サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍!! (~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 男性向けコミック
  4. 陰陽師 13 (Jets comics)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

陰陽師 13 (Jets comics)(ジェッツコミックス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 25件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2005/09/29
  • 出版社: 白泉社
  • レーベル: ジェッツコミックス
  • サイズ:21cm/1冊(ページ付なし)
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-592-13233-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
コミック

紙の本

陰陽師 13 太陽 (Jets comics)

著者 岡野 玲子 (著),夢枕 獏 (原作)

【星雲賞コミック部門(第37回)】【「TRC MARC」の商品解説】

陰陽師 13 太陽 (Jets comics)

957(税込)

陰陽師(13)

957 (税込)

陰陽師(13)

ポイント :8pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「陰陽師 13 (Jets comics)」が含まれるセット商品

陰陽師 13巻セット

陰陽師 13巻セット

  • 岡野 玲子
  • 評価4.0レビュー:4件
  • 税込価格:11,270104pt
  • 発送可能日:7~21日

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー25件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

白い光と化した音楽

2005/10/18 11:23

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オリオン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 読み終えてしばし言葉を失う。「あとがき」に綴られた文章を読むにつけ、岡野玲子はとりかえしのつかない時空の彼方にとんでいってしまった。この作品は白い光と化した音楽をかたどっている。『music for 陰陽師』(このCDには、『陰陽師』完結のあかつきにこそ聴かれるべき祝祭曲がたちこめている)の「覚書」に記された著者の言葉を引用しておく。
《真の音楽とは、高等魔術である。そしてそれは、弾け散るような白い光の姿をしている。このCDに関わっていた一年の間、地球上に生まれたがゆえに、ダークサイドではあるが、誇り高い怨霊も、存在する。勝利の曲は勝利の喜びを知るものの手で作られ、勝利の喜びを知るものの手によって奏される。そんな言葉が頭の中を流れた。陰の極みと陽の極み両極に共通してあるものは、美と誇りと、存在することの祝福と、喜びである。雅楽の真髄は、強靱である。》

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

完結

2015/08/17 22:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しましま - この投稿者のレビュー一覧を見る

とうとう完結しました。終盤、晴明がツタンカーメン,真葛ちゃんがアンケセナーメになっちゃったので、「何故にエジプト?」と面食らいましたが、隼神社を中心とする円と正五角形の説は大変興味深いものでした。私見ながら、隼神社の位置とは、松尾大社,下鴨神社,伏見稲荷を頂点とする三角の中心ではないかと考えていますが、どうでしょうね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/02/10 21:34

投稿元:ブクログ

※方針変更
お気に入りの漫画の最終巻だけUP※


途中からちょっとついていけないかな・・・と(漫画の方向が変わったような気がして)購入を継続することに不安をおぼえたこともあったのだけれど、最後まで付き合えた頑固な自分を褒めてあげたい。

2005/10/02 17:36

投稿元:ブクログ

ブームになってからというものだんだん内容がこ難しくなってしまいにはこれエジプトの話?になってしまった。やっと終わったかってのが正直な感想。

2005/10/10 16:46

投稿元:ブクログ

お・終わったみたいですよ・・・。後半、オツムの回転のノロイ私には、ちょっとついていけない部分もあったりしましたが(汗)また、1巻からじっくり読み直してみるのもいいかも。

2005/11/09 20:29

投稿元:ブクログ

最初は、平安時代の魑魅魍魎をこんなに豊かに描けるものかと楽しんで読めていたのが、次第にスケールが大きく難解になっていく。取り組まないと読みきれません。

2006/08/11 14:56

投稿元:ブクログ

8巻から急激におもしろくなりますよね。それまでは単なる妖怪漫画的なんですが、8巻くらいから、現実と向こうを行ったり来たりできるい空間を作っていて、すごいです!!でも読んで全くおもしろくない人と、とてもおもしろい人に分かれるかもしれません・・・。

