サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

文庫 ポイント5倍キャンペーン  ~11/19

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 悩んだら本を開こう ポイント5倍キャンペーン  ~11/25

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.7
  • 出版社: 日本経済新聞社
  • サイズ:20cm/535p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-532-17068-0

紙の本

エキスペリエンツ7 団塊の7人

著者 堺屋 太一 (著)

「団塊の世代」から30年。早期退職を迫られている銀行員に、商店街再生の依頼が舞い込む。それに応え、知恵と経験溢れる7人の団塊たちが立ち上がった! 『日経ビジネス』連載「ジ...

もっと見る

エキスペリエンツ7 団塊の7人

税込 2,090 19pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「団塊の世代」から30年。早期退職を迫られている銀行員に、商店街再生の依頼が舞い込む。それに応え、知恵と経験溢れる7人の団塊たちが立ち上がった! 『日経ビジネス』連載「ジ・エキスペリエンツ」を改題、加筆・修正。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

堺屋 太一

略歴
〈堺屋太一〉1935年大阪府生まれ。東京大学経済学部卒業。経済企画庁長官を務めた。現在、早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授。作家。著書に「団塊の世代」「知価革命」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

梅之園商店街「ハッピー通り」の舞台上で熟達者達(エキスペリエンツ)7人の侍が見せる「団塊の世代」への熱いエール、「中高年よ、大志を抱け!」

2005/07/19 17:39

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:平野雅史 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この小説は、単純に面白く、堺屋太一ファンならずとも多くの方にお薦めしたい。ただそれ以上に、団塊の世代に属するサラリーマンにはネクストステージに向けたエールとなり、また、若い世代の方々にとっては団塊の人々との間に横たわる認識ギャップ、利害対立を埋める橋架け・応援歌になる一冊だと思われ、これらの方々には殊更に薦めたい。
 舞台は東京東部にある梅之園商店街「ハッピー通り」。
 どこにでもある衰退著しい近隣型商店街の再興に向けて、主人公たる(元)大手銀行員坂本龍生と、彼が長年の経験で培った人脈から選りすぐられた団塊の世代の仲間達が繰り広げる地域再生劇。この舞台装置のうえで、仕事に誇りと生き甲斐を賭してきた団塊の世代の熟達者(エキスペリエンツ)達が、「経験知(ディープ・スマート)」と「Know Who」を駆使し、衰退した街に新たな息吹を吹き込んでいく。金融機関や「ハゲタカ」ファンドとの陽動作戦や銀行間買収劇のやり合いなどは、ちょっとした推理小説のような興も味わえる。また、「あちら立てればこちらが立たない」地域社会が持つ生態系、「コンセプトに始まりコンセプトに終わる」商店街再生の王道を露わにしつつ、一方、新・旧金融実務、背後にうごめく欲も実態的であるから、地域再生や金融の疑似体験にもなろう。(私の勤務先が登場するというちょっとしたサプライズのおまけもあった)
 しかしその実、ストーリーの背景には、我が国経済社会が抱えた多くの課題が紡がれている。団塊の世代の退職、地域経済における不良債権問題、「シャブ漬」中小企業政策の後遺症、地域社会とソーシャル・キャピタルの崩壊、スモールビジネスの高齢化と後継者難、社会的起業家や地域貢献型事業(コミュニティ・ビジネス)への期待、REITやCMBSの背後にある地上げ、等だ。堺屋による軽妙なストーリー展開のなかで、我々の国が抱えた・またこれから抱える課題が身に迫ってくる。30年前、「団塊の世代」という言葉を世に生んだ堺屋は、団塊こそがこの課題解決者だとエールを送る。
 因みに、私個人としてお薦めしたい読み方は、本書を携えて近くの商店街に足を運び街の息遣いを感じながら、本書にある「ハッピー通りの地図」のコピーを傍らに、自分なりに考えを巡らせるというもの。本書に描かれたストーリーはフィクションだが蓋然性ある現実でもあると実感できると思うのだ。
 一金融人としての私自身はエキスペリエンツには遠く未達は言え、金融・融資に携わってきた立場上、多くの金融人に是非一読頂きたいと願う。我々が目にしてきた地域や金融の現実と符合する部分が多いからだ。
 融資や不動産のエキスペリエンツであれば、本書に記された情報が上述の「地図」に書き込まれ、これが暗号解読書となり、一方、自らのツマラナイ実務経験の蓄積をアイデアとして体系化するツールとなり、また、自らが身を置いた支店生活や地域社会への想いに至るに違いない。金融人にとっての自己探求の書ともなり得るのだ。
 もとより、本書のメッセージを自己を美化するレプリカントとして位置づけサンチマンタリズムに浸るべきではない。私自身、一金融人として、自転車漕いで集金していた頃や近隣の祭で神輿を担いでいた思い出はあるが、本書に描かれた銀行員達のように我々金融人は「悪役」「侍」そのどちらの立場にも組みし得るはずで、まして、街を守る主人公が善玉で資本主義の表象としてのファンドなどが悪玉とする安直な二元論的判官贔屓は慎むべきだろう。
 だが、本書を通じて、金融の良心・ノブレスオブリージュとは何か、「貸すも親切貸さぬも親切」という金融の格言が意味するものは何だったのか、我々の仕事が何に拠って立ちその自負心が何であったのか、そんなことを自省させる一冊でもあるのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/10/30 18:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/01 10:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/18 12:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/17 09:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。