サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍!! (~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクション
  4. 人生の旋律 死の直前、老賢人は何を教えたのか?

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

人生の旋律 死の直前、老賢人は何を教えたのか?
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 21件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.7
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:19cm/298p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-212495-5
  • 国内送料無料

紙の本

人生の旋律 死の直前、老賢人は何を教えたのか?

著者 神田 昌典 (著)

価値観が根底から覆されるこれから10年を、ボクらはどう生きればいいのだろう? 戦争を生き抜き、富と名声をほしいままにした伝説の実業家、近藤藤太。彼が教えてくれた、世代を超...

もっと見る

人生の旋律 死の直前、老賢人は何を教えたのか?

1,728(税込)

ポイント :16pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

価値観が根底から覆されるこれから10年を、ボクらはどう生きればいいのだろう? 戦争を生き抜き、富と名声をほしいままにした伝説の実業家、近藤藤太。彼が教えてくれた、世代を超えた知恵と勇気!【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

神田 昌典

略歴
〈神田昌典〉ニューヨーク大学経済学修士、ペンシルバニア大学ウォートンスクール経営学修士(MBA)。外務省経済局、米国家電メーカー日本代表を経て、経営コンサルタントになる。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー21件

みんなの評価3.9

評価内訳

2005/12/16 22:45

投稿元:ブクログ

戦時中の偉人、トウタの人生を綴ったエピソード。
神田昌典がドラマティックに書き綴る。
一人の人間が、戦中の厳しい時代に生きて行く様を綴ったこの本、
勇気と感動を得られます。
おすすめの一冊。

2005/09/06 10:23

投稿元:ブクログ

お祖父ちゃん、お祖母ちゃんが身近にいれば、ぜひ話を聞いて頂きたい。興味を持って尋ねてみれば、彼らは喜んで、トウタと同じように美しい奇跡の物語を語ってくれることだろう。私は、それが世代間の異なるエネルギーを統合し新しい価値観をつくる原動力になると信じている。

2005/08/09 04:02

投稿元:ブクログ

現在Amazonに注文中です。ランクとレビューはもう少しお待ちください。「非常識のカリスマ」神田昌典さん一年ぶりの新刊は、昨年亡くなられた「近藤藤太」氏の伝記本のようです。書店でチラッとチェックした限りでは、なかなか期待できそうです。著書「成功者の告白」を実在の人物の人生に重ねあわせた感じの本だという気がします。

2012/04/13 21:10

投稿元:ブクログ

経営者は、ビジネスの導入期ー事業がそろそろ軌道に乗り始め、爆発的に成長し始める直前ーに恋愛対象の女性が現れることが多い。経営者が結婚している場合、この時期に奥さんとの関係がギクシャクし、不倫しやすくなる。
 事業を離陸させるには大変なエネルギーが要る。導入期の初期、つまり創業したてのころは、経営者のエネルギーはすべてビジネスに注ぎ込まれる。結婚している場合、この時期は妻も夫の仕事を手伝うことが多いので、生活は楽でないものの、夫婦仲は安泰だといっていいだろう
 しかし、事業が軌道にのってくると、お金が回るようになり、エネルギーも余ってくる。経営者は外でどんどん脚光を浴びるようになる。逆に妻は自分だけが置いて行かれるような気持ちになる。そして、夫の成功に対して無意識に反発、もしくは嫉妬を感じてしまう。理性的には夫と一緒に喜びたいのだが、感情的には受け入れられないのだ。
 夫は、妻が不機嫌な理由がわからない。本来ならば、この段階できちんと夫婦間でコミュニケーションを持てば問題は解消するのだが、おたがい相手を気遣っているので、怒りを心の内に抑えこむ
 すると内在させている怒りに呼応するように、経営者の前に、突然女性が現れるのである。怒りは性的衝動をたかめるので、その女性と恋に落ちてしまう

人間は考え方で人生が定まる your way of thinking makes what you are

2006/06/03 02:30

投稿元:ブクログ

■マーケッター神田昌典氏の最新刊
本書は小説形式になっており、
実業家、近藤藤太氏の物語。世界大戦からの激動の時代を生き抜いた藤太氏の生涯について書かれています。

