式を一切用いずに物理現象を直感的に説明している。物性物理を学んだことのない人もこの一冊を読めば物性物理全体を見渡すことができ、一通り学び終えた人も知識が整理され、物理現象に対する直感的な見方を得ることができると思う。(電気電子工学科)

配架場所:工2号館図書室
請求記号:428:D44

◆東京大学附属図書館の所蔵情報はこちら
https://opac.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/opac/opac_details/?reqCode=fromlist&lang=0&amode=11&bibid=2001961343&opkey=B148064392702829&start=1&totalnum=1&listnum=0&place=&list_disp=20&list_sort=6&cmode=0&chk_st=0&check=0

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む