サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~11/30

※0時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(1129-30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 自然科学・環境の通販
  4. 生命科学・生物学の通販
  5. 日経BP社の通販
  6. 時空を旅する遺伝子 最新分子生物学の不思議ワールドの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.7
  • 出版社: 日経BP社
  • サイズ:20cm/276p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8222-8236-8

紙の本

時空を旅する遺伝子 最新分子生物学の不思議ワールド

著者 西田 徹 (著),植田 和光 (監修),木岡 紀幸 (監修)

DNAは40億年の旅人。果てしない時の流れのなかで、生命が身につけた「英知」とは? 最新の分子生物学が解明した生命現象の数々を紹介し、そこから見えてくる、人間社会の現象を...

もっと見る

時空を旅する遺伝子 最新分子生物学の不思議ワールド

税込 1,760 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

DNAは40億年の旅人。果てしない時の流れのなかで、生命が身につけた「英知」とは? 最新の分子生物学が解明した生命現象の数々を紹介し、そこから見えてくる、人間社会の現象を捉えていく。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

西田 徹

略歴
〈西田徹〉京都大学大学院修了。株式会社リクルートを経て、ニューヨーク大学経営学修士(MBA)取得。現在、株式会社エデュケーション代表取締役。著書に「説得できる企画・提案200の鉄則」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

生命の本質から生き方・ビジネスのあり方を問う人生・経営書

2005/07/15 17:16

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Masa@宇都出 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ますます加速度がついているカネ・モノ中心の資本主義社会。その一方で環境問題に対する関心も高まり、「生命」「いのち」の尊さ、大切さを見直す動きも盛んです。しかし、われわれはどこまで「生命」や「いのち」というものをわかっているのでしょう?
本書は、もともとは遺伝子の研究者でありながら、そこからビジネスの世界に入っていった著者が、最新の分子生物学の知見を紹介しながら、「生命」と「企業」の原理について迫っていきます。
分子生物学から見た「生命」の世界は、牧歌的なイメージとは全く無縁の世界です。例えば、人間とは「過去に2種類の全く異なる生物が合体した結果」であるという事実。まるでホラー映画のように、われわれ人間も「合体生物」なのです。著者はここから、企業の世界で進行する企業買収・合併に対して考えていきます。
そのほか、われわれ人間の進化への道のりは、「住む環境を追われ、それしか選択肢がなかった」プロセスであり、ご先祖様は生存競争の敗者であったこと。また、生命の基本情報を伝える遺伝子は、「天然」のイメージとはほど遠いCDやDVDのようにデジタル情報で記録されていることなど、「進化」や「生命」の本質があぶりだされてきます。「秩序」と「混沌」。「不変」と「変革」といった一見相反するものが、実は表裏の関係にあることを、単なる抽象論ではなく、生命のあり方から納得できるカタチで解説しています。
そして最終章では「生命の目的は何か?」という究極の問いに、著者は次のように答えています。
「生命が今生きている、あるいは未来に向けて進化するのは、何か目的があるようにも見えます。でもそんなものは存在しない。「自分自身の安定性」「自己複製能力」「複製エラー」の3つの性質をたまたま身に付けた存在が、極めて刹那的に、その性質をせっせと実行しているだけの存在。それが生命なのです」。
このあきらめともいえる境地から、著者は残った希望を発見します。
希望についての掘り下げに不満は残りますが、最新の分子生物学をとてもわかりやすく、本質を描き出しているのは見事です。 さらなる続編を期待します。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/07/29 02:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。