サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. ドイツイエロー、もしくはある広場の記憶

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ドイツイエロー、もしくはある広場の記憶
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 30件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.6
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/189p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-459402-4
  • 国内送料無料

紙の本

ドイツイエロー、もしくはある広場の記憶

著者 大崎 善生 (著)

あの頃、私達はなにを怖れていたのだろう。彼のぬくもり、耳に残る言葉。それはいまも私を支え、不安にする…。揺れる想いと過去、喪失と再生。木もれ陽のように温かく、胸だけは切な...

もっと見る

ドイツイエロー、もしくはある広場の記憶

1,404(税込)

ポイント :13pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

あの頃、私達はなにを怖れていたのだろう。彼のぬくもり、耳に残る言葉。それはいまも私を支え、不安にする…。揺れる想いと過去、喪失と再生。木もれ陽のように温かく、胸だけは切なく苦しい恋愛小説4篇を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

キャトルセプタンブル 5-55
容認できない海に、やがて君は沈む 57-103
ドイツイエロー 105-143

著者紹介

大崎 善生

略歴
〈大崎善生〉1957年札幌市生まれ。「聖の青春」で新潮学芸賞、「将棋の子」で講談社ノンフィクション賞、「パイロットフィッシュ」で吉川英治文学新人賞を受賞。他の著書に「アジアンタムブルー」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー30件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

やっぱり50間近っていうのが見えちゃうかなあ、海外の扱いかたがイマイチ、だし、心が動かないもの

2005/10/07 19:14

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ええ、カバーの写真はとっても上品で、造本ともども好きなんですが、書いてある注を写そうと思ったら、全部英文で、おまけにやたら“ ”で括ってある文が長くて、おまけに新潮社が気取って自分までも英語で、Design by Sihinchosha Book Design Division なんて表記するものだから、思わずこっちもペンギンみたいに憂鬱になっちゃって・・・
とまあ、中途半端な引用をさせてもらえば For the photograph ’Ambrussum France、1999’on the cover ということらしいです。で、ここまで英語づいちゃうっていうのがお話の内容に関連していて、それでいてカバータイトルの作品は、実際には本に収められていません。収められているのは「ドイツイエロー」という題の話を含む四つの物語。
フランス人の父親と日本人の母親の間に生まれた私、離婚した両親と離れ祖母と日本で暮らす私の恋の喪失と不安「キャトルセプタンブル」、私と母を捨ててアメリカに行ってしまった父、19歳になったかれんの恋とも不倫ともつかない関係は「容認できない海に、やがて君は沈む」、東京の大学で出会った理佐子と洋一、彼が育てるグッピーの色は「ドイツイエロー」、28歳の私が思い出すのは高校時代の別れと20歳のときの出会い「いつか、マヨール広場で」。
さて、大崎ですが全く知らない作家です。で、小説を読んだ第一印象なんですが、若い女性を扱ったわりに若さを感じないなあ、というのが大きいです。しかも、離婚した親ばっかり出てきて、何だろうなあって。文章だって、手堅いけれど、躍動感とか軽妙さとか、いわゆる若いセンスを感じることはないわけです。
あれ、なんだろう、各話のタイトルは、それこそSFかなんぞの小編みたいなのに、と思って著者略歴を見て納得。1957年生まれですから、もうじき50歳になろう、っていう年齢です。ああ、このひと若い女性が好きで、主人公にしちゃったんだろうな、なんて一人納得したりして。おまけに、いつも復縁を迫るのが女性の側って発想が陳腐っていうか。
どの作品も発表誌は小説新潮です。新潮じゃあないわけで、それは今まで書いてきた印象と関連するのかななんて思います。ここらについては、先日、村松友視『幸田文のマッチ箱』を読んでいて、その中で村松が盛んに文芸と純文学みたいなことを書いている、それを読むたびに、こいつ何か思い上がってんじゃないの、しょせん文学者なんて河原乞食と同じジャン、と反発を感じた、それを思い出します。
小説は、それ自体としては以上でも以下でもなくて、それを何ものかにするのは、斎藤美奈子いうところの誤読をした読者の力なのです。で、この大崎の話に関して言えば、少なくともここに収められた作品は、どれも人を動かすことはないだろうなあ、でもそれは文芸だ純文学だ以前の問題ではないのか、海外生活や帰国子女を出せばそれで何とかなる時代は終ってるよな、そう思うわけです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/10/21 20:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/06 10:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/22 13:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/03 03:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/15 00:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/11 16:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/07 02:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/18 00:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/01 23:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/13 16:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/06 14:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/01 20:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/01 23:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/13 23:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る