サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「ブックツリーで読む最近の文学賞」ポイント5倍キャンペーン(~3/27)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

黄泉路の犬(TOKUMA NOVELS(トクマノベルズ))
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
新書

紙の本

黄泉路の犬 (Tokuma novels 南方署強行犯係)

著者 近藤 史恵 (著)

パシリでヘタレな新米刑事・圭司と、唐突で愛想なしの女性刑事・黒岩のコンビが、今度は愛犬誘拐の犯人に迫る。アニマル・ホーダーの心の闇。犬と猫たちを必要以上に愛してしまった人...

もっと見る

黄泉路の犬 (Tokuma novels 南方署強行犯係)

885(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

パシリでヘタレな新米刑事・圭司と、唐突で愛想なしの女性刑事・黒岩のコンビが、今度は愛犬誘拐の犯人に迫る。アニマル・ホーダーの心の闇。犬と猫たちを必要以上に愛してしまった人たちの悲劇とは…。シリーズ第2弾。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

近藤 史恵

略歴
〈近藤史恵〉1969年生まれ。大阪芸術大学文芸学科卒業。「凍える島」で鮎川哲也賞を受賞し、作家デビュー。主な著書に「モップの精は深夜に現れる」「賢者はベンチで思索する」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

あまりにも悲しい、ペット絡みの犯罪。

2005/09/20 17:06

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カルバドス - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ペットが絡んだ犯罪というのは、どうしてこうも悲しいのだろう。言語を使用する会話は成り立たず、行動でしか自らを表せないペットに対し、人間は大概にして生殺与奪権を持っていると思い込む。だが、ペットの命はペットのものであり、人間がどうこうしてよいものではない。家族同然との考えを“人間と同じように”と勘違いするのもどうかと思うが、命あるものである以上、真剣に付き合わなければならない。
 新米刑事と女性刑事がコンビを組む第二弾は、窃盗と殺人とペットを取り巻く状況とが複雑に絡み合う。二人が足を踏み入れた現場の描写には、思わず目をそらしたくなってしまうだろう。何匹もの犬や猫が一カ所に閉じ込められ、ひどい怪我や病気もほったらかしで、更に、どうしようもない飢えから共食いまでしているというのだから。正視に耐えない惨状というのは、こうした状況を指すに違いない。
 一作目ではクールビューティーとの印象が強かった女性刑事の黒岩は、本書でも期待を裏切らずに格好イイ。今回はプライベートで少々特殊な状況に我が身をおくことになり、その際に見せる女性的な母性愛が男心をくすぐる。前作から引き続き登場する新米刑事の兄が、相変わらず彼女に恋し続けているというのも、十分に頷けるというものだ。
 ペットが絡んだ犯罪を描いた本編もさることながら、作者と愛犬の関係から現在のペット事情にまで言及しているあとがきも、不況の割には飽食の現代日本を象徴しているようで興味深い。徹頭徹尾“ペット”がテーマの、悲しいミステリである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

普通だったら★★★★です。悪くありません。でも、感動がないんですね。私なら最後に救いを置きます。それがない。近藤ならもっと書ける、そういう思いを込めて★三つ

2005/12/09 19:50

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ともかく、イラストが可愛い。表のカバーでは、黒岩の前に少年と犬が置かれていて分り難いけれど、裏のカバーイラストでは、黒岩がいなくなって極めてシンプルな構図。こうやってみると少年・犬図の素晴らしさがヒシヒシと伝わってきます。でも、犬の右にいる少年は誰でしょう。いや、この犬はなに?もしかして雄哉くんとハリー?それって、アリエネーでしょう。それとねえ、本名だったらゴメンサナサイ!なんだけど、あるま・じろう、と百足屋ユウコ(ムシカゴグラフィクス)ってのもねえ・・・
カバー折り返しの内容紹介は
「どんな職場にも忙しい時期と暇な時期がある。珍しいことに南方署は暇だった。圭司がここに配属されてから既に三ヶ月。同僚の黒岩から、いきなり文庫本を渡されページを開けという。真中あたりを開くと83ページ、八+三でインケツ、會川君の負けといわれてしまう。なんとオイチョで四人分のジュースを買いに行かされるはめに。いまやヘタレだけではなく、パシリにされてしまう。そんなときに事件は起こった。東中島で強盗、家にいた姉妹に刃物をつきつけて脅し、二万円を奪取。でも、それだけじゃない。可愛がっていたチワワも取られたという。事件はそのままになったかと思われたが、二ヵ月後、思わぬところから顔を出したのだった!」
主人公は黒岩といいたいですが、會川圭司でしょうね。南方署勤務で、刑事課に配属されて三ヶ月、一応新米刑事と書いてあるせいか、仕事よりは私事優先、頭の中は恋愛以外殆ど空っぽ。で、人がいいのか捨ててある猫などを見ると可哀想で、家のことなど考えずに自分の所に連れて行ってしまう、そういう性格、ヘタレです。
近藤はそう描いていないつもりかもしれませんが、私にはそうとしか思えません。で、その相棒というのが黒岩。名前や年齢が書かれていないのは、前作『南方署強行犯係 狼の寓話』(2003)を読め、ということなんでしょうか。でも、そちらにも容姿を含めて詳細は描かれていません。なぜでしょうね?その黒岩には優しい恋人がいて、名前は智久。それから雄哉という少年も絡んできます。
後先になりますが、圭司は同じ警察官で淡路中央交番勤務の巡査である兄・宗司と猫の太郎の二人と一匹暮しをしています。で、この兄は弟の相棒である黒岩のことが好きという設定です。母親は43歳の美紀、女手一つで男の子二人を育て上げた、今でも30代で通りそうな女性ですが活躍の度合いは前作に比べて少ないです。
で、出版は前作から二年経っていますが、時間的には三ヶ月も経っていません。ですから、近藤の頭には「読者には余分な解説は不要」という判断があるのかもしれません。でも、繰り返しますが二年ていうのは、私には傑作以外は殆ど忘れ去るのに十分な時間なんですね。ですから、もう少しお浚い部分があってもいいかな、って思いますね。
しかもです、この本のカバー折り返しにある著者略歴には前作『南方署強行犯係 狼の寓話』の記載がないんですね。本の巻末についているノベルズ一覧の一番最初に書いてあるんですが、マニアでないかぎり読みませんよ、そんなところ。となると、初めてこの本で近藤史恵作品を読み始める人には、この作品は極めて不親切、ってことになります。
聡明な近藤にそれがわからないはずがありません。となると、この前作に触れることすらしないカバー案内や著者紹介は、ヒデーなあ、徳間書店よ、カバーしろよ!って思うんですね、ワタシ。お話は、途中で、こうならなければいいなあと思っていた展開になっちゃって、すこし残念ですが社会に対する視線などはいかにも現代的。
最後に、構成ですが序章、第一章 地獄、疑惑、迷走、停滞、嗚咽、終章、あとがき、となってますけど、あとがきは最後に読んだほうがいいですね、このお話のバヤイ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/10/07 22:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/13 20:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/03 12:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/09 11:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/26 14:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/30 10:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/31 01:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/27 22:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/18 23:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/06 00:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/13 20:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/12 21:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/20 04:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。