サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 「夜を読む本、夜に読む本」 ポイント5倍キャンペーン  ~3/5

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

だんじりまつり
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児
  • 発行年月:2005.8
  • 出版社: ポプラ社
  • サイズ:26cm/1冊(ページ付なし)
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:4-591-08776-X
絵本

紙の本

だんじりまつり (絵本のおもちゃばこ)

著者 はまの ゆか (作)

きょうは待ちに待っただんじり祭り。たいこの音が鳴りひびいて、さあ、お囃子のはじまりです。3さいのりょうくんは、今年こそお父さんみたいに、かっこよくたいこを叩きたいと思って...

もっと見る

だんじりまつり (絵本のおもちゃばこ)

税込 1,320 12pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

きょうは待ちに待っただんじり祭り。たいこの音が鳴りひびいて、さあ、お囃子のはじまりです。3さいのりょうくんは、今年こそお父さんみたいに、かっこよくたいこを叩きたいと思っています。泉州だんじりをイメージした絵本。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

はまの ゆか

略歴
〈はまのゆか〉1979年大阪府生まれ。画家。絵本に「mamechan」「ペットショップ・モピ」がある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

だんじり人生

2012/01/16 08:19

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 NHK朝の連続ドラマ「カーネーション」は、大阪・岸和田が生んだ世界的なファッションデザイナーコシノ三姉妹の母親小篠綾子さんをモデルにしたドラマですから、岸和田の勇壮な祭り「だんじり」が時に重要な局面で使われています。
 岸和田の人にとって「だんじり」はとても重い意味を持っています。
 正月よりもクリスマスよりも大事。一年が秋の「だんじり」まつりを基準にして動くているといっても過言ではありません。
 何しろ「だんじり」まつりになると、全国に散らばっていた岸和田の人が故郷めざして帰ってくるというぐらいです。
 親の死に目はともかく、仕事なんかは「だんじり」に比べるとさして重要ではありません。ここは必ず休みです。
 小学校、中学校も休みです。何しろ「だんじり」まつりですから。

 そもそも「だんじり」は田舎の荒っぽい祭という印象を持っていました。それが今や全国版の祭となって、「だんじり」は一挙に知名度をあげました。
 ただ、死者や家屋の破壊すら厭わない荒っぽい祭としての人気ですから、岸和田出身の人間として喜んでいいのか、悲しんでいいのか。いいえ、そんな人の人気なんかくそくらえ、です。「だんじり」は「だんじり」以外の、何者でもありません。
 そんな「だんじり」が絵本になっていたなんて、びっくりです。
 しかも、作者は『13歳のハローワーク』ですっかり有名になったはまのゆかさん。絵本としても上出来です。
 何しろはまのゆかさんは岸和田の近く泉佐野出身ですから、おそらく「だんじり」を間近で見て育った人です。だから、その心意気はちがいます。
 ただ、はまのさんの描く「だんじり」は少しかわいすぎる気がします。「だんじり」はもっと荒っぽく描く方がいいかもしれません。でも、かわいい「だんじり」も、またいいものです。

 物語は勇壮な「だんじり」まつりとは趣きが違い、優しい家族の物語になっています。「だんじり」まつりの日、おいてきぼりをされたと思った男の子と家族の物語です。それが、はまのさんの絵に合っています。
 それでも、この男の子の中にも、「だんじり」大好きの、岸和田の血が流れていることがよくわかります。
 この子もまた、「だんじり」に自分の人生を重ね合わせていくのだと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

あかちゃん絵本 ランキング

あかちゃん絵本のランキングをご紹介しますあかちゃん絵本 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。