サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. ゼロの使い魔 5 トリスタニアの休日

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ゼロの使い魔 5 トリスタニアの休日(MF文庫J)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 18件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.7
  • 出版社: メディアファクトリー
  • レーベル: MF文庫J
  • サイズ:15cm/263p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8401-1290-8
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ゼロの使い魔 5 トリスタニアの休日 (MF文庫J)

著者 ヤマグチ ノボル (著)

ゼロの使い魔 5 トリスタニアの休日 (MF文庫J)

626(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー18件

みんなの評価3.8

評価内訳

2006/02/27 14:30

投稿元:ブクログ

位置づけは短編集なんだが、実際の所長編集のうちの話を小切りにした感じ。一つ一つのストーリーは短くても話はちゃんと先に進みます。

2006/02/25 11:46

投稿元:ブクログ

いまだ国家間の動乱の只中にある主人公達。
ルイズと才人との間には発展があるのか?
読んでいてワクワクする展開はいつもながら素晴らしい。
彼らを取り巻く脇役?達もその役に甘んじることなく自己主張がすごいが、それでも世界はきちんと取りまとめられている。
文字による注釈は普通、キャラクターの動きを制限してしまう物だが、この作品においてはその限りではない。

文字あってこその彼等なのである。
ぜひ一読をお勧めする。

2006/08/12 13:02

投稿元:ブクログ

才人はある日突然異世界ハルケギニアに『召還』されてしまった高校生。元の世界に戻る方法を探しつつ、美少女魔法使い(メイジ)・ルイズのもとで使い魔として暮らしている。顔は可愛くても高飛車で意地っ張りなルイズとは、いつからかお互いを意識するようになったものの、すれ違ってばかり。そんな状態で迎えた夏休み、アンリエッタ女王に町の偵察を頼まれた才人とルイズは、下町の酒場で住み込みのアルバイトを始める。ルイズはプライドの高さから客を怒らせてばかりだが、店では客からもらうチップを競う「チップレース」が行われることに……(第一話)。今回は夏休みを舞台にした短編集。大人気のキュルケ&タバサの出会い編も収録!

2006/11/10 10:09

投稿元:ブクログ

「お母様・・・食べちゃだめ」ってシャルロットおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

2007/06/03 00:51

投稿元:ブクログ

短編集と侮るなかれ、貴族のアルバイトだとか友情成立の話だとか一国の女王と極秘任務だとか、ベタっぽい話は今回も絶好調。
相変わらずベタと捻りの比率が絶妙。

2006/09/03 21:33

投稿元:ブクログ

サイトのあの発言やらなにやら、もうお前らくっついてるだろう、コラ。って感じですが。
デートやらルイズがご飯作ったり、今回もツンデレです!!正直今回はアンリエッタがおいしい!姫さまなのに姫さまなのに、大胆です!!政治的要素もちりばめられ、なかなか面白いのではないでしょうか。夏期休暇のお話が詰まった第五巻です!

2010/06/17 22:51

投稿元:ブクログ

短編集っぽく3つの話。1つめと3つめは繋がってるね。
1話目はいつものルイズのツンデレ話。舞台は街の酒場だけど。
2話目はキュルケとタバサの話。
3話目は王女のアンリエッタのフラグが立つ話。

2006/08/29 15:55

投稿元:ブクログ

前回あんなに盛り上がったのになぜか、5巻で短編集。
まあ、本編と関わっている話なのでいいのだけれども。
ルイズ&アンリエッタが凶悪的にかわいくなっている点がやばかった。
あと、キュルケ&タバサの話もよかった。

2006/08/28 00:37

投稿元:ブクログ

STORY

才人はある日突然異世界ハルケギニアに『召還』されてしまった高校生。元の世界に戻る方法を探しつつ、美少女魔法使い(メイジ)・ルイズのもとで使い魔として暮らしている。顔は可愛くても高飛車で意地っ張りなルイズとは、いつからかお互いを意識するようになったものの、すれ違ってばかり。そんな状態で迎えた夏休み、アンリエッタ女王に町の偵察を頼まれた才人とルイズは、下町の酒場で住み込みのアルバイトを始める。ルイズはプライドの高さから客を怒らせてばかりだが、店では客からもらうチップを競う「チップレース」が行われることに……(第一話)。今回は夏休みを舞台にした短編集。大人気のキュルケ&タバサの出会い編も収録!

POINT  

可愛い美少女魔法使いに異世界で「虫」と呼ばれたい。ぷちっと踏まれたい。このお話はそんな僕の、言ったら捕まる(シンガポールで)ピュアが増量1.5倍です。夏だから。しかも聞いて。短編です。三つ、入ってます。
(著者:ヤマグチノボル)

2017/04/27 00:36

投稿元:ブクログ

痴話喧嘩も大概にして!と思いながらも才人とルイズのやり取り可愛い。あとキュルケとタバサの友情も素敵。
大筋のストーリーも少しずつ進んでいるけれど、才人の受難はどこまでも続く。

2008/01/31 00:10

投稿元:ブクログ

キュルケとタバサの過去だね。タバサ好きだな。ギーシュとモンモンも両想いならもっと仲良くてもいいのにね。

そしてそして、アンリエッタとサイトの絡み。ここはだいぶ好きだよ。激しいぜ

魅惑の妖精亭でのルイズの格好とか実際きわどいもんなんだよな


2回読んだ。

2009/09/21 14:01

投稿元:ブクログ

貴族のルイズとその使い魔サイトが平民の酒場に入ってスパイをする話しがあって、この話を読んで思ったことが貴族はやはり平民とはいろいろお金の価値観が違うし、プライドもとても高い、平民と貴族は同じ人間でも全然違うんだなと思いました。
ルイズがお酒をこぼして客がきれるところがあって、ルイズが絶対悪いのに逆切れしお客に蹴りをいれた。普通だったらありえないと思ったけど貴族からしたら平民相手に謝ることなんて自分のプライドが許さないんだなと思いました。とわいえ働いて自分のミスなのだから貴族も平民も関係なく謝るのが普通だとは思いました。

2011/04/18 09:03

投稿元:ブクログ

ルイズが、いわゆるホステス(キャバ嬢?)になって潜入捜査!
才人、いつにも増してオイシイ思いしてません?
その代わり、いつにも増す酷い虐待(!)も受けたようですがw

この巻は、夏休み短編集という位置付けらしい。
タバサとキュルケが仲良い理由が判明したり、ルイズのサービスがあったりと、事件はあるものの、番外編的要素多めです。

2010/08/21 21:25

投稿元:ブクログ

あとがきがいいですね。
No.2のジャンヌさんを応援したくなります。
《きみとルイズは等価だ!!》
やるな、ヤマグチノボル

2012/01/05 12:04

投稿元:ブクログ

学院の夏休み中の出来事を書いている。
ルイズとサイトはずっと酒場で働いていたのか・・・

物語的に盛り上がるところは少ないが、姫はサイトのことを意識し始めているのだろうか?
サブキャラにもきちんとスポットが当てられていて楽しめた。

MF文庫J ランキング

MF文庫Jのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む