■ここがポイント
多くの人がチャンスが来ても、目の前にあるチャンスに気づかない。又、今の自分にできるだろうか、と不安に思うこともある。 しかし、今の自分ではなく、未来の自分であったら、できることのはず。だから、未来の自分を信頼して、飛び込んでみる。まずは未来から逆算して出来ることを想像し実行すること。藤太氏の人生から数多くのヒントが学べることと思います。

又、戦時中の動向や日本が侵略し、犯した罪について教科書では教えられていない生きたエピソードが描かれています。中国や韓国、北朝鮮等、戦後60年たった今でも戦争の遺恨は消えないままですが、事実を知ると、うなづける部分もたくさんあります。私、個人的にはこの部分の内容のほうが新鮮でしたし、歴史も知ることの重要性も再認識いたしました。


■ オススメ度 ■
  ★★★★☆

■  実践度  ■
  ★★☆☆☆



2010/01/28 17:18

投稿元:ブクログ

トウタの生き方が間違っている、合っているという話ではない。
世の中ホントに流れがあるとしたらこの10年をどう生き抜くか
ここから学ぶべきである。世の流れが感じられる1冊。

2007/05/19 01:21

投稿元:ブクログ

こんなお話が実際のできごとだったとは・・・、半世紀前の日本の姿が鮮明に書かれていて、戦争のエピソードは、とても胸に突き刺さり、戦争はもう二度と繰り返したくないという強い気持ちを改めて思いました。

2012/08/04 23:42

投稿元:ブクログ

「死の直前、老賢人は何を教えたのか?」というサブタイトルと、著者 神田昌典の不一致感があった。~ビジネスハウツー?、理念的な精神論??・・・いずれにしても、興味がわくタイトルに、手に取ってみる。

新たなミカタを伝えるものではない。
が、”歴史”物語という遠い偉人のことではなく、
自分の人生に重ねることができるリアリティーがある。

そして、ビジネスというミカタでとらえても、生きたかというミカタでとらえてもよく、周りの流れの中で普遍的な真実を、生々しいノンフィクションの物語の中で感じた言葉で伝えてくれる。~「成功する経営とは、●●であるべきである」というすっとは受け取りがたい箇条書きではなく、物語の中で、自分から選び取りたい「こうありたい在り方」を持てる一冊。


●新しい価値観とは、どんな社会を子供たちに引き継いでいきたいのかという問いに対する答え
●暴に報いるに徳を以てす
●実は事業が軌道に乗り始めた時が、一番怖い・・・・・
●こうした恋愛を乗り越えると、軌を一にするかのようにビジネスは導入期から成長期に入り、急速に伸びることが多い。・・・・・
●いったい、どうやってこんな大物と付き合うようになったのか?そのカギを一言でいえば、「ビジョンを持った大胆な行動」ということである
●はんばがーを売るのにいちばんいい方法は、腹が減っている人の群れを探すことだ。
●真実の成功とは、富で決まるのでも、名声で決まるのでもない。
●不幸をきちんと生きなければ、幸福をきちんと生きることができない。

2011/05/04 11:24

投稿元:ブクログ

・幸せとは、いかに生き、いかに死ぬか、という死生観があって初めて得られる。
 死をリアルに感じることが出来なければ、生もまたリアルに感じることが出来ない。
 不幸をきちんと生きなければ、幸福をきちんと生きることは出来ない。
 幸せとは、そうした人生のパラドックスの中から、
 あなた自身が、自分の物語を引き出すことに他ならないのである。

