サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

修正:レビューキャンペーン(1101-30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ハイランドの霧に抱かれて
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.7
  • 出版社: ソニー・マガジンズ
  • サイズ:15cm/502p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7897-2610-X
文庫

紙の本

ハイランドの霧に抱かれて (ヴィレッジブックス)

著者 カレン・マリー・モニング (著),上條 ひろみ (訳)

【〈ロマンティック・タイムズ〉誌批評家賞ベスト・ヒストリカル・タイムトラベル賞】【「TRC MARC」の商品解説】

もっと見る

ハイランドの霧に抱かれて (ヴィレッジブックス)

950(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

続編が早く読みたくなりました。

2005/07/26 15:10

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:りあ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本作は「ハイランダーシリーズ」の1作目に辺り、
原書では既に7巻まで出版されているそうです。
物語は妖精の女王が夫たちへの仕返しの為に、
人間の男にさも魅了されたかのように言ったことから始まります。
それを聞き嫉妬に燃えた妖精の王と側近の道化は一計を企みます。
若い神に例えられる完璧な顔立ちと、
海賊のようにたくましい身体を持った人間の男ホークの下に
完璧なまでに彼を拒絶する美女を送り込め、と。
時を自由に行き来できる妖精の力を使い、
道化は20世紀のアメリカから一人の美女をさらってきました。
つまり美男に騙され苦しめられた過去を持つエイドリアンを。
あらすじを読んで、
「妖精」や「タイムスリップ」とか出てきて中途半端なファンタジーか
慣れない妖精の設定に頭を悩ませながら読む羽目になるのではと
あまり良いイメージがありませんでしたが、
妖精の予備知識なしで十分に楽しめますし、
偏ったファンタジーにもなっていません。
翻訳された文章も読みやすく、冒頭から惹きこまれ
中盤から終盤の辺りでは読み終わるのが勿体無くなってきました。
またシェークスピアの「真夏の夜の夢」をご存知の方は
さらに楽しめると思います。
特にホークは容姿に恵まれているのもあって
女たらしだし、城主という事もあっていささか傲慢に見えますが、
彼に降りかかってきた試練が解る頃には見事、魅了されていました。
エイドリアンは1度の失敗で「美男=悪党」と思い込んで譲らない辺り
強情が過ぎるのでは?と思いもしましたが、
孤児という不幸な育ちと本来の無垢な性格が見え隠れしていて
これまた魅力的な人物に描かれていました。
「訳者あとがき」で2作目の予告らしき事も書かれていて
本当に続きが待たれる作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/07/27 19:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/30 17:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/15 06:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/26 00:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る