サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  “翻弄される”愉しみ~意外な展開、複雑な恋心、衝撃の結末~ 10/27

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. コンピュータ・IT・情報科学の通販
  4. システム開発・設計の通販
  5. 日経BP社の通販
  6. オブジェクト開発の神髄 UML2.0を使ったアジャイルモデル駆動開発のすべての通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.7
  • 出版社: 日経BP社
  • サイズ:24cm/571p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8222-8237-6
  • 国内送料無料

紙の本

オブジェクト開発の神髄 UML2.0を使ったアジャイルモデル駆動開発のすべて

著者 Scott W.Ambler (著),オージス総研 (監訳),越智 典子 (訳)

Javaや.NETを用いるビジネス系開発者のためのオブジェクト指向開発の教科書。多様なモデリング手法、オブジェクトと関係データベースのマッピングを解説し、モデリングとプロ...

もっと見る

オブジェクト開発の神髄 UML2.0を使ったアジャイルモデル駆動開発のすべて

税込 4,620 42pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

Javaや.NETを用いるビジネス系開発者のためのオブジェクト指向開発の教科書。多様なモデリング手法、オブジェクトと関係データベースのマッピングを解説し、モデリングとプログラミングの実践的なガイドや例を示す。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

Scott W.Ambler

略歴
〈Ambler〉Ronin Internationalの社長兼シニアコンサルタント。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

内容紹介

2005/07/27 10:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:日経BP社* - この投稿者のレビュー一覧を見る

アジャイルモデル駆動開発を中心に、オブジェクトシステムの開発全般を上流のモデリングから下流のプログラミングまでを詳しく解説。アジャイルモデル駆動開発の主導者が身軽なオブジェクト開発手法を明解に示した決定本。

特に、ビジネス系オブジェクト開発にあたってのモデリングの基本を詳細に記述している点が特徴。モデリングなどに際しては、最新のUML2.0の記法に従っている。本書は全部で15章から成り、その主なテーマは、フルライフサイクルオブジェクト指向テスト(FLOOT)、アジャイルモデル駆動開発(AMDD)、利用モデリング、ユーザインターフェース開発、補足要求事項、概念ドメインモデル、ビジネスプロセスモデリング、アジャイルなアーキテクチャ、動的オブジェクトモデリング、構造設計モデリング、オブジェクト指向プログラミング、アジャイルデータベース開発。

アジャイルソフトウェア開発の道を歩むために必要なソフトウェアライフサイクル全体にわたるスキルを習得できる手引きであり、従来不在であったJavaや.NETを用いるビジネス系オブジェクト指向開発の教科書。

■目次
序文
監訳者まえがき

第1章 最先端のソフトウェア開発
1.1 最新の開発技術
1.2 最新の開発手法
1.3 本書の構成
1.4 ケーススタディ
1.5 この章で学んだこと

第2章 オブジェクト指向概念の基本
2.1 OO概念の概要
2.2 構造化の視点から見たOO概念
2.3 UML 2の図
2.4 オブジェクトとクラス
2.5 属性と操作/メソッド
2.6 抽象化、カプセル化、情報隠蔽
2.7 継承
2.8 永続化
2.9 関係
2.10 コラボレーション
2.11 結合度
2.12 凝集度
2.13 多相性
2.14 インターフェース
2.15 コンポーネント
2.16 パターン
2.17 この章で学んだこと
2.18 復習問題

第3章 フルライフサイクルオブジェクト指向テスト(FLOOT)
3.1 変更にまつわるコスト
3.2 テストについての見解
3.3 フルライフサイクルオブジェクト指向テスト(FLOOT)
3.4 回帰テスト
3.5 品質保証
3.6 モデルのテスト
3.7 コードのテスト
3.8 システム全体のテスト
3.9 ユーザによるテスト
3.10 テスト駆動開発(TDD)
3.11 この章で学んだこと
3.12 復習問題

