サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

ブックオフ宅本便 バナー・LP修正(2021/3/1~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 哲学・思想・宗教・心理の通販
  4. 心理の通販
  5. 紀伊國屋書店の通販
  6. 心は実験できるか 20世紀心理学実験物語の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 17件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.8
  • 出版社: 紀伊國屋書店
  • サイズ:20cm/405p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-314-00989-6

紙の本

心は実験できるか 20世紀心理学実験物語

著者 ローレン・スレイター (著),岩坂 彰 (訳)

スキナーのオペラント条件づけ、ミルグラムの電気ショック実験、アレグザンダーの依存症実験など、世界を驚愕させ、物議をかもし、ときには汚名を着せられた10の心理学実験を解説。...

もっと見る

心は実験できるか 20世紀心理学実験物語

税込 2,640 24pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

スキナーのオペラント条件づけ、ミルグラムの電気ショック実験、アレグザンダーの依存症実験など、世界を驚愕させ、物議をかもし、ときには汚名を着せられた10の心理学実験を解説。心理学者たちを衝き動かしていたのは何か?【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ローレン・スレイター

略歴
〈スレイター〉ボストン大学で博士号を取得。心理学者、臨床心理士、ノンフィクションライター。邦訳書に「わたしの国にようこそ」がある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー17件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

不思議な心

2005/11/09 14:36

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:桑畑三十郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 心は実験できるか。著者はこの問いに体を張って答えようとする。
 1972年に、デヴィット・ローゼンハンという心理学者は、仲間8人とともに頭がおかしくなったふりをして精神病院を訪ねた。医者が偽患者を見抜けるかどうか試すために。結果は9人中8人が統合失調症と判断され、残りのひとりは躁うつ病と診断された。そして平均で19日入院させられたそうだ。医者は誰も嘘を見抜けなかったことになる。おもしろいことに他の入院患者は彼らが正常だとわかっていたそうだ。「あんたは気が違っているわけじゃないね。ジャーナリストか教授だ。」と。
 では現代の病院ではどうだろうか。著者は実際に病院を訪れ、ローゼンハンと同じ症状を言う。8回実験を繰り返した結果、入院こそさせられなかったものの、大半の病院でうつ病と診断される。興味深いことに著者は診断をうけているうちに本当にうつ病ではないかと思うようになる。日本の病院ではどうなのだろうと試してみたくなる。よいこはまねしちゃいけません。
 また薬物依存という症状は実際にはない、つまり理想的な環境で生活していれば、身近に薬物があっても手をださない、という主張に対しても、著者は自分を実験台として実際に服用する。気分がハイになり、ただのカモメがこれまで目にした中でもっとも美しい鳥に見える。こんな調子できっぱりと薬物をやめられるのか。結果は読んでのおたのしみだ。よいこはまねしちゃいけません。
 この他にも実験心理学についてのおもしろいエピソードがたくさん載っている。訳者あとがきにあるように、事実を曲げて、わざとおもしろおかしく書いたような部分もあるが、それをさしひいても一読の価値がある本だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/12/09 12:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/30 18:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/16 02:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/05 05:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/22 00:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/27 18:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/23 02:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/12 23:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/27 18:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/12 21:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/02 13:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/29 03:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/21 18:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/25 13:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。