サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

情熱の甘い棘
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.9
  • 出版社: 成美堂出版
  • サイズ:16cm/298p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-415-08882-1
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

情熱の甘い棘 (クリスタル文庫)

著者 和泉 桂 (著)

情熱の甘い棘 (クリスタル文庫)

535(税込)

ポイント :4pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

プレイボーイ×ツン美人

2017/06/30 21:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:沢田 - この投稿者のレビュー一覧を見る

傲慢不遜なプレイボーイが、警戒心の強い懐かない美猫に熱を上げる話。
初対面で受に惹かれた攻とは逆に、受の攻に対する印象はマイナスから始まり、序盤は攻の口説きが全く通用しないところが面白かったです。
なんとか受を落とそうとする攻と、頑なに警戒する受の駆け引きにドキドキしました。
攻が受に本気になったあたりから優しく慈しむような態度になり、手を出しかねる不器用な一面も見えて可愛かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

強烈なセリフの多い恋愛小説を読むという健康法もある(?)

2008/01/05 17:59

7人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hamushi - この投稿者のレビュー一覧を見る

 なぜか再読頻度の高い小説。時間をおくと、なんとなく読み返したくなります。理由は自分でもよく分かりませんが、たぶん、気持ちのすれ違いや誤解を繰り返しながら、恋愛の純度が高まりつつ人生の転機を迎えていく過程が、妙に心地いいのかもしれません。お話のテンポもよいです。
 家族がらみのトラブルが根深いトラウマとなって、他人に無関心になってしまった明宏と、何事にも強気で恋愛をゲームのように楽しむロクデナシである反面、他人と本当の心の絆を作ることが苦手で、好きな相手には不器用かつ臆病になってしまう河合という取り合わせは、定番といえばそうなのかもしれませんが、絶妙であると思います。寄ってくる相手をひたすら拒むことにしている明宏と、とにかく押しまくって手に入れようとする河合は、普通に考えれば相性は最悪で、くっつきようもなさそうなものですが、困難な暗号を解いて扉を開いていくかのように、気持ちの結びつきができていくのが面白いです。
 蛇足というかいまさらというか、このジャンルの作品を読むたびに、毎度のように思うことですが、

「お互いに何回好きって言えるか……競争しようか」
              (小説後半での河合の言葉)

というような、現実の三十男の恋愛シーンでは到底有り得ないようなセリフが、なんの不自然さもなく出現する小説というのは、ただただ、「すごい」としか言いようがありません。お話を楽しむこととは別に、こういうセリフで脳内に著しい衝撃を受けることが、なんだかクセになってしまったというか、ほとんど中毒化しているような気がするのですが、どうもこれで脳が活性化して鬱病から遠ざかり、元気が出ているような気もするので、これも一つの健康法と思うことにしています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/10/19 22:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る