第4章 アジャイルモデル駆動開発(AMDD)
4.1 モデリングについての見解
4.2 プロジェクトの利害関係者
4.3 アジャイルモデリング(AM)とは
4.4 AMの価値
4.5 AMの原則
4.6 AMのプラクティス
4.7 アジャイルモデリングを徐々に導入する方法
4.8 アジャイルモデル駆動開発(AMDD)
4.9 基本的な情報収集スキル
4.10 アジャイルなドキュメント
4.11 ソフトウェア開発におけるホワイトボードの活用
4.12 AMDDとその他のアジャイルな方法論
4.13 アジャイルモデリングとテスト駆動開発(TDD)
4.14 この章で学んだこと
4.15 復習問題

第5章 利用モデリング
5.1 ユースケースモデリング
5.2 ユーザストーリー
5.3 ユーザ機能
5.4 この章で学んだこと
5.5 復習問題

第6章 ユーザインターフェース開発
6.1 本質UIプロトタイプ
6.2 従来型UIプロトタイプ
6.3 UIフロー図
6.4 使いやすさ
6.5 ユーザインタフェース設計の戦略
6.6 アジャイルな利害関係者向けドキュメント
6.7 この章で学んだこと
6.8 復習問題

第7章 補足要求事項
7.1 ビジネスルール
7.2 技術要求事項
7.3 制約事項
7.4 オブジェクト制約言語(OCL)
7.5 用語集
7.6 補足仕様書
7.7 この章で学んだこと
7.8 復習問題

第8章 概念ドメインモデル
8.1 ロバストネス図
8.2 オブジェクトロールモデル(ORM)図
8.3 CRCカード
8.4 分析クラス図
8.5 論理データモデル(LDM)
8.6 効果的なアナリシスパターンの適用
8.7 UMLオブジェクト図
8.8 概念ドメインモデリングのアジャイルさを保つには
8.9 この章で学んだこと
8.10 復習問題

第9章 ビジネスプロセスモデリング
9.1 データフロー図(DFD)
9.2 フローチャート
9.3 UMLアクティビティ図
9.4 この章で学んだこと
9.5 復習問題

第10章 アジャイルなアーキテクチャ
10.1 アーキテクチャに関する手法と概念
10.2 変更案による将来への配慮
10.3 UMLパッケージ図
10.4 UMLコンポーネント図
10.5 自由形式の図
10.6 UML配置図
10.7 ネットワーク図
10.8 アーキテクチャのレイヤ化
10.9 この章で学んだこと
10.10 復習問題

第11章 動的オブジェクトモデリング
11.1 UMLシーケンス図
11.2 UMLコミュニケーション図
11.3 UML状態マシン図
11.4 UMLタイミング図
11.5 UML相互作用概要図
11.6 UMLコンポジット構造図
11.7 この章で学んだこと
11.8 復習問題

第12章 構造設計モデリング
12.1 UMLクラス図
12.2 デザインパターンの効果的な適用方法
12.3 UMLを使った物理データモデリング
12.4 この章で学んだこと
12.5 復習問題

第13章 オブジェクト指向プログラミング
13.1 効果的なプログラミングについての見解
13.2 高品質なコードを書くためのプログラミングのヒントと手法
13.3 テスト駆動開発(TDD)
13.4 オブジェクト設計からJavaコードへ
13.5 この章で学んだこと
13.6 復習問題

第14章 アジャイルデータベース開発
14.1 効果的なデータ開発についての見解
14.2 オブジェクトからリレーショナルデータベースへのマッピング
14.3 永続化コードの実装戦略
14.4 設計からデータベースコードへ
14.5 データ指向の実装戦略
14.6 データベースリファクタリング
14.7 レガシー分析
14.8 この章で学んだこと
14.9 復習問題

第15章 今後の進み方
15.1 ゼネラリスト化したスペシャリストになる
15.2 学習を継続する
15.3 最後に

用語集
参考資料
索引

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/10/23 10:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。