サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

文庫・ライトノベル全品2倍(~7/31)

修正:レビューキャンペーン(0701-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学の通販
  4. 欧米の小説・文学の通販
  5. 白水社の通販
  6. グールド魚類画帖 十二の魚をめぐる小説の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

グールド魚類画帖 十二の魚をめぐる小説
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 18件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.7
  • 出版社: 白水社
  • サイズ:20cm/414p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-560-02723-4
  • 国内送料無料

紙の本

グールド魚類画帖 十二の魚をめぐる小説

著者 リチャード・フラナガン (著),渡辺 佐智江 (訳)

【英連邦作家賞(2002年度)】タスマニアの孤島に流刑された画家グールド。残虐な獄につながれ、魚の絵を描き、処刑の日を待つが…。タスマニア出身の気鋭作家による、奇怪な夢想...

もっと見る

グールド魚類画帖 十二の魚をめぐる小説

税込 4,320 40pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【英連邦作家賞(2002年度)】タスマニアの孤島に流刑された画家グールド。残虐な獄につながれ、魚の絵を描き、処刑の日を待つが…。タスマニア出身の気鋭作家による、奇怪な夢想と、驚きに満ちた世界。魚のカラー画収録。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

ポットベリード・シーホース 7-46
ケルピー 47-102
ポーキュパイン・フィッシュ 103-146

著者紹介

リチャード・フラナガン

略歴
〈リチャード・フラナガン〉1961年タスマニア生まれ。オックスフォードの修士課程に学ぶ。建設現場の作業員等を経て、歴史関係の著作を発表したのち小説家に転向。タスマニア大学より名誉博士号を授与。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー18件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (10件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

世界はクソである

2005/08/05 10:21

9人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こうめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「すごい!」の一言に尽きる。悪夢のような、ときにふわふわととりとめなく流れ、ねじれる言葉で、流刑植民地タスマニアの成り立ちを語る。語り手は絵のうまい囚人グールド。彼の描く魚の絵が章立てになっていて、彼はその魚に身近な人間を忍ばせている(挿絵の魚の顔は確かにひどく人間的だ、いやそれは人間の傲慢かも。人間がそもそも魚的なのか)。
病んだ白人支配層に想像を絶した虐待を受ける囚人たち、現地人たち。物語はその底辺から世界を見る。切断される首、手足。滴る血。傷に蠢くウジ。腐肉。クソ。読んでいくうちにふと思う。そう、これはタスマニアだけを語っているのではない。この現世自体がクソなのだ。そして、物語を綴る囚人グールドは、クソみたいな世界を書くために実際にクソを使っているのである(ちゃんと、その部分は文字が茶色になっている!白水社さん、センスいい!)。
炸裂するイメージがとにかく素晴らしい。悪夢のラビリンスである。物語を綴るうちにグールドは、綴っている自分とその中で綴られている自分の区別も曖昧になり、現実がイメージに浸食される。読み終わっても、物語を読んだのか夢(絢爛たる汚辱にまみれたとびっきりの悪夢!)を見たのかよくわからないような、そんな本だ。
抑圧される側から見た物語ではあるが、支配者×被支配者のステレオタイプとは無縁。そんな単純な物語ではない。グールドは言う。これをおれたちにしたのはイギリス人じゃなくおれたち自身だ、囚人が囚人をむち打って黒人たちに小便をかけ互いを偵察し、黒人男が犬を手に入れるために黒人女を売り飛ばし脱走する囚人を槍で突き、白人のアザラシ漁師が黒人女を殺したり強姦したりして、黒人女ができた子供を殺した、これが事実だ、と。そして彼は「世界はとてつもなくおぞましい」という認識と「生きることは実にすばらしい」という感覚の折り合いをつけられなくて悩む。そう、この物語がかくもおぞましい出来事の羅列なのにも関わらず、陰惨な読後感ではなく、海のような広がりと明るさを持っているのは、この生きる力への肯定があるからかもしれない。
しかし、こんな悪夢のような文章をちゃんと日本語にしてくれた訳者はすごい!渡辺佐智江さんの訳されたものはいつもハズレがないが、この本はまさに渡辺さんの訳ならでは、です。ちなみにもうひとつ感心したのが、原書のペーパーバック(買ったはいいけど読みかねているうちに、白水社から渡辺さんの訳で出るという情報を得て、邦訳を待っていたのです)とページ数がなんと2ページしか違っていないということ。訳に無駄がないのだろうと思います。本当にすごい!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

流刑地での驚きの物語

2006/01/21 19:26

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読み人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書は説明するのが、ちょっと難しいのですが、ファン・ディーモンズ・ランドと呼ばれる島(現在のタスマニア)に流刑になった、グールドが、描いた魚類画帖(本書に従って、古い漢字使用)が、あるそうです。
 その絵から、自由に発想を得たリチャード・フラナガンが、その、グールドの一代記にあたるような、この流刑地での物語をつむぎだしました。

 十二枚の絵が、あるのですが、(オリジナルは何枚か知りませんが)
それが、各一章になっていて、話しが展開します。
なかには、強引にその魚と話を結び付けたなぁと、いうのも、ありますが、
中々よく出来ています。
 因みに、少し、話は、変わりますが、
U2というバンドの、「ラトル・アンド・ハム」というアルバムには、
”ヴァン・デイモンズ・ランド”と、いう歌が、あり、
本書と同じく、(読み方、若干違うだけ)流刑になる男の運命を
唄っています。
 閑話休題。
 本書を書くにあてった、フラナガンは、取り分け、リサーチはしなかった
と、語っています。
 国家による、犯罪にも近い、強引な流刑と殖民の上になりたつ、
タスマニアという地に住むことから、本書を描いたと、言っているだけあり、
 強烈なまでの、暴力と大げさにまで、誇張された、登場人物の異常性、
笑うには、度が過ぎていて、笑えない、シニカルさに全編包まれた、
大変変わった小説です。
 中盤までは、どんな風に本書を楽しめば、よいのか、判らなかったので結構
苦労しましたが、後半からは、二転三転の大展開になっていきます。
 正に冒険小説も顔負けの展開でした。
一風変わった、世界文学を読みたい方には、オススメの一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/08/25 15:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/06 21:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/21 18:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/16 22:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/25 10:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/24 22:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/06 08:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/05 21:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/05 17:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/02 01:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/01 09:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/03 00:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/04/14 07:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

英米 ランキング

英米のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。