サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

QED〜ventus〜熊野の残照(講談社ノベルス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 24件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.8
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社ノベルス
  • サイズ:18cm/223p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-182440-9
新書

紙の本

QED〜ventus〜熊野の残照 (講談社ノベルス)

著者 高田 崇史 (著)

伝承にまつわる一寸の「?」から歴史を辿る桑原崇と棚旗奈々の旅路は、故郷を捨てた神山禮子と共に、和歌山・熊野を舞台に牛王宝印に秘められた八咫烏の正体と熊野三山の謎を解く。「...

もっと見る

QED〜ventus〜熊野の残照 (講談社ノベルス)

税込 864 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

伝承にまつわる一寸の「?」から歴史を辿る桑原崇と棚旗奈々の旅路は、故郷を捨てた神山禮子と共に、和歌山・熊野を舞台に牛王宝印に秘められた八咫烏の正体と熊野三山の謎を解く。「QED」シリーズ第10弾。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

高田 崇史

略歴
〈高田崇史〉昭和33年東京都生まれ。明治薬科大学卒業。「QED百人一首の呪」で第9回メフィスト賞を受賞しデビュー。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー24件

みんなの評価3.2

評価内訳

紙の本

やはり、熊野の歴史も重かった。

2005/09/06 14:18

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カルバドス - この投稿者のレビュー一覧を見る

 今回の舞台となる熊野は、近年、世界的にその自然の美しさを認められたことから、これまで以上に多くの観光客が訪れるようになったと聞く。ずっと以前に旅をした私の記憶……深い緑の山々が、我々の全てを包み込んでくれるような、そんな錯覚さえ覚えたことを思い出す。熊野といえば八咫鴉といわれるくらい有名なので、日本サッカー協会のマークである三本足の鴉がすぐに浮かぶかも人も多いのではないだろうか。
 その熊野を旅することになったタタル一行は、例によって歴史の真実を見付け出す。虐げられた人々、武力を誇示した有力者、そして朝廷の思惑……神話や伝説を当時の社会(勢力図)に重ね合わせた時、全ての意味が明らかになるのだ。
 歴史の真実だけではなく、殺人事件の謎も解き明かされる。ただ、今回の殺人事件は、オマケのような感じだ。個人的には、たとえこのエピソードが無かったとしても、成功だったように思う。関係者が熊野出身者なので、地元の人間の熊野という土地に対する気持ちが分かると言えば分かるのだが。
 自分自身が訪れた当時は、土地の名産品や美味しい食べ物を探すのに夢中で、本宮等の事前知識を仕入れようとしなかったし、成り立ちについて考えることもなかった。しかしこうしてタタルに説明されると、なるほどと頷ける部分が多い。頷くたびに、また行きたいという気持ちも強くなる。熊野の歴史の参考書として本書を片手に、改めて本宮等を巡りたい。きっと、歴史の重みを感じられるだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/11/17 00:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/04/21 17:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/02 00:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/28 20:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/14 23:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/09 17:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/13 18:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/01 23:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/08 18:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/23 09:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/07 21:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/22 21:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/15 07:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/11/15 21:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ノベルス ランキング

ノベルスのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。