サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「ブックツリーで読む最近の文学賞」ポイント5倍キャンペーン(~3/27)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

精神科ER 緊急救命室
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.8
  • 出版社: マキノ出版
  • サイズ:20cm/302p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8376-7046-6

紙の本

精神科ER 緊急救命室

著者 備瀬 哲弘 (著)

愛する人の精神の崩壊に、あなたはどう立ち向かいますか? 東京都立府中病院「ER」の精神科部門を舞台に繰り広げられる衝撃の真実、切ない人間ドラマ。若き精神科医と患者が織りな...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

愛する人の精神の崩壊に、あなたはどう立ち向かいますか? 東京都立府中病院「ER」の精神科部門を舞台に繰り広げられる衝撃の真実、切ない人間ドラマ。若き精神科医と患者が織りなす緊迫のノンフィクション。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

備瀬 哲弘

略歴
〈備瀬哲弘〉1972年沖縄県生まれ。琉球大学医学部卒業。精神科医。精神保健指定医。聖路加国際病院麻酔科非常勤医師。日本精神科救急医学会等会員。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

ひとはせつなく、いとしい。

2005/10/13 17:21

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:PNU - この投稿者のレビュー一覧を見る

自殺企図、昏迷状態…精神科に運ばれてくる救急患者との
関わりを通して、人生を見つめてゆくノンフィクション。

治療を要する人からそうではない人まで、症状が病変という
目に見えるカタチでは現れない精神科疾患ゆえに、
医師の判断責任が増大するのだろうと想像した。
本書は一般向けの啓蒙的読み物として書かれ、
精神科救急とはどんなところで、どういう疾患を扱うのか
…そして精神科に初診でかかると(または家族をつれて行くと)
どんな感じかを知りたい向きには重宝な1冊であると思う。
用語解説もコラムとして付いている。
個々のケースには哀切きわまるものあり、
肝胆さむからしめるものあり、
また逆に心温まるものもあってまさに人生いろいろ、人間模様。
心打つ“ほんとう”のことがひりひりと書かれていた。
p.s.必ずしも、患者本人が治療に同意出来ぬところに
精神科診療の難しさを感じた…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

難問

2005/11/19 19:58

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナカムラマサル - この投稿者のレビュー一覧を見る

 著者は都立府中病院精神科で働く医師。ER(救急外来)で起きるできごとを真摯に綴ったノンフィクション。診断した患者を、翌日には他の精神科の病院に転院させなくてはならないERのシステムへの割り切れない気持ちなど、一人の医師の率直な思いが伝わってくる。
 ERと救命救急センターの違い・共通した役割や、PDD・ECTといった専門用語などが各章末のコラムで噛み砕いて説明されているので、医療の知識が皆無に等しい読者でも興味深く読み通すことができるだろう。
 「現時点で大きな悩みを抱えている・いないにかかわらず、すべての人に、『ある日』症状が出現する可能性はあるのである。」と書かれているように、本書に書かれた症例を見る限り、いつか自分も精神疾患を患ってもおかしくないのだ、と正直言って少し怖くなった。
 本書では、精神科や精神疾患を持つ患者への偏見についても触れられており、それはひどいと思う反面、では自分はどうなのかと聞かれると答えに詰まる。ただ、不幸な生い立ちが原因でリストカットを繰り返す22歳の女性や、初出勤の日に両親を交通事故で失ったことにショックを受け統合失調症になった男性などの話を読んで痛切に感じたのは、自分ではどうにもできない理由で病気になってしまうこと。そして、精神疾患を患っている本人が一番つらいということだ。この2つは精神病に限らず他のどの病気にもあてはまることだということに気付けたことも大きい。
 精神病患者の責任能力や、正気と狂気の判断基準など、考え始めると難しいこともあるが、この難問に日々向き合っている医師や患者がいるということが分かるだけでも本書を読む価値はある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ER

2018/07/27 02:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きりん - この投稿者のレビュー一覧を見る

外科のERの本は多いですが、精神科のものは読むのがつらいですね……本人だけでなく、周囲を巻き込むだけに。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/10/16 17:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/21 14:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/22 16:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/08 22:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/29 00:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/31 09:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/30 16:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/16 16:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/19 17:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/24 19:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

家庭医学一般 ランキング

家庭医学一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。