サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

夜が蘇る(プラチナ文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.8
  • 出版社: プランタン出版
  • レーベル: プラチナ文庫
  • サイズ:15cm/230p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8296-2295-7
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

夜が蘇る (プラチナ文庫)

著者 英田 サキ (著)

夜が蘇る (プラチナ文庫)

576(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2011/10/27 16:50

投稿元:ブクログ

何度読んでもちっとも色あせていない893モノの秀作。久我が武闘派系組織の若頭というのがアナログですが、そこがまた王道を踏まえていていかにもなかんじで痺れます。
この手のストーリーは幾度も焼き直しされていて食傷気味なのに、こちらの作品には未だに心を捉えて離さない何かがあります。
ひとえにキャラの久我と秋津、この二人の魅力のせいですね。

自分の腕の中で死んでしまった男も、挫けることなく?口説いてくる男も893で、しかも自分は元警視である探偵の秋津。この秋津の色気には圧倒されます。昼は淑女で夜は娼婦的なおそろしく色っぽい魔性の男。そして、久我に毒を吐きまくる男気もあって、我が道を行ってます。
久我も893の若頭としての威厳もありながら、下ネタも大量にとばす豪快な傲岸不遜タイプで、オヤジが入っている残念さがまた最大の魅力です。
この二人の夫婦漫才なテンポのいい受け答えが、緊張感あふれるダークな話に大きく花を添えていて、息抜きにもなって、シリーズ通してはずせないポイントになっています。
ベタな真珠ネタもマイウェイも久我にはピッタリで笑いました。真珠を抜いて「本気見せ」って…それで、惚れるのもどうかと。バカップル大賞認定です。
こんなに笑わせるのに、本筋はきちんと伏線まで含めて計算しつくされ綿密に構成されていて、羽生の事件も誘拐事件も香港マフィアの話も、胸に痛みを伴うまでの深く読み応えある展開です。

英田センセは、筆力はもちろんのこと、ほんとに情に訴えるのが上手い作家さんだとつくづく思います。
どの作品にも言えますが、登場人物が生々しいというか、リアリティがあって強烈に印象に残ります。
山田ユギセンセとのコンビも光っています。
愛着あるシリーズです。

2006/07/23 09:47

投稿元:ブクログ

ヤクザ×探偵(元エリート警察官)
デビュー前(ネット作家時代)からお付き合いのあるキャクラーらしいですが…うーん、そんなにインパクト無かったかな。
月子としては「エス」の二人の方が好きでゴザイマスな。

情人を亡くした傷を心の奥底に隠しながら、日々をただ「普通」に過ごしていく秋津。
そんな彼の前に現れたのが、これまたヤクザものに定番な、自信満々で人を惹きつける魅力のある絶倫男・久我。
秋津の元に舞い込んできた「仕事」を通して繋がる二人。
久我と関わるまいとする秋津の心だが、身体は熱い雄を求めて疼きだす…
ッテ感じなんだろうけど、そんなに久我が淫乱ッテわけでもなく。ちょっと中途半端?
久我の前で他の男とイタすのだって、なんか…妙にアッサリだったし。
なに、男ッテそうなの?見られて恥ずかしくないの?
や、だからと言ってモジモジされたりしたら後ろから蹴り倒したくなりますが。

あ、あと一つ。
よく「真珠入り」ッテのがありますが、コレって真珠じゃなきゃあかんの?
ビー玉じゃダメなの??(え、そんな感想)

2008/08/28 20:57

投稿元:ブクログ

私のBL認識に革命的変革をもたらした作品。

三部作の一作目。
このシリーズではそれぞれに過去を背負い、それゆえに
昼の中で生きるよりも夜の中で生きる事を自ら選びとり
夜の中でしたたかに生きる男達のやるせない夜のドラマが
描かれています。
人生の綺麗事も、人生の矛盾も、人生の重さも、人生の
挫折も、人生の喪失も経験し、その様々な事柄をくぐり
ぬけた経験から何とか人生と折り合いをつけて自分の道を
生きていくことを学んだ大人の諦観とも言うもの。
人生に答えは無数にあり、どれを選び取るか自分の意志と
責任によるのだということを受け入れた大人の男達の
ドラマが、私たちを惹きつけて離さないのです。

大人の恋愛にどっぷり嵌って、心から楽しみたい
大人な方にお勧めの作品。

2008/05/14 13:37

投稿元:ブクログ

あらすじ:情人を亡くし、虚ろな日々を過ごす元警視の探偵・秋津は、極道の久我に口説かれる。「もっと俺を受け入れるんだ。できるだろう?」組み伏せられた秋津は、自分の身体に潜む雌の部分が、逞しい雄を求めて疼き出すのを感じた。けれども、情人を忘れられない。そしてなにより、失う悲しみにはもう耐えられない。必死で拒むが、共に事件を追ううちに、傲慢なくせに優しい久我に心かき乱されて…。悦楽に溺れる夜が今、蘇る―傷を抱えた男たちの、あやうい恋情。

2008/06/11 21:36

投稿元:ブクログ

読み終わった。

作者の方自体に興味があってwktkしながら読みましたがね。

うkも攻めも好みではなかった・・・。
えっちの描写もあんまり私は萌えない。

しかし、ストーリーはいいよ。
人間模様の描き方がいいとおもう。
ただ、受けが過去を忘れられないにしては、読み手に印象の薄い過去の情人だなって思っちゃいました。

あと不満なのは、ストーリーの流れ的に仕方ないのかもしれないけど(覚悟とか)
別に攻めは、真珠?を抜かなくてもよかったんではないかとおもう。
真珠があったほうが萌える。てゆーか真珠プレイが読みたかった。
これは私の願望・・・

2009/11/01 15:19

投稿元:ブクログ

プラチナ文庫っぽくないんですが、そこがいいのかもしれない。
英田さんのヤクザもの(多いですが)
これもちょっと古いんだけど、もっと続けてほしかったお話でした。
イラストが山田ユギさんつーのもいいー

2010/02/07 21:31

投稿元:ブクログ

英田さん初読み。案外タンタンと読んでしまったけど、トラウマ持ちな知的で芯のある美しい受け大好物。場面展開が好みで、知ってる場所が舞台だったから鮮やかに町並みがフラッシュバックして楽しかった。極道の攻めが楽しい人だったなー。次は、夜に赦される。

2011/08/19 16:23

投稿元:ブクログ

なにげなくそれも古本屋さんで手に取った本でしたが、この1冊で英田サキさんの大ファンになりました。
 やくざものです。
 やくざと元エリート警察官の探偵……。よくある攻めと受けですが関係が一ひねりあって……。
 3部作の1作目、2作目3作目と二人の関係がだんだんと進み最後はお互いがなくてはならないものに……。
 1作目からゆっくり読んで欲しいなぁと思います。
 英田サキさん、いろんなお話書いてますが、警察関連の話は特にいいなぁと思います。
 挿絵は山田ユギさん、こちらの漫画家さんも私大好きです。