サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

会員555万人突破&8周年 ポイントUPキャンペーン

【HB】春の読書応援!最大30%戻ってくるキャンペーン  ~4/12

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

爆発道場
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.8
  • 出版社: 角川書店
  • サイズ:19cm/177p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-04-883928-4

紙の本

爆発道場

著者 福井 晴敏 (著),樋口 真嗣 (著)

作家福井晴敏と映画監督樋口真嗣が、映画の「名爆発場面」の魅力を語り尽くす! 「ローレライ」「戦国自衛隊1549」「亡国のイージス」福井映画3部作を巻頭カラーで総まとめ! ...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

作家福井晴敏と映画監督樋口真嗣が、映画の「名爆発場面」の魅力を語り尽くす! 「ローレライ」「戦国自衛隊1549」「亡国のイージス」福井映画3部作を巻頭カラーで総まとめ! 映画の観かたが変わります。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

福井 晴敏

略歴
〈福井晴敏〉1968年東京都生まれ。作家。「Twelve Y.O.」で江戸川乱歩賞、「亡国のイージス」で大薮春彦賞など受賞。
〈樋口真嗣〉1965年東京都生まれ。映画監督。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

爆発について語り尽くしています

2007/06/23 17:25

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読み人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 特撮エースっていう雑誌がありまして、そこで映画監督の樋口真嗣さんと作家の福井晴敏さんが、対談しているコーナーがありました。
 それを単行本化したものです。
(因みに、執拗に書きますが、エヴァのシンジくんは、この樋口真嗣さんから採られています。)
 二人の出会いは、ハリウッドのエンタメ作品を彷彿させる
作風の福井作品を読んだ樋口さんが、映画の原作を依頼がてら、どんな人かいな?と会いに行きます。
 で、会って言葉を交わすと、なんと思っていたような人物じゃないか!!と、意気投合。その後、ローレライの企画なんかを経て、今日に至ります。
 (ローレライについても書き出すと止まらなくなるので、あえて触れません)

 特撮バカの樋口さん(もう特技監督では終わらず、本編の演出もされ
ていて出世されました)映画”speed”について、犯人に身代金を払った方が、絶対安くついたと、ことあるごとに語っている福井さん。
兎に角、映画の爆発シーン好き。
これには、いろんなメタファーがあるのだろうけれど、それは、心理学者あたりに任せておいて新人のアニメーターに、どんなシーン描きたい?とと訊くと 男のアニメーターだと、10人中8、9人は、爆発シーンと答えます。
(と宮崎駿御大も言っていた)
これは、特撮、アニメ、映画、サブカル問わず、みんな爆発シーンが好きなのですね。
 しかし、好事家が集まると、趣味の合致性より、違いのほうが、目立つと言っていたのは、岡部いさくさんでして。
(飛行機について語った場合です)
本作でも、自分の好きなシーンや、映画については、熱く語っていますが、趣味が合致したのは、最初の日本沈没ぐらいで、その後は、
お互いの差のほうが、目立つぐらい。
又、映画制作中でお疲れの樋口さん。福井さんの持ってきた映画、
(題名は、自粛して出しませんが)
の時は、寝ちゃったぐらい、、。
それと、真逆だったのは、樋口さんのもってきた旧作のサンダーバードの時の福井さんの呆れ方、、。
(福井さんのコメントに愛がありませんでした
 人形が出てきた段階で、怖いと、言っていました
 あそこで、ストップするとサンダーバードは殆ど入っていけません)
 しかし、こと特撮に関して樋口さんの薀蓄は、冴えを見せ
シネスコのカメラの違いなんか、勉強になります。
 今度、このカメラの違いに注意してみてみようと、思っております。
前樋口さんは、安彦さんとの対談で、自分の特撮シーンの爆発では、
アニメみたいに、シートをいじったりしていると、
言っていたのですがそれについて知りたかったなぁ、、。
 単行本化でもっと色々たくさん書いてあるかと思っていたのですが、
連載中に殆ど読み尽くしていたみたいです。
 付属の漫画があるのですが、
巻末に付いている、漫画は、二人の経歴を紹介するには、
大変よく纏まられてよく出来ています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

作家エッセイ ランキング

作家エッセイのランキングをご紹介します作家エッセイ ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。