サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 「平成時代」を読む ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ハードワーク 低賃金で働くということ
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.7
  • 出版社: 東洋経済新報社
  • サイズ:20cm/305p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-492-22264-2

紙の本

ハードワーク 低賃金で働くということ

著者 ポリー・トインビー (著),椋田 直子 (訳)

低賃金労働者は失業状態と低賃金の間を、不安定に往復するだけ。サッチャー改革がもたらした雇用環境の悪化で、苦悩する低賃金労働者たちの悲劇を、英『ガーディアン』紙の記者がつづ...

もっと見る

ハードワーク 低賃金で働くということ

税込 1,944 18pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

低賃金労働者は失業状態と低賃金の間を、不安定に往復するだけ。サッチャー改革がもたらした雇用環境の悪化で、苦悩する低賃金労働者たちの悲劇を、英『ガーディアン』紙の記者がつづったルポルタージュ。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ポリー・トインビー

略歴
〈トインビー〉英『ガーディアン』紙のコラムニスト。かつて英BBC放送で社会問題担当部門の部長を務めた。英国プレス賞、年間優秀コラムニスト賞などを受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

厳しい現実の所在とともに、偏に経済政策には求めらない複雑さを感じずにはいられない

2005/07/16 22:05

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:平野雅史 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 サッチャー政権による経済効率を優先した政策が英国において何をもたらしたのか、ルポライターとしてのフィールドワークの経験を動員し、実際の場面を綴ったもの一冊。理論やマクロでは割り切れない、現実の様が迫ってくる。
 感じるのは、先進国における経済政策がその国に貧富の差を生じたとして、貧富の差の存在そのものを論拠として、政策の是非を論じることは極めて難しいものだということ。
 即ち、フォークランド紛争当時のサッチャー政権は、失業率が10%を超えていた(単純比較では現在のわが国の2倍以上)。政権による公的セクター縮小等もあり、その後失業率は20%台近くまで上昇したが、他方、失業者の増加が新規創業をもたらし、2000年には5%を下回る水準にある。これら新規創業に支えられ、英国の中小企業セクターはひとつの成功モデルとされている。
 また、英国自体の経済力なくして、英国国民への経済福祉も成立しないし、加えて、世界的に見れば先進国であり富める国の一国民であることも疑いようがない。
 このように考えると、確かに貧富は事実としてあるのだが、問題はその問題自体をどのような枠組みのなかで捉えるのかということに修練されるように思えてくる。また、重要なのは、それが結果論としての貧富と捉えるべきか、または、機会平等なき閉塞・ダイナミズムなき経済なのかという視点であろう。古今東西すべての国民が豊かさを感じ得た国は存在せず、故に問題を一意にSpecificにし難い。「最大多数の最大幸福」を旨とする資本・自由主義経済を育んだ英国の事象を通じて、単に経済・社会・政治の範囲に、探索すべき回答の在り処を留めるべきではないものと思われるのだ。
 以前ベストセラーとなった「もしも世界が100人の村だったら」ではないが、比較対象をどの範囲で捉えるかによって問題の本質が変わる事象であると同時に、人間の認知が及ぶ範囲とはやはり近くの他人に留まり易いものだということなのだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/08/25 10:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/10 09:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/05 11:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/27 01:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/18 17:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/20 16:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

経営実務 ランキング

経営実務のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。