サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

風の王国 月神の爪(コバルト文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生
  • 発行年月:2005.8
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: コバルト文庫
  • サイズ:15cm/301p
  • 利用対象:中学生 高校生
  • ISBN:978-4-08-600632-3
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

風の王国 月神の爪 (コバルト文庫)

著者 毛利 志生子 (著)

風の王国 月神の爪 (コバルト文庫)

576(税込)

風の王国5 月神の爪

475(税込)

風の王国5 月神の爪

ポイント :4pt / 紙の本より101おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「風の王国 月神の爪」が含まれるセット商品

風の王国 (コバルト文庫) 22巻セット(コバルト文庫)

風の王国 (コバルト文庫) 22巻セット

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2006/05/02 09:40

投稿元:ブクログ

もう、翠蘭が大変な目にあってます…。もう、読んでいても目をそらしたくなるような…痛いよ〜でも、そんな中でも、リジムと翠蘭が一緒にいるだけで、ラブラブ新婚さんの雰囲気を出しているので、それが救いです。だって、今回ほど読んでいてつらかったことはないって…
20060429:読了

2005/08/03 00:57

投稿元:ブクログ

回を追うごとにラブラブ要素は低くなり、翠蘭はツラ〜イことをさせられているかんじだ。
なんか二人の感じは好きなんだけど、主要キャラじゃない人々があんまり魅力を感じない・・・かも。セデレクが嫌いだ!!!

2005/09/21 20:44

投稿元:ブクログ

生命力の強すぎるヒロインにあっぱれ。「普通死んでるだろう」「女の子云々より人間としてどうか」という扱いを受けてもなお頑張るヒロインが好きです。ハッピーエンド希望っ!!史実どうりに行ったら・・・ブルブル。

2005/12/18 23:33

投稿元:ブクログ

ヤルルンに着いた一行。翠蘭は自ら大王に自分は皇帝の姪だという事を告白する。また、前宰相の孫であるセデレクから領地への誘いを受けた大王は、リジムを名代にたてる。彼の地、ツァン・プーで彼らを待ち受けるものとは…。
ティツン妃、セーマルカルなど出てきてチベット史を知ってる人はニヤリとしたのではないのでしょうか。そして教訓、?「親しき仲にも礼儀あり」?「友達は選びましょう」。あれだけやられて生きてる翠蘭は本当素晴らしいです。やはり、文成公主はティツン妃と共にチベット建国神話で菩薩の化身に例えられる女性ですので!セーマルカルの名が出てきたとなると、そろっと大きく転換しそうな予感が。

2006/02/05 03:41

投稿元:ブクログ

ついに翠蘭がソンツェン・ガムポに会いに行くお話し。
これはもうストーリーがドキドキ過ぎます!
また一歩時が進み、お話が進んだようです。
ようやく確信を突いてきた感じで!
初の戦争っぽいシーンもあり、ハラハラしっぱなしでした。
翠蘭がかわいそう過ぎ!
ラストも中途半端な所で終わり、次に続く!的な感じ満々で読み終わってもドキドキ感が終わりませんでした。
次の展開がかなり気になります!
手元に続きがあったら間開けづに読み出しますよ〜!!

2007/05/15 23:54

投稿元:ブクログ

とうとう噂の舅、ソンツェン・ガムポが登場ですが、可愛いおじいちゃんだなぁ。
王としても立派だけど、人としてもすごく魅力がある。
かっこいい…。

2008/04/18 15:17

投稿元:ブクログ

5作目。セデレクの翠蘭に対する仕打ちがかなりひどかった。
ソンツェン・ガムポはどれだけ恐ろしい人なんだろうと思ってたけど、以外にステキな人でした。

2006/09/11 00:22

投稿元:ブクログ

翠蘭はいつも駆け回ってますね!城の中でも外でもリジムの心の中でも!!無茶苦茶で一生懸命な翠蘭にまたまた会える一冊ですね。

2007/02/18 23:10

投稿元:ブクログ

すっげぇ悪い奴だと思っていたソンツェン・ガンポが登場してみたら結構いい人でびっくりしました。逆にセデレクがとても底の浅い悪い奴でめくりめく陰謀の割りには拍子抜けなところもあります。

2008/02/02 10:37

投稿元:ブクログ

リジムと心を通わせた翠蘭だったが、自分が偽公主だということを不安に思っていた。そして、翠蘭は吐蕃の大王のソンツェン・ガムポに打ち明ける決意をする。しかし、翠蘭たちは大王に命じられ、ツァン・プーへ向かうがそこで事件に巻き込まれ…。
「風の王国」シリーズ第五巻。
 人が無残に殺されかわいそうな場面が結構あります。でも、翠蘭とリジムの子供ラセルは血のつながりが無いにも関わらず本当の親子のようで微笑ましいです。翠蘭が剣を手に敵と戦うところは、かっこよくてうらやましくなってしまいます。

2012/05/03 02:48

投稿元:ブクログ

あいかわらずのおさわがせ夫婦が今回も…。
わからないのかバカ息子~!!(この曲知ってる?)ってかバカ孫?とか、美人すぎる人のお話。
あ、バカ息子もバカ孫ももちろんラセルではないけど、おじいちゃんはようやく登場します。大王さま。
ただ、わからないのがこの本のコピー、「あなたが私を信じてくれるなら、私はどうなったっていい」っての。いまいちピンとこなくて…。ってかリジムひどい…。さすがに二度目はなしでしょう。

2008/10/27 01:04

投稿元:ブクログ

ソルツェン・ガムポと翠蘭の初対面。正直ソルツェン・ガムポは暴君、とまではいかないですが、もっと怖いお人かと思ってました。意外に人間味のある暖かい素敵な人でびっくりです。
そしてリジムの友達のセデレクの謀反。こっちは少し辛い内容でした。せっかく仲良くなってきた女官に起きたことが何より辛かったですね。その分お話もメリハリがついて面白かったのですが。
王妃と助けようとする王はいつ何時でもかっこいいです。

2010/03/12 22:28

投稿元:ブクログ

すっかり忘れてましたが、結婚するのを命じたのはこの人でした、な
父親ご登場(?)です。
そこであった夫の『共生』というのがまた…。

とりあえず『共生』というのは何だろう? という疑問が先でした。
どうやらご学友なのかと。
なるほど~と読み進めて行っていましたが…あれですね。
一言で終わるならば、詰めの甘い、です。
考えが足りないといいましょうか、何その穴ぽこ計画! と。
むしろ、人の『力』を当てにしすぎです。

しかし、ようやく最初の嘘を肩から下ろしたら
今度は違う重りがのっかかってきました。
本来あるべき重りが、形を変えて違うものとして。
しかしまぁ…これは大丈夫な範囲、でしょうか?
自分で選び取ったものですし。

2011/04/05 22:22

投稿元:ブクログ

交通の要所、肥沃で広大な土地であるツァン・プーの反逆と制圧。いつもながら政治面の強さは少女小説の域を越えています。

2010/11/28 16:23

投稿元:ブクログ

リジムのお父さんが出てきますw
話によるとすごく残虐でこわいときいていたけど、以外にいい人でした(笑)

コバルト文庫 ランキング

コバルト文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む