サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

※12時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(0423-24)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

紙の本

はじめての落語。 春風亭昇太ひとり会 (ほぼ日CDブックス)

著者 春風亭 昇太 (出演 解説),糸井 重里 (監修)

2004年9月に開催された「第1回ほぼ日寄席 春風亭昇太ひとり会 はじめての落語。」をCDと書籍で再現。また、ほかの高座からも1席を収める。昇太を代表する「人生が二度あれ...

もっと見る

はじめての落語。 春風亭昇太ひとり会 (ほぼ日CDブックス)

税込 2,409 21pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

2004年9月に開催された「第1回ほぼ日寄席 春風亭昇太ひとり会 はじめての落語。」をCDと書籍で再現。また、ほかの高座からも1席を収める。昇太を代表する「人生が二度あれば」「壺算」「愛犬チャッピー」を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

人生が二度あれば 9-31
壺算 35-71
愛犬チャッピー 75-89

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「はじめて」なら「チャッピー」から入るべきだと思う

2006/04/27 12:59

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:松井高志 - この投稿者のレビュー一覧を見る

春風亭昇太師の2004年の口演を糸井重里さんが監修して「ほぼ日CDブックス」。当初は書店売りしていなかったような気がするのだが、よく売れたせいか、今でも書店に出ている。できるだけ高座の昇太さんを噺と同時に「見せよう」と、連続写真でコママンガ風に作ったりしているんだが、これ、手間暇かけてる分、うまく伝わってるのかなぁ。思い切って本文横組みでも面白かったんじゃないか。
 人生が二度あれば
 壺算
 愛犬チャッピー
 の三席。帯には「昇太を代表する三席」とあるが、これには異論のあるファンも大勢いるであろう。とにかく落語ファンというのは、ある人がなにか言えばたちまち異論を言いたがる(いちゃもんをつけたがる、と言い換えてもいい)、ちょっと変わった人たちで、日頃は大人しい市民なのだが、こと落語のことになると目の色が変わる、これも一種の偏愛のなせる業だとしか思えないが、とにかくなんというか、惻隠忠恕に乏しいのである。だからボクシング風にいえば、決して足を止めて打ち合ってはいけない。ヒット・アンド・アウェーに限るのである。
 ともかく、私は「愛犬チャッピー」を生で聴いたことがないから、昇太ファンとしては多分、ダメな客である。この本に収録されている「人生が二度あれば」もたしか二度聴いたが、最初の00年6月13日の池袋芸術劇場小ホールでの口演はよく覚えているが、二回目はどこだったかさっぱり忘れた。
 「壺算」のマクラは、「ストレスの海」もたしかこんな風な始まり方じゃなかったかと思う。私は「権助魚」で、旦那に逃げられた権助が「振り返るとそこには、ただ風が吹いているだけだっただよ」とおかみさんに報告するところが気に入っているので、そっちをより買う。
 「愛犬チャッピー」は、やはりこれを一番先に聴くのが正しいような気がする噺。
 ほら、「縁なき衆生」には全く何言ってるんだかわからない書評でしょ? だから落語ファンってのは度し難いんですよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/05/13 01:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/09/24 09:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/11 03:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/12 22:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/23 03:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/08/22 22:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/12 23:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/03 23:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。