サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「ブックツリーで読む最近の文学賞」ポイント5倍キャンペーン(~3/27)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

空獏
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.8
  • 出版社: 早川書房
  • サイズ:19cm/286p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-15-208666-1

紙の本

空獏 (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

著者 北野 勇作 (著)

空っぽの獏が食べる空爆の夢はあまりにも空漠としているけど、そこに広がる空は泣きたいほどきれいで…。10の掌篇と9つの短篇が織りなす、不条理で優しい戦争。北野版「スローター...

もっと見る

空獏 (ハヤカワSFシリーズJコレクション)

1,620(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

空っぽの獏が食べる空爆の夢はあまりにも空漠としているけど、そこに広がる空は泣きたいほどきれいで…。10の掌篇と9つの短篇が織りなす、不条理で優しい戦争。北野版「スローターハウス5」。書き下ろし。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

世界のはじまりの話 7-14
商店街で待ち伏せ 15-44
大きな船の話 45-48

著者紹介

北野 勇作

略歴
〈北野勇作〉1962年兵庫県生まれ。92年「昔、火星のあった場所」で日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞してデビュー。「かめくん」で第22回日本SF大賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.3

評価内訳

紙の本

このスイカの話は、コワイゾー、ぼうや、夜中にオシッコ行けなくなっちゃうからね、いたずらやめようね、はい

2005/11/05 12:45

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

Cover Direction & Design 岩郷重力+Y.S、Cover Illustration 佐久間真人
掌編と短篇が交互に並ぶ構成で、話はとっても紹介しにくいものなので、カバーの引用でお茶を濁しておいて、私は「もくじ」とひらかなで表記されたものを丹念に書き写しておきます。分りやすく、掌編は「 」、短篇は〈 〉で括っておきます。まず、『空獏』という珍妙なタイトルが生まれた経緯を示すのであろう話が「世界のはじまりの話」。
次が〈商店街で待ち伏せ〉、「大きな船の話」、〈溝の中でリレー〉、「恐い西瓜畑の話」、〈西方浄土〉、「大きなヒトと薄っぺらなヒトの話」、〈お馴染みの天井〉、「砂に埋もれたパズルの話」、〈西瓜割り世界大会スイカップ〉、「穴の中の兵隊たちの話」、〈宇宙の戦士〉、「拾った星の話」、〈月世界公園にて〉、「素適なオマケの話」、〈夢の会社〉、「獏のいる劇場の話」、〈蟻の行進〉、「天井から観ていたヤモリの話」、あとがき、以上です。
カバーの引用ですが
「昔々のこと。世界が古くなったので、えらい人たちは獏を創って、新しい世界を夢見てもらうことにしました。みんなは安心して獏のなかで眠りにつきました。でも、やがて獏は不安に囚われてしまったのです。自分のなかの人たちは実は死んでいるのではないか、と・・・・・・まあ、そんなこんなで私は、戦いつづけているわけだ。商店街で敵を待ち伏せしたり、ヒト型戦闘機械に乗り込んだり、西瓜太郎の指揮で悪の王国に奇襲をかけたり。でも肝心の私とは誰か、まったく思い出せないのだけれどね、あの夕陽のきれいな街の風景以外は 9つの短篇と10の掌編が織りなす、不条理で情けなく、けれどヒトに優しい戦争の話。」
なんだか最後の「ヒトに優しい」は、魅力のない言葉ですが、その前の要約は、上手いですねえ。私もこれ以上は書けません。いや、ここまで読みとることが、恥ずかしいけれど出来ませんでした。無論、なぜ獏が創られたか、は分ります。でも、それ以上になるともう不条理ですね。分らないから楽しくないか、というと北野の場合はそれが当て嵌まりません。だって、文章はとてもわかりやすいんです。
で、今回の話も今までのものと共通する部分はあります。まず、戦闘マシンですね。人が入っちゃうと言うか、同調してるっていうか。だから、っていうか戦争をしているわけです。でも、今回オリジナル、っていうか、これは怖いなっていうのが、西瓜です。けっこう、グロ。でも、全体を通していうと、わかりにくい。それを著者は、あとがきで「またあいかわらずのすっきりしない話」と言っています。
ついでに著者略歴のなかから肯ける部分
「理系的なアイデアを叙情性に満ちた日常描写でつつんだ独特の作風が人気を集めている」
ということなんですが、
で、私が読んだ彼の本は(何だか、三浦しをんの小説のタイトル風ですが)、SF大賞を受賞した『かめくん』を皮切りに『どーなつ』『ザリガニマン』『昔、火星のあった場所』『イカ星人』で、今回をいれて5作。うーむ、まだまだファンへの道は遠いイカ、なんちゃって。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

夢の中で戦われる、ちょっとおとぼけの戦争

2005/12/26 18:31

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読み人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 みんなで、よりよい世界を構築するために、色々やったのですが、面倒だと、いうことで、みんなの共有する夢の中に、構築することになりました。
 しかし、悪夢を食べてくれる、獏が不安がるようになり、
この世界のシステムが、、、
 と、いう世界観で書かれた、連作の短編集です。
この世界観は、兎に角、バーチャルでも、仮想空間でも、夢でも
なんと、呼んでもいいから、なんでもありの小説だけが、持つ空想空間
だと、いうことです。
 で、この世界では、少し、のんびりした戦争をしているのですが、
なんで、戦争をしているのかは、小説中の当事者も含めて、
私の理解力不足の所為か、わかりませんでした。
(獏の不安がどうかかわっているのかも)
 あとがきで、北野氏も書かれているように、
セコイ日常のみみっちさを戦争を通して、書きたかったみたいです。
 連作と書きましたが、短編と更に短い掌編
(そう呼ぶみたい、今回このブログを書いて学習)
が、お互い挟み込むように交互に登場します。
出来の良いのは、圧倒的に、掌編のほう。
”怖い西瓜畑の話”は、本当に怖いですよ、、。
あと、もう一遍あげるなら、”穴のなかの兵隊たちの話”
正に、北野さんが、描きたかった
せこくみみっちく生きる、兵隊たちのお話しです。
 どんどん空想が広がっていって、現実なんてものは、危い
ものですよ、、みたいな浮遊感が、北野さんの作風ですが、
 今回は、最初から、なんでもありの世界観と冒頭に宣言して
書かれているだけに、ちょっとその辺の扱いが難しかった
みたいで、「かめくん」や「どーなつ」にあった、
感覚は、今一感じられませんでした。
 私の変な期待が悪かったのかも、しれませんが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/10/02 15:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/08 19:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/28 21:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/04 21:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/15 09:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/01 22:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/25 15:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/28 11:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/29 16:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

SF ランキング

SFのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。