サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

12/3~ <honto限定!電子おまけ>「ぼぎわんが、来る」映画化記念キャンペーン(~1/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

水滸伝 18 乾坤の章
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.8 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.7
  • 出版社: 集英社
  • サイズ:20cm/348p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-774768-3

紙の本

水滸伝 18 乾坤の章

著者 北方 謙三 (著)

【司馬遼太郎賞(第9回)】「父のように働きたい」 楊志の遺児・楊令が入山。決戦は目前に! 流花塞では宋の水軍との死闘が。一方、梁山泊本体と、童貫軍との緒戦は呼延灼の策が功...

もっと見る

水滸伝 18 乾坤の章

1,728(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

水滸伝 11巻〜19巻+読本セット 10巻セット

  • 税込価格:16,848156pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【司馬遼太郎賞(第9回)】「父のように働きたい」 楊志の遺児・楊令が入山。決戦は目前に! 流花塞では宋の水軍との死闘が。一方、梁山泊本体と、童貫軍との緒戦は呼延灼の策が功を奏す…。『小説すばる』連載。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

北方 謙三

略歴
〈北方謙三〉1947年唐津市生まれ。中央大学法学部卒。「眠りなき夜」で吉川英治文学新人賞、「渇きの街」で日本推理作家協会賞、「破軍の星」で柴田錬三郎賞、「楊家将」で吉川英治文学賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

これが最終巻になるものと思っていたがどうやらもう一巻あるようだ。北方水滸伝の醍醐味が復活

2005/08/05 00:47

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

『原典水滸伝』に史実を加えれば次の第十九巻でおそらく梁山泊軍は壊滅するのであろう。ここではその最終戦争の一歩手前の攻防戦の輝きがみられ、緊張感ある戦闘シーンを堪能できる。黄河と梁山泊湖で繰り広げられる水軍の激突。要衝二竜山、攻防の末の落城。そして宋禁軍の元帥・童貫との総力戦のせめぎ合い。いずれも印象に残る名場面であった。
このところ多少うんざりする語り口が続いただけに、久々に興奮を覚える描写の連続を楽しむことができた。
本巻では梁山泊の隠し球・楊令が子午山を下って、いよいよ激戦に参列する。
ここであらためて子午山の王進と楊令について振り返っておくべきだろう。王進、元禁軍武術師範。高潔ゆえの冤罪から逃亡し、子午山深く老母と隠棲する。母思いの孝行者。108人の中ではないが梁山泊のシンパ。武術においてはおそらく登場人物のナンバーワン。豹子頭・林沖の師にして、粗暴な九紋竜・史進を男に育んだ人格者。兄嫁を犯し自殺に追いやったことで自己喪失の淵にあった武松の魂を救済する隠者である。悲運の少年楊令は青面獣・楊志に拾われ、しかしその楊志が青蓮寺の陰謀で非業の死を遂げる現場を目撃、人間の感情を失う。王進はトラウマの楊令を育てる。晴耕雨読、心を俗世間の外に遊ばせる隠者がその生活を通して人間を育て、しかも武術も鍛え上げる。その結果、秘蔵っ子・楊令は文武ともに古今無双で、人格者としても完成された。しかも魯達が死の間際に「替天行道」の精髄を注ぎ込んでいまや梁山泊そのものといえるまでに昇華した超人的存在である。この伏線があるだけに、戦場での戦ぶりは読者の高まった期待を充分に満足させる、さしずめ
「待ってました」
と声をかけたくなる華やかさで登場する。
この大河小説を通読して気づいたことだが、広域にわたって繰り広げられる集団の戦闘を俯瞰的に描写するところがいくつかある。軍学書に詳しくはない読み手がこれをイメージするとなると難しい。詳細であるほど臨場感がわいてこない。この効果は映像にはかなわない。北方のチャレンジ精神は評価するがしばらく退屈が続いたのはこのためもあるだろう。小説体ではやはり伝統的手法で、敵にしろ味方にしろスポットライトの中でヒーローが超人的技を披露し、勝敗を決するほうが迫力はあるようだ。実際の戦争はそんなものではないとわかっていても感情移入の効果も含めればこれが妥当なようである。そしてこの巻ではこれまで慣れ親しんできたヒーローたちが激闘の末に浪花節的感動でもって最期を遂げる。
アクションシーンだけではない。男女の交情、親子の情愛、子弟の薫陶など人情の色模様、さらに英雄・豪傑たちの義や信、誠に生きる男のつきあいの世界がこの巻で復活する。
じっくり腰を据えて本丸梁山泊の中枢にじわじわと攻め寄る童貫軍。絶体絶命の梁山泊。そして軍師呉用が仕掛ける乾坤一擲のはかりごと。この用意周到な「謀略」という妙味を味わうのも久しぶりだ。
要は北方『水滸伝』の大衆をワクワクさせる通俗の名調子がギュッと凝縮されているのである。
「替天行道の志が途切れないようにしておくのも、私の仕事だ」
軍師というよりも大戦略家である呉用は人知れず梁山泊壊滅を想定して、明日につなぐ道筋を模索している。
「北へ」
そして二人の若者、梁山泊・楊令と女真族・阿骨打の邂逅。
宋軍二十五万から再編された精強、童貫軍の八万が梁山泊四万に向かう。
ラストに向けて読み応え充分の一巻だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/10/05 02:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/02 12:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/04 02:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/22 21:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/14 13:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/23 21:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。