サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~1/31

丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  よりよい人間関係のために ー学び直しと悩み解決のヒントー ~2/16

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 経済・ビジネスの通販
  4. 産業の通販
  5. 東京大学出版会の通販
  6. メディアリテラシーの道具箱 テレビを見る・つくる・読むの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.7
  • 出版社: 東京大学出版会
  • サイズ:21cm/209p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-13-053014-3

紙の本

メディアリテラシーの道具箱 テレビを見る・つくる・読む

著者 東京大学情報学環メルプロジェクト (編),日本民間放送連盟 (編)

テレビというメディアのしくみを知り、様々な情報を注意深く受けとり、自分たちでも積極的に表現をする素養や能力を身につけるにはどうしたらいいか? 映像メディアについて具体的な...

もっと見る

メディアリテラシーの道具箱 テレビを見る・つくる・読む

税込 2,750 25pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

テレビというメディアのしくみを知り、様々な情報を注意深く受けとり、自分たちでも積極的に表現をする素養や能力を身につけるにはどうしたらいいか? 映像メディアについて具体的な技術や活用するための知恵を解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

少し退屈するかもしれないけど、辛抱して読んでみて下さい

2005/08/10 22:34

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yama-a - この投稿者のレビュー一覧を見る

テレビを作っている人とテレビを見ている人との間には深い溝がある。そして、大雑把に言い切ってしまうと、テレビを作っている人間はぼんやりとその溝の存在に気づいているのだが、テレビを見ているほうの人たちはなかなその溝に気づかないのである。
これは構造上仕方のないことなのではあるが、近年になって漸く作り手の側も「このままではまずい」と思い始めたのである。
この本はそういう思いの延長線上に作られたメディア・リテラシーの教科書である。メディア・リテラシーと言うのは、簡単に言うと、メディアの裏側の事情をある程度理解して正しくメディアを読み取る能力のことである。そして、それを手っ取り早く身に付けるためにはまず自分で番組を作ってみることである。この本はその体験を助ける実践的な構成になっている。
一般の方がお読みになれば、「なるほど、そういう風に作るのか」「そんなことまで考えて作られていたのか」「そういう事情や制約があったのか」と驚きの連続なのかもしれない。私のようにテレビ局に勤めていても、(直接番組を作っている人間ではないので)何箇所か「へえ」と思うところはあった。
ただ、この本の最大の難点はそんなに面白くないということだ。いや、つまらないと言うのではない。こういうことに元から興味のある人にとっては非常に面白い読み物だろう。だが、そういうことに全然興味のない人を無理やり引き込んでしまうようなパワーが全くないということだ。そもそもそんなことを期待するほうが無理だというのもよく解るが、この手の「運動」に求められるのはそういうパワーなのである。
そういうような、表面上、入り口は堅苦しくなくて、大いに楽しみながら読み進んでいるうちにいつの間にかメディア・リテラシーが身についていた、というのが理想的な形なのである。それができていないところに、この本の「教科書」としての限界がある。
教科書に載るとたいていの文章は薬臭くなってしまう。あるいは病院食のような味気ないものになってしまう。ご多分に漏れず、この本もやや味気ないのである。
テレビのリテラシーについて書いているつもりが、いつの間にか教科書のリテラシーになってしまった。
しかし、上述した「表面上、入り口は堅苦しくなくて、大いに楽しみながら見ているうちにいつの間にか知識が身についていた」というのがTVの知的バラエティというジャンルが目指す手法なのだ。
そういう意味でこの本は、TVの手法からは少し遅れているように思われる。
ま、でも、最初はこんなものかもしれない。少し退屈するかもしれないけど、辛抱して読んでみて下さい。良いことが書いてあるのは確かです。
by yama-a 賢い言葉のWeb

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。