サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

ブックオフ宅本便ページ

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 男性向けコミック
  4. 長い道 (Action comics)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

長い道 (Action comics)(アクションコミックス)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 60件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.8
  • 出版社: 双葉社
  • レーベル: アクションコミックス
  • サイズ:21cm/213p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-575-93962-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
コミック

紙の本

長い道 (Action comics)

著者 こうの 史代 (著)

長い道 (Action comics)

926(税込)

長い道

540 (税込)

長い道

ポイント :5pt / 紙の本より386おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー60件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

偽物のおかしな恋の間にある心情を、

2006/02/27 00:24

9人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:拾得 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「夕凪の街 桜の国」で、一躍注目を浴びた筆者の新刊である。「夕凪の街」は、「感動モノ」として読まれたようだけれど、私の場合、そのやわらかな描線に大いに惹かれた。彼女の作品の中には、感情を直接に表現することばはあまり出てはこない。けれども、そのふうわりとした線が、さまざまな感情を伝えてくれるのである。
 さて本作は夫婦ものなので、「ほのぼの夫婦愛を売られても・・・」と、二の足を踏んでいた。しかし、そうした予期に大いに反して、楽しめる1冊だった。
 なりゆき(?)で夫婦になることになった壮介と道。定職もなく、金と女性関係にいいかげんそうな夫。そして、そんな夫を責めるわけでもなく淡々と働き日常を送る妻。と書くと「耐え忍ぶ物語」になりそうだ。しかし、そんな夫も時として予想以上のやさしさを見せることもあれば、妻の方はニコニコしながら、予測もつかない行動をとる。かといって、それは昨今はやりの「天然系」や「不思議ちゃん」などとは違う。わかりやすくいえば「何を考えているかわからない」だけなのだが、「何かを考えていそう」でもある。
 3〜4ページ単位の連作の中で、読者の期待を心地よく裏切るさまざまな小さな物語が展開される。「次はいったい何が出てくるか?」を楽しみにしながらページを繰る。もちろんやわらかな描線も健在だ。
 帯では、あとがきの「貴方の心の、現実の華やかな思い出の谷間に、偽物のおかしな恋が小さく居座りますように」とあるけれど、おかしな物語の間にも、何かが心のひだにそっと入ってくる。そしてまた、「この感情は何だろう」と思いながらページを繰り続けるのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

健気な物語ではなく、実は生きることをあきらめた女の物語として読んだ,

2009/01/01 10:23

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yukkiebeer - この投稿者のレビュー一覧を見る

 荘介は職についても長続きしないダメ男。それでいて女にはもてるので、次から次へと女性をとっかえひっかえしながら、その日を暮らしている。そんな彼のもとへ道という女性がいきなり転がり込んでくる。両方の親がさして深くも考えずに取り決めた縁談だという。荘介は健気ではあるが地味な道がうっとうしく感じられ、夫婦の関係にはなろうとしない…。

 失業中の夫との生活は経済的には極貧状態。その夫には常に女の影がちらつく。
 それでも道は、アルバイトをしながら夫を懸命に支えて、笑顔を絶やさない。
 なんとも出来た嫁です。その健気さにまず胸を打たれます。
 
 しかし、やがて分かってくるのは、彼女が健気でも前向きでも、人生を手放しで肯定的に生きているわけでもないことです。
 道がこんなダメ男のもとへやってきたのは、荘介が暮らす街に来たいと思うある理由があったから。
 好きでもなければ会ったことすらない荘介と暮らし始めたのも、人生を悲観的に見つめる出来事が道のこれまでにあったから。
 道は、肉体的には呼吸をしていても、彼女の心はどこかで硬く死んでしまっていたのかもしれません。
 前に進むことをあきらめて、自分のシアワセを考えることすらやめてしまった彼女は、自分のそばにいるのはせいぜい荘介のような体たらくの男くらいだと諦観を抱いているようです。

 ですから私にはこれは名もなき夫婦の心あたたまる物語ではなく、生きる希望をどこかで捨ててしまった女の痛ましい物語のような気がしてなりません。
 そのことに気づかぬまま荘介が、わずかに道に心を寄せ始めたかにみえるエンディングには、小さな希望を見出さずにはいられません。しかし、果たして道は生きることに再び力を込めることがあるのか。
 それはわかりませんが、少なくとも信じてみたいと私は思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/06/10 22:26

投稿元:ブクログ

こうのさんの世界観が好きなので、
以前読んだものに比べたら、それでも☆☆☆☆

なんだろう。なんとなくもの哀しくも、
それでもほんわか心が温かくなるこの感じ。
こんな漫画を描ける方って貴重な気がします。
それは画のタッチにも反映されてるような気がする。

