サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍!! (~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

レジンキャストミルク(電撃文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2005.9
  • 出版社: メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/354p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-8402-3151-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

レジンキャストミルク (電撃文庫)

著者 藤原 祐 (著)

レジンキャストミルク (電撃文庫)

637(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

レジンキャストミルク

637 (税込)

レジンキャストミルク

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価3.6

評価内訳

2006/10/26 16:37

投稿元:ブクログ

またもや、藤原さんの作品です。やはり彼の書くものは不思議に壊れている感じがいいです。
出てくる世界観も独特のもので、思わず納得してしまいます。

2006/03/01 19:43

投稿元:ブクログ

買いだめしていて読まなかったのですが、気になっていたので読了。最初はすごく読みづらかったです。設定用語が多すぎて頭がついていかなかったし、日常的な会話は楽しめたけどこれといった事件は起きないし。しかし、面白くなったのは中盤が終りに変わる頃。物語の確信であるあいつの存在とこの物語の「狂気」を見せつけられてから。本当に、狂ってる&鬱の言葉しか浮ばない展開だし、すこしだけグロテスク。まあ、普段からグロイものばかり読んでいる人にはさほど……というていどだと思います。ただ、この最悪なまでもの鬱展開には頭が痛くなります。最後はそれほどでもなかったですけど。この物語の「欠落」が痛い。生々しい表現が妙にリアリティを増していて、本当に頭が痛い。けれども、すごく良い。前半はともかく後半の流れと、人間同士のいさかいというかここまで狂気を真正面から描くと逆にそれが長所になりますね。まあ鬱展開ばんざいの私にとっては良い小説なので、まあ視点がころころ変わることと、文章に説明が多くてうんざりすることを抜かせば“いい小説”だと思います。

2009/10/22 22:28

投稿元:ブクログ

弟からレンタル。
しかし我が弟も節操ないな。

さて、この本、意外と好きかも。
矛盾を持ちつつ、でも現実と向き合う。
みんなそうだよなぁ。
なにも特殊な才能を持った人だけじゃないよね。

現在2巻まで読了。
どうなるか、ちょいと楽しみ。

2007/02/10 01:15

投稿元:ブクログ

特殊能力系学園バトルもの。
話のトーンは全体を通して陰鬱。
なぜか漫画の「ドラえもん」の初期の話を連想した。

「もし〜だったら」の世界を武器にして戦う話で、私たちの現実世界は作中では「もし〜だったら」の世界として描かれている。
どうも作中世界は9.11がアメリカではなく日本で発生したという設定らしく、日常生活の中にイスラム教の片鱗が見え隠れするのだが、個人的にはそっちの方が気になって仕方がなかった。

2006/10/27 19:18

投稿元:ブクログ

はじめは世界観がつかめなくて戸惑ったけど、はいっていくと面白い。「さあ、万華鏡を廻しましょう」には鳥肌がたって快感だた。

2006/10/14 17:30

投稿元:ブクログ

最近読み始めたものの中で結構面白いほうに入る本作。
友人のおすすめです。読んでみたら面白かったんです・・・
1巻をちゃんと読まないと内容が理解できません。
異世界 “虚軸”(キャスト) から来た特異な存在。
キャストやらなにやらの業界用語をまず覚えねば話になりません。
主人公達が異能力で戦う、そういうストーリーが好きな方は、
きっと楽しく読めるに違いないです。絵もきれい。

2013/10/11 20:17

投稿元:ブクログ

 藤原祐×椋本夏夜の新シリーズが始まったということで、ふと思い出して再読。
 ネーミングセンスや筆致など、この方にしかない才能だと思います。
 改めて読み返してみると、好きじゃない個所もけっこうあるのですが、初めて読んだときは大好きで大好きでどっぷり浸かってました。

 主人公たちの命題は「日常を死守すること」。
 物語はおもに、日常と非日常をいったりきたりしながら進行します。
 非日常とは、実軸(ランナ)と呼ばれる現実世界から、「もしも」という願望によって枝分かれしたパラレル・ワールド(偽物の世界)、虚軸(キャスト)を身のうちに宿し、特殊能力を得たものたちの殺し合いです。
 主人公や、主人公サイドの仲間たちは、みな人格と能力に個性のある虚軸。
 敵としてあらゆる虚軸を主人公にけしかけてくる奴がいるのですが、こいつがとにかくネチネチしていてえげつないです。鬱になります。

 主人公の周囲にいる仲間(みんな女の子)は、ラノベらしく個性豊かで、長所短所含めてとても良い味出していると思うのですが、主人公が唯一好きになれない。

2009/07/06 17:56

投稿元:ブクログ

「ルナティック・ムーン」に大嵌りして
次作の「レジンキャストミルク」を読みました。
今回の御話は前作と比べて随分読みやすいと云うか、
明るくなりましたね。
私は暗いのが好きなので前作の方が好みですが、
序盤で判断するのは尚早ですからね。

物語の核心である虚軸については非常に面白いと思います。
キャラクターも皆可愛いですし。
私は特に壊れた万華鏡、舞鶴蜜嬢が好きです。
もう容姿からして彼女だ!と思いました。
そして中を読んで更に確信しました。
今後の展開が楽しみです。

2010/02/11 01:50

投稿元:ブクログ

自分は基本的にラノベの「用語」なるものがキライです。よく『○○』の上に小さいルビ振って妙な読み方をするのがあるじゃないですか、アレですよ。(上でいう全一=オールインワン、有識分体=分裂病、壊れた万華鏡=ディレイドカレイド、固定剤=リターダと読みます)。あと日常だ非日常だとウダウダ言う作品も嫌いです。合わないんでしょうねぇ。わざわざ書かなくてもフィクションに何も起きない事なんて求めて無いっつーの、と思ってしまうのは・・・まぁ先入観はよろしくないんですけどね。

 で、これは上記にガチで当てはまるにもかかわらず自分がまだ読めると思った作品。もう最初から最後までただひたすら敵による日常の崩壊(大抵主人公に近しい人が犠牲になる)→異能バトルの鬱展開。でもその中でたまに見られる日常のコメディシーンが上手かったり、異能を元に人格形成されたヒロイン達のキャラがしっかりと立っていたりして、よく出来ていると思いました(我ながら何様のつもりだw)。

 ともかく、このジャンルが嫌いな自分でさえ結構楽しめて読める作品。ましてやこのジャンルが好みの人には言わずもがな。要は万人にある程度の保証付きでオススメできるってことですな。

2010/06/07 10:18

投稿元:ブクログ

前作に引き続き読み出しました。
雰囲気が違って、読みやすかったです。
笑いあり涙ありな作品です。

2011/12/23 20:32

投稿元:ブクログ

やっと読み終わった。
 話を引っ張りすぎ。
  2巻も買ってるけど、これまでかな。
   この世界観をどう展開するのか?

2010/10/26 13:57

投稿元:ブクログ

電撃で一番好きな作品。凄いハートフル学園バトルラブコメディです。
ルナティックムーンを留学先で読ませてもらって、これを読んだ時の感動は忘れられない。感動・・・・・・?
もう一度言いますが、凄いハートフル学園バトルラブコメディです。

2012/02/18 14:30

投稿元:ブクログ

全8巻+外伝2冊
それは妄想から生まれた偽物の世界たちの物語
世界を滅ぼしてまでも、僕らの世界を守りたかった
欠落し、引き換えに手に入れたのはかけがえのない家族でした

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む