サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

ブックオフ宅本便 バナー・LP修正(2021/3/1~3/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 201件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2005/09/01
  • 出版社: 河出書房新社
  • レーベル: 河出文庫
  • サイズ:15cm/302p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-309-46255-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

銀河ヒッチハイク・ガイド (河出文庫)

著者 ダグラス・アダムス (著),安原 和見 (訳)

銀河ヒッチハイク・ガイド (河出文庫)

税込 770 7pt

銀河ヒッチハイク・ガイド

税込 715 6pt

銀河ヒッチハイク・ガイド

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 6.7MB
Android EPUB 6.7MB
Win EPUB 6.7MB
Mac EPUB 6.7MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー201件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

そうか,「スラーティバートファースト」は「ちょうちん屋ぶら右衛門」みたいな名前だったのか

2006/01/02 10:29

12人中、12人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SnakeHole - この投稿者のレビュー一覧を見る

 映画の公開(2005年9月)に合わせて新訳が出てることを知って衝動買いした。オレは昔の新潮文庫版(風見潤訳)も持っているのだが,なるほど「訳は世につれ世は訳につれ」と巷間言う通り(言わない)である。銀河系大統領のファーストネームはザフォドからゼイフォードと,おそらくはより発音に忠実な表記に替わり,宇宙最強のカクテルの名前も汎銀河ウガイ薬バクダンから汎銀河ガラガラドッカンという,どっか麻布あたりのこじゃれたバーでメニューに載っていてもおかしくない(おかしいか)今風なものに変わっている。
 なによりオレが感動したのは,巻末の解説なんだけど,惑星制作請け負い業者の老人の名前に関して言及のあったこと。本文ではこの老人が自分の名前,スラーティバートファーストを地球人アーサーに明かすのを躊躇し,聞き出したアーサーが「スラーティバートファースト?」と聞き返すだけ(つまりなんで老人が名前を言いたがらなかったのか全然わかんない)なんだが,訳者の安浦さんはこれのどこが笑えるのかをネイティブに訊いてみたんだそうな。その答えは「なんとなく語感が滑稽だ」。
 ……なぁるほど,つまりこれは日本で言えば「ちょうちん屋ぶら右衛門」とか「治武田治武右衛門」(どっちも落語の登場人物)とかつう感じの名前なのか,そうかそうかと深く納得。ところでこれまた解説で知ったのだが,本家英国ではこれ,TVシリーズも作られていたんだね。映画化を当て込んで日本でも発売された。世にもチープな造りらしいが「銀河ヒッチハイク・ガイド/TVシリーズ全6話」かぁ。うう,買ってしまいそうである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

42

2017/05/07 17:16

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あづさ - この投稿者のレビュー一覧を見る

以前、検索するだけでなく人間のように考えて答えを示してくれるというサイトに、一番答えられそうもない質問をしてみました。その答えが42でした。なぜ??とずっと気にかかっていたのですが、どうもその出典が、この作品だったみたいで、長年の疑問に終止符を打つことができて、スッキリしました。真面目さを思いっきり排除して面白さを追求した作品です。でも、実は深い洞察があるのかも。。原作の英語でも読んでみたいと思いました。hontoさんのサイトで買えるのかな??

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

銀河ヒッチハイクガイド

2015/12/21 07:46

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:江戸川コナン - この投稿者のレビュー一覧を見る

huluで映画を見て、面白いなあと思ってAmazonで調べたら原作本があることに気づき、即買いました。映画よりこっちの方がユーモラスでとても良い作品でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ナルホド、わからんww

2015/10/26 22:47

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:初心者 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ドラマSHERLOCKのワトソン役マーティン・フリーマンがこの本が原作の映画に出演したと知って、へえと思って読んでみました。
基本的にSFあんまり得意じゃないし、海外のユーモアってちょっと笑い所がわからないしで、あまり期待してなかったんですが、すごい面白かった!平凡な地球人アーサー・デントの変な友人は実は宇宙人でした、という所から始まり、全く予想のつかない方向へ次々と展開。かといってハラハラドキドキというわけでもない、ふしぎな読み心地です。
表紙のクジラとか全く注目してなかったんですが、ちゃんと出てきました。続編も楽しみ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

イギリス人SF作家による世界でベストセラーを記録した大人気超大作の始まりです!

