サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto9周年 ポータルページ ~6/30

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発売日:2005/08/04
  • 出版社: 福音館書店
  • レーベル: 福音館文庫
  • サイズ:17cm/459p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-8340-2131-9
文庫

紙の本

ラバ通りの人びと (福音館文庫 オリヴィエ少年の物語)

著者 ロベール・サバティエ (作),堀内 紅子 (訳),松本 徹 (訳)

1930年代初頭のモンマルトル。みなしごになったオリヴィエは、母のいとこ夫婦の部屋に身を寄せました。押しよせる不況と忍びよる戦争の影、それでもこの界隈にはあけっぴろげな庶...

もっと見る

ラバ通りの人びと (福音館文庫 オリヴィエ少年の物語)

税込 935 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

1930年代初頭のモンマルトル。みなしごになったオリヴィエは、母のいとこ夫婦の部屋に身を寄せました。押しよせる不況と忍びよる戦争の影、それでもこの界隈にはあけっぴろげな庶民のエネルギーが息づいています。個性的な住民の集う街に包まれ、励まされて、多感な男の子は少年期へと踏みこんでゆきます。小学校上級以上。【「BOOK」データベースの商品解説】

1930年代初頭のパリ、モンマルトル。みなしごになったオリヴィエは、母のいとこ夫婦の部屋に身を寄せました。飾らない庶民の暮らしが息づく街が、みなしごになったオリヴィエの壊れそうな心を包みこみ…。〔1995年刊の再刊〕【「TRC MARC」の商品解説】

父を早く亡くした10歳のオリヴィエは、庶民の街モンマルトルで小間物屋を営む母と二人暮らし。ところがその母が急死して、みなし子となった彼は、近所に住む若夫婦に預けられます。1930年代、おしよせる不況と忍び寄る戦争の影──それでもこの界隈には、底抜けにあけっぴろげな下町の生活が息づいています。個性豊かな“役者”を揃えた街という舞台に包まれて、孤独な魂は癒され、励まされてゆくのでした。自伝的連作小説の第一作。 S-40【商品解説】

著者紹介

ロベール・サバティエ

略歴
〈サバティエ〉1923年パリ生まれ。幼くして両親を失い、労働のかたわら勉学にはげむ。詩や小説のほか、「フランス詩史」を発表。邦訳書に「死の辞典」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

1930年代のパリ。庶民の生活の描写が秀逸

2020/06/24 22:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タオミチル - この投稿者のレビュー一覧を見る

子供の頃に読んだ本の再読がマイブームだ。紐解いてみたら、そのディテールの細やかさに、初読の頃の私は気づいてなかったかもと少し驚く。母の急死で孤児になったオリヴィエ少年の孤独な半年が、1930年代のパリの庶民の生活を背景に描かれている。特に、物語の中に登場する、当時の商品広告や看板、映画、歌などは、実際のものがきちんと描かれ、そのディテールの懲り方がこの物語の奥行きを深くしているような感じだ。特に、この物語の中でいちばん好きなのは、体の障害のため「クモ男」と呼ばれている男、ダニエルの部屋の描写だ。
「小さな部屋は修道院の僧房のようにすっかり白く塗られていて、ドアの内側に貼ってあるボッティチリの「春」の複製だけが飾りだった。汚れてべたついた古アパートの中とはとても思えない。(略)銅製のベッド、コップにさしたツゲの枝、琺瑯びきの洗面器と水さしが置いてある洗面台。」
この潔い住まいのスタイルにこころから惹かれました。ディテールの描写はおしなべてこんな風。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/08/14 17:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。