・流れに乗ってきたなと思ったら、それをつかむ。それが幸運を逃さない秘訣だ。

・パターンを知ることではじめて、パターンを超えることができる。

・人生の成功の秘訣は、やるべきことを、やるべきタイミングで、きちんとやることである

・交渉が優位に運ぶかどうかは、相手をどれだけよく知っているかによって決まる

・井深大がソニーの前身である東京通信研究所を立ち上げたのは敗戦わずか数ヶ月後。
 最初に手がけたのがラジオの修理。

・世界のソニーが自社開発した第一号商品はなんと電気炊飯器。

・誰の目の前にも、チャンスは平等にあるのに、手を挙げるものが少ない。
 だから、手を挙げたものだけにチャンスは舞い込む。

・急速に世の中の流れが変わるときには、線路の切替ポイントにいるようなもんだ。
 ポイントでは意思を持って、どちらかの方向に行くのか決めるんだ。
 一番悪いのは流されることだな。
 意思を持って決定すれば、どっちに転んでも後悔しないが、
 流されれば恨み続けることになるからな。

・僕個人にとって見れば、新しい価値観とは、
 どんな社会を子供たちに引き継いでいきたいかという問いに対する答えに他ならない。
 さらに問いを深めれば、「かつては、物と金を持つことが幸せだと考えられていた」と、
 過去形で振返る2015年の人々は、どんな夢を見ているのだろうか、ということだ。

・人間か考え方で、人生が定まる(Your way of thinking makes what you are.)

・とてつもないチャンスがノックしてきたとき、
 自分には絶対できない、自分には無理と思えることがあるでしょう?
 確かに、それは今のあなたがやるには難しいことかもしれない。
 でもね、未来のあなたには、何てこともないことになるのよ。
 だからね、未来のあなたを信頼するの。
 未来のあなたに、どうやって自分はそれができるようになったか、聞いてみるのよ。

・人間は肉体的若さではなく、精神的若さが大事である

・人の一生を走馬灯のように見た時に、本当に大事なものは限られている。
 しかし、人は本当に大事なものから、最も目を背けてしまう。
 日常の喧騒の中で忘れ去られたように見えるのだが、心の深い底では、
 大事なものはゆったり流れ続け、そして長い時間をかけて、
 僕らを、あるべき方向には運んでいこうとする。

2010/04/20 15:21

投稿元:ブクログ

この本の主人公になっている方は、すごい経験をした人だと思います。
やはり戦争を経験した人のお話は、為になります!!!
自分の悩んでいる事が馬鹿らしくなったくらいです。
常に前を向き頑張って行きます。
神田さん貴重なお話ありがとう御座いました。

2012/04/19 07:03

投稿元:ブクログ

チェック項目15箇所。テクニックではなく生き様を見せる。戦争を知ることはこれから10年を生きる上でとても大事。価値観が変容した時代は苦しい時代ではあるがもっともエネルギーに溢れ、チャンスに満ちた時代。1915年、明治維新から50年で日本は欧米と肩を並べるほどになり、驚異的な成長と賞賛されていた。強い軍隊組織には上下関係を軸とする規律が絶対。一度暴力がスタートすると組織では習慣になってしまう。規律を浸透させる目的と腹いせが混同してしまう。戦時中の日本はお国のために死ぬを美化する。挑戦では儒教を重んじており、家を大切にする。名前を変えさせられたことは何百年続いた自分の家系、祖先を否定されること、屈辱的なこと。日本は敗戦した・・・解放感はあっても悲愴感はない。日本に帰るためには・・・妙齢の女子は坊主頭で墨を顔に塗る、乳飲み子は泣いて敵にバレないように母親が自らの手で殺してしまうこともあり。自分の子供や妻を売り渡す人もいた。人間の尊厳は土壇場になれば吹き飛ぶもの。混乱の中では人間はケダモノに成り下がる。元々人間には悪が棲みついている。日本人の几帳面さ
・・・・社長の命令、上司の命令には絶対、日本人にはこの修正があったから占領しやすい。大変革の時代には時代の流れに乗ったごく一部のものだけが裕福な暮らしを送ることができる。人間はひとつではなく多数の人格でできている・・・優しい世話役、闘争好きな戦士、理性的な賢者、自由奔放の愚者、基本的な核になる人格をアーキータイプ(元型)と呼ぶ(ユング)。それぞれを使い分けることが大切。成功し始めると人は変わる・・・・本人は気付かない。成功者と犯罪者は紙一重。事業が軌道に乗ったときは女性問題が出てくる。事業を成長させるには恋愛、家庭、親子関係に立ち入る必要がある。ビジネスの導入期に恋愛対象の女性が現れるときが多い。事業が軌道に乗ると経営者が脚光を浴びる一方で妻は置いてきぼり感がでる。営業の基本はそれが欲しい群れを探すこと・・・味や接客は2の次。人生にとって本当に大切なのは、目に見えないものであること。成功者の告白は起業家にとって本当の幸せは何かをテーマにした物語。人間にとっての本当の幸せをテーマにしようとしたができなかった。幸せとは死生観があってはじめて得られる。