2020/05/18 10:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、イギリスのSF作家ダグラス・アダムズ氏の超大作シリーズ『銀河ヒッチハイク・ガイド』シリーズ(正編3作、続編2作、外伝1作、全6作)の第1巻です。内容は、地球が銀河ハイウェイの建設予定地に当たるというので、工事開始に伴って取り壊されます。実は、地球を破壊することは、アルファ・ケンタウリにある出張所に地球年で50年前から公示されていたのです。ところが、地球上の生命体で一番賢いと思っていた人間はそのことを知りませんでした。反対に、地球上のイルカはそれを知っていて、期限までに地球上を立ち退いていたのです。その際、親切にも人間にその事実を教えてくれたのですが、人間は愚かにもイルカの言っていることを理解できなかっのです。果たして、人間はどうなっていくのでしょうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

笑えない現実は、もう笑うしかない

2008/03/10 23:10

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:つきこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公の前にはお先真っ暗の現実が待っていた。何といってもある日突然、地球が消滅してしまうのですから。そして主人公は真空の宇宙へと投げ出される。地球人と信じていた宇宙人と、「銀河ヒッチハイク・ガイド」という本とともに。さあそこから宇宙ヒッチハイクの旅の始まりです。

笑えます。目の覚めるような馬鹿馬鹿しさに、思いっきり脱力します。だが深い。解説によるとSF界では古典的傑作とされる、シュールでブラックなドタバタSFコメディ。原書はもう四半世紀以上も前にイギリスで出版され、今でもカルト的な人気を誇るシリーズ第一作です。SF特有の難解な世界観とは無縁なので、SF嫌いの人でもとっつきやすいはずです。

あらすじを説明するのは困難です。登場人物はみんな個性的。すじを説明したところで、何の意味もない。意表をつく展開を味わい、台詞や行間に散りばめられた皮肉や深遠な真理に触れるには、やはり手にとってもらわなければならない。そして何度も読み返したくなる。そんな本です。笑いをとるのは、深刻ぶるよりもっと難しい。笑うもよし、考えるのもよし。含蓄に富んだ英国的ジョークが満載です。

人生、宇宙、すべての答えは?

こんな問いが世界中の人を巻き込む、知的遊戯に満ちた一冊です。頭の固い人にはお薦めできません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

星間ヒッチハイクには、大きめのバスタオルと『銀河ヒッチハイク・ガイド』を。 そして「パニクるな」

2012/03/20 19:27

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:toku - この投稿者のレビュー一覧を見る

 大地は広い。
 そういう訳でバイパス建設は不可欠。
 その予定ルートにある建造物は、取り壊しの対象となる。
 アーサーの家もそのひとつ。

 知らなかった?
 それはあなたが悪い。
 バイパス建設計画書は、九ヶ月も前から張り出してあったはず。
 地元の設計課の、電灯が切れて、階段も切れた地下の、使用禁止で、ドアに『ヒョウに注意』と張り紙のあるトイレに突っ込まれた、鍵のかかったキャビネットの一番底に。

 銀河は広い。
 そういう訳で銀河にもバイパス建設が不可欠。
 その予定ルートにある星は、取り壊しの対象となる。
 地球もその星のひとつ。

 知らなかった?
 それはあなた方が悪い。
 バイパス建設計画書は、五十年も前から張り出してあったはず。
 たった四光年しか離れていない、最寄りの銀河超空間土木建築課アルファ・ケンタウリの出張所に。

 かくして、アーサーの家は取り壊され、そのあと地球は二分足らずで消滅した。

 * * *
 こんなお役所風刺から始まる本書は、ドタバタSFコメディー。
 地球の生き残りアーサーと、『銀河ヒッチハイク・ガイド』の現地調査員フォードの、手に汗握るヒッチハイクの物語。

 こんなバカバカしくて面白い作品を、何で今まで知らなかったんだろう。
 言葉遊びの部分は【訳者あとがき】を読んで納得するとして、個性的すぎるキャラクターに目が離せなくなる。

 ヴォゴン人は宇宙で三番目に恐ろしい詩を奏でる。
「おお、ふるぶるの爛れなげれし洟汁よ……」
 その詩に身をのけぞらせ、絶叫するフォード。
 その隣で晴れやかに感想を述べるアーサー。

 顔が二つで腕三つ、頭のネジが完全に飛んでいると評され、権力から人目をそらす事が役目の銀河帝国大統領ゼイフォード(満200歳)。
「人間そっくりの人格を持ったロボットをつくろう」とつくられた、陰気で鬱でネガティブ思考のロボット・マーヴィン。

 こんなユニークなキャラクターたちが作り上げる真剣なくだらなさに、顔のニヤけが止まらない。

 ところが、この一見バカバカしい物語の中にも、森羅万象の普遍的な疑問が提示されている。
『生命、宇宙、その他もろもろについての深遠なる疑問』
 物語では、スーパーコンピューターをもってしても、その答えを得るのに750万年かかった。

 しかし幸運にも、現実世界ではグーグルの電卓機能によって、瞬時にその答えが導き出される。
 その深遠なる疑問の答えを知りたい人は、検索窓に、
『生命、宇宙、その他もろもろの回答』
 と入力してみよう。
 その驚愕の回答に、本書を手に取らずにはいられなくなるだろう。

 * * *
 本書の訳文は、少々リズムが悪いのに加え、真面目に読んでいいのか、ジョークとして読んでいいのか戸惑う部分がある。
 そのため、コメディーを十分堪能できないのが残念だった。
 ただ翻訳ものにありがちな、日本語の違和感がないため、何度か読むことで味わいが広がってくることだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/11/14 13:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/12 21:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/06 19:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/03 00:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/04 06:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/17 13:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/04/25 01:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/08 16:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。