2006/03/14 14:15

投稿元:ブクログ

はまりました。

漫画だから、平面に描かれているはずなのに、清明の背後に黒い深い闇が見えるよう。

漫画だから、音なんて聞こえるはずがないのに、博雅の尺の音が聞こえるよう。

本は軽いはずなのに、私の手には本以上の重みが感じられるよう。

文章だけしっかり読むと、難しすぎて意味がわからないのに
絵だって、割と抽象的なのに
でも、たしかに何かが伝わってくるのだ。

何が伝わってくるのか、私は言葉で上手く説明ができない。
なにかのアトラクションを体験している気分、というのが一番近い表現かと思う。
絶叫マシーンに乗ったように、叫びたくなる。
ホラーハウスに入ったように、心臓はドキドキ。

そんな本。上手く説明できないけど。

2006/10/10 03:38

投稿元:ブクログ

はまりました。スケールが大きくて難しくて、私はきっとこの本の内容をしっかりとは理解できていないのだけど。
何度もじっくり読んで吸収したいです。

2008/02/15 21:27

投稿元:ブクログ

こんなにも空気の密度の描写に長けた作品に出逢えたことが嬉しい。少し理解できるけれど、やはりその源までは辿り着けないです、まだ今のあたしには。

2014/08/18 08:25

投稿元:ブクログ

作者自身は、めちゃくちゃ明確なものを、めちゃくちゃ明確なビジョンで描いているにもかかわらず、読者には幾通りもの解釈の仕方がある。
わたしの好きな「名作」は、そんなのが多い気がします。

例えば、マンガでは、永井豪の「デビルマン」。例えば、映画では、アナ・トレント主演の映画「ミツバチのささやき」。
小説では、なんだろう?最近読んだ、パウロ・コエーリョの「アルケミスト」がそうかもしれない。
みごとなぐらい、語る人、語る人によって、物語の解釈がかわっていく物語というのがあります。

そして、この岡野版「陰陽師」も、そんな物語の1つなのかも。

多分、岡野玲子自身は、説明するのさえめんどくさいぐらい明確なことを自分では描いている。
でも、その受け取り方は、人によって違う。

原作との大きな違いは、晴明のこの世への錨が女の子であることだと思います。
それは、原作にない深みをこの作品にあたえています。*1

2009/08/21 23:37

投稿元:ブクログ

「原作を越えた」と原作者の夢枕獏に言わしめた作品。絵の美しさと大胆な展開が他の追随を許しません。漫画の域を超えています。特に後半の、原作からどんどん飛躍していく物語に関して、僕はおそらくその10%くらいしか理解できていなく、正直なところ「玄象と巻き物かわいいな」、くらいの勢いの駄目読者なのですが、その世界観には大いに感銘を受けました。

10巻以降、辞書みたいな厚さで、腕が疲れます…。

2009/08/21 11:09

投稿元:ブクログ

原作は、まだ読んでいないですけれど、漫画の絵の美しさと独特の陰陽道の世界が、すごく合っていて不思議ワールドを出しています!!
途中、専門的な難しい言葉もたくさんでてきたけれど、かつて日本の文化の中で、安倍清明が生きていて、不思議な呪詛や儀式を行っていたんだと思と、変な感じになりました(笑)。

2007/05/26 15:22

投稿元:ブクログ

始めの方は読みやすい話だったんですが、後半はさっぱりついていけなくなりました。でも、絵と話の雰囲気はバッチリ!

2008/02/14 18:41

投稿元:ブクログ

夢枕さんの小説を漫画化した作品になりますが、途中から原作から離れ独特の存在感といか、雰囲気ががらりと変化していった感じです。
でも絵も大変美しく透明感があるので、内容ととても合っています。
最後になるほど難解で、私などこの漫画を1冊読破するために辞典数冊を真横に積み上げていました。それでも未だに理解しきれていませんが、それだけ奥の深い作品であり、読み応え十分なこと間違いなし。

青年コミック ランキング

青年コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む