2013/01/17 03:59

投稿元:ブクログ

近藤藤太という、戦中戦後を自らの力で駆け抜けて行った一人の男の物語である。今から70年前、ちょうど現在のような時代の転換期に、どのように生きて行けばよいか、人生で本当に大切なものは何かを、知恵として教えてくれる。
トウタは何度も死にかけ、ピンチに遭遇するが、いつも必死に自分の頭で考え、いつも必死で手を伸ばしてチャンスをつかんできた。何もかも失っても、築き上げてきた知恵と人脈、そしてやる気で乗り切ってきた。価値観が180度変わる中で、変わらないもの、変えないものが生きる力になることを教えてくれた。
これからの時代を生き抜くヒント満載の本書だが、著者が意図したとおり、物語としてもエンターテイメント性が高く面白いものであり、じっくり読んでしまった。単行本は絶版になってしまったのが残念だが、手に入れて良かった本である。

2011/01/08 06:19

投稿元:ブクログ

歴史に学ぼうというスタイルを神田さんが書いているのが新鮮。ただの伝記じゃなくってそこから現代の我々が学ぶべきことは何かという解説が入っているのが面白いです。
でも昭和戦争世代の方はやはり精神力がちがいますね。自分ふくめ今の若者にこれのかけらでもあったら、たいていのことは乗り越えられるはずーー。

2011/04/15 06:07

投稿元:ブクログ

成功しているときに陥りがちな罠や、どん底のときにいかにポジティブ思考が重要かがわかった。それから人の幸せとは何か、についても「やっぱりそうか」と再確認できた。読み物としても面白いし、ところどころハッとさせられる場面もあった。

2011/09/12 21:40

投稿元:ブクログ

数年ほど前までは神田氏の書かれた本をよく読んでいたと思いますが、最近は彼の著作が少ないせいか私の興味がなくなってきたせいか不明ですが、彼の本には最近はご無沙汰しています。

本棚の整理をしていて収納スペースがなくなってきたので図書館に寄付しようと思うのですが、読んだときにポストイットを貼ったポイントがあるのでそれらを気になったポイントとして記録に残しておこうと思います。

・急速に世の中の流れが変わるときは、線路の切り替えポイントいるようなものだ、ポイントでは意志をもって、どちらの方向に行くのか決めること、一番悪いのは流されること、意志を持って決定すれば、どっちに転んでも後悔しないが、流されれば恨み続けることになる(p123)

・悲劇というのは、強運が舞い込む直前に起こる(p129)

・2005年には、1935年当時と似たエネルギーが宿っていると感じられる、すると今後10年間(2015年まで)は、日本が敗戦に到るまでの10年間と似たような意味をもつ時代になる、つまり、戦後、成長の原動力であった既存の価値観や社会体制が本格的に崩壊していく(p155)

・未来のあなたに、どうやって自分はそれができるようになったか聞いてみる(p215)

・人生が新しいステージに行く時には、いくつかの進級テストがある、それ多くの人障害という、障害は避けようと思えば避けられる、避けてしまった場合はテストはパスしないので、結局同じ段階に留まることになる(p217)

・人生にとって本当に大切なのは、眼に見えるものではなく、眼に見えないもの、手に触れられるものでなく、手に触れられないもの(p274)

・人生は一瞬一瞬の選択でしかないが、ときとして選択する自由がない出来事が訪れることもある(p277)

・死をリアルに感じることができなければ、生もリアルに感じることができない、幸せは、そうした人生のパラドックスの中から、あなた自身が自分の物語を引き出すことに他ならない(p296)

2010/10/31作成

日本 ランキング

日本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む