2006/11/28 21:08

投稿元:ブクログ

能天気な道は意外と奥深いし、甲斐性なしの荘介は意外と優しかったりして。道の言葉に温かさも切なさもこめられているよ。しんみりした雰囲気を打破するオチも好き。また数年後に読んだら別のところがツボにはまるんだろうな、と思う

2005/10/15 21:37

投稿元:ブクログ

たまげた。一見ほのぼの夫婦マンガにも見えるが、一方で道の「恨みの世界」を端々に垣間見せて、それを日常的なしあわせのなかに昇華させてる点が絶妙だと思う。「夕凪の街・桜の国」でもこの人の「昇華」は、考えてみると現状肯定にも見えるんだが、ちゃんとした内省に裏打ちされているぶん力強い。自分の思い通りにならないこともあるけど、それでも人生を肯定しますよというほうが、ちんけな奇跡を起こすよりよっぽど嬉しい気がする。

2005/11/14 00:43

投稿元:ブクログ

展開や構成が面白くてどんどん読めてしまう。で、じわっと心に染みる。スローライフってこういう事を言うのだなぁ。

2007/05/17 23:24

投稿元:ブクログ

以前「こっこさん」で少しこの作者の魅力を知り、
とっても柔らかい雰囲気の作品なので
てっきりこれも癒し系だと思って読み始めたら
初めの4ページでそんな思い込みは脆くも崩れ去りました。

これはダメ男を奨励するダメ男好きのためのマンガです。

あまりにも不毛な恋をどうどうと描いていて
読んでていったい何がどう不毛なのかわからなくなってきて、
「人には人それぞれの人生があって、それはそれでいいじゃない」
って諭されてる気がしてすごく大人な関係なのか?って悩んみそうに。

不毛で不自然で不幸なはずなのに、
なぜか最後には「それはそれでいいんだろうな〜」
って二人の関係に妙な納得してしまい、
ダメな人間だろうと愛しいのだっていう心境を
ゆっくりとゆっくりと行間で伝えてくれる力がある漫画でした。

「こっこさん」にも登場している顔見知りキャラも
出てくるのも先に「こっこさん」を読むとより面白いですよ。

2006/06/06 15:14

投稿元:ブクログ

こんなカップルいそうでいないし、恋愛のようで恋愛でないようで、じゃあ何だと言われると、…夫婦の話…?(笑)人と人の間の隙間ってこれぐらいがちょうどいいのでは、と私などは思ってしまう。熱すぎたり冷たすぎたりせずに。

2007/07/15 19:44

投稿元:ブクログ

親が勝手に決めてきた結婚で、夫は甲斐性なしで、貧乏で。けっしてシアワセとは言えないのに、どうしてかうらやましく思える瞬間がある。何度も読み返せる。よくできてるマンガです。

2006/08/03 09:35

投稿元:ブクログ

カイショなしの夫とのんびりマイペースな奥さんのなんでもない日常話。
読み終わったあとにじんわりしみてくるようなあったかい本です。

2006/08/11 00:39

投稿元:ブクログ

夫 カイショなし。
妻 ノー天気。
そんな二人のあったかくておかしてく切なくて心にしみる54のプチ物語。......とあります。荘介は本当にろくでなしで女たらしだけど憎めないのは妙に清潔で繊細だからなのか。道はぼんやりしてるようで奥がしれない。でもだんだんふたりの間に流れているものが優しくなってくるのがいい。夕暮れの雰囲気がする漫画です。大好き。

2007/05/14 00:08

投稿元:ブクログ

最初はほのぼのとした漫画だとおもったのだけど、話が進む中で見えてくる隠れた生々しさや
セリフの繋がり方の巧みさや、穏和なポーカーフェイスの妻の道がたまに見せる強い表情にハッとさせられます。
形だけから始まった結婚生活からこそ、クライマックスにはとてもグッと来た。

2006/10/31 07:07

投稿元:ブクログ

しっとり、ほんわか、それでいてギャグマンガ。現代を舞台にしているのに現実感が乏しい、御伽噺みたい。こういう雰囲気のマンガがあるんだと、はじめて知った。

2008/02/01 17:11

投稿元:ブクログ

夕凪の……以来読んできた彼女のものに外れはなかったけれど、これはこれは。ううううと思い浮かべるだけで、今この瞬間も切なくなってしまう大傑作だった。読み始めに男のキャラクターに驚き、こうの史代というひとを見誤っていたことを恥じましたよ。夕凪の街だってなんだって、人々に向ける視線の確かさは、しっかり感じていたはずなのに、基本いい人が出てくる漫画って脳みそにインプットされていた模様。このステロタイプ脳めっ。それぞれ欠けているものを抱えた2人の奇妙に豊かな愛の物語。と言っていいのかしら。

2006/11/10 17:28

投稿元:ブクログ

甲斐性無しの夫とのほほんとした妻の日常のお話。
所々に『ぴっぴら帳』『こっこさん』の登場人物が出てきます。

青年コミック ランキング

青年コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む