サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

空色勾玉(TOKUMA NOVELS(トクマノベルズ))
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 95件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

空色勾玉 (Tokuma novels Edge)

著者 荻原 規子 (作)

神々が地上を歩いていた古代の日本。闇の巫女姫と生まれながら光を愛する「水の乙女」狭也と、輝の宮の神殿に縛められ地底の女神の夢を見ていた「風の若子」稚羽矢の、運命の恋を描く...

もっと見る

空色勾玉 (Tokuma novels Edge)

1,028(税込)

ポイント :9pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

神々が地上を歩いていた古代の日本。闇の巫女姫と生まれながら光を愛する「水の乙女」狭也と、輝の宮の神殿に縛められ地底の女神の夢を見ていた「風の若子」稚羽矢の、運命の恋を描くファンタジー。〔1996年刊の再刊〕【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

荻原 規子

略歴
〈荻原規子〉88年「空色勾玉」でデビュー。著書「薄紅天女」で赤い鳥文学賞受賞。他の作品に「西の善き魔女」シリーズ、「これは王国のかぎ」「樹上のゆりかご」「風神秘抄」などがある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー95件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

古事記に対向できるかも?

2008/07/02 15:22

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:菊理媛 - この投稿者のレビュー一覧を見る

執筆を生業としている人というのは、最初からそうなるべくしてなるのだなとつくづく思った。それは、この作品が処女作だと書いてあったからだ。一番最初に書いた作品で、こういうのが書けるのかと思うと驚いてしまう。作家は作家に生まれつくものなのだなと思った。
実を言うと、甚だ失礼な経緯でこの本を手にとった。作者、ファンの方には「ごめんなさい」と言わなければならないかもしれない。それは、ある日「荻原規子、小野不由美、上橋菜穂子の三人は日本ファンタジー界の三羽烏…」という一文を目にした。小野、上橋両先生の作品はとても面白く読ませていただいたので、「これは荻原さんのも読んでみねばね♪」という理由で本を探した。
後で思い出したのだが、上橋さんの作品も「小野と双璧…」とかいう、何処ぞの文章を見てたどり着いたものだったので、順番はどうあれ、系列としては自然な流れだったと、そう考えればさして失礼でもないことだったとも言えるかと自分勝手に思い至る。
とはいえ、どの作品を先に手に取るかは運というものだろう。まして、先に読んだ作品の方が優れているというものでもない。もちろん、後から読んだ方が優れているというものでも決して無い。ただし、先に読んだ作品は「この手の本をもっと読みたい」という欲求を生んだと言える点、「日本のファンタジーも捨てたもんじゃない」と思わせてくれた点においては、優れた作品と言えるように思う。
そういう経緯はともかくとして、さて本作品である。先の二先生の作品と比べると、少しばかり「少女漫画」気が強い気がするのは事実である。思い浮かぶ絵も、目の中に星が輝き、バックに花を背負って登場しそうな登場人物が多い。(と言うと失礼なのか?)
輝の御子に至っては、照日の女神と月代の神のニ柱は太陽と月の双子であり、きらきらで然るべきだろう。「天照と月読み、須佐之男の三兄弟(姉とかくべきか?)をモデルにしているのではない」と書いてあったが、この作品に描かれる三兄弟の関係性の方が信憑性がありそうな気がしてくるほど、うまい人物描写だと思った。
神は人とは違う。その倫理も、善悪の判断基準も、そして心情の変化さへも。人が理解できないような残酷な事を平然と行う代わりに、人なら怒るだろうと思うような仕打ちにも平然と耐える。感情が表現されていないわけでもないのに、その感情が激しくはあっても人離れしている様を、とてもうまく表していて、面白かった。あえて言うなら、輝の大神と、闇の女神が比較的人間らしかったかなと思った。
とても面白かったので、三部作の残り二作も早々に手に入れたいと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

神話世界の空気が感じられる

2006/07/01 14:11

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にい - この投稿者のレビュー一覧を見る

古代日本神話的ファンタジーストーリー
木々や水、風など美しい世界がまざまざと見えてくる
まず世界ありきで、その世界観のなかにあるからこそキャラクターの思いや葛藤がある
キャラクターをメインにした派手なバトルや大恋愛のようなストーリーではないが、美しい世界の中で素朴な人々と神々の思いが交錯し綾なす原型的な物語

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/04/25 23:47

投稿元:ブクログ

荻原さんのデビュー作であり勾玉三部作の一作目。そのノベルス版です。この作品で初めて荻原さんの小説を読みました。題材が日本神話を思わせ、非常に面白かったです。日本神話にもこんな風なやりとりがあれば……なんて、そんなことを思ってしまうような優しいエピソードも。素敵です。

2006/06/24 00:56

投稿元:ブクログ

和製ファンタジーと言ったら、必ず名前の上がる名作、勾玉三部作の一作目です。
世界観の設定が面白い。それに基づくキャラクター付けで、物語の深みが増しています。
物語のラストも、最後の最後でぎゅぎゅっと纏め上げて爽快でした。

2010/05/18 16:41

投稿元:ブクログ

なるほどね~。  記紀をベースにしてこんな物語が描けるんですねぇ・・・・・。  興味があってもなかなか読み進めるのには骨が折れる「古事記」や「日本書紀」の世界。  日本人としてきちんと読んで知っておきたいという想いを抱くことがあっても、結構途中で挫折しちゃう人って多いんじゃないかと思うんですよね。  かくいう KiKi もその1人なのですけど・・・・・ ^^;  KiKi の場合、あちらで挫折しちゃう1つの大きな理由は「読みにくい人名」にあるんですけど、この「空色勾玉」は同じ「カミサマ」の名前であっても文字数が少ない分読みやすい!(笑)  

よくロシア文学の人名が長すぎるうえに○○スキーばっかりでわかりにくいっていう話を聞くけれど、あちらは外国物だと思うとまだ我慢できる KiKi も日本人名にも関わらず漢字が読みづらくて、ついでに誰も彼もが「○○のオオキミ」とか「○○の××ヒメ」とか「△△の××のミコト」っていうのはホント読みづらいんですよね~。  しかも現代人からすると当て字に見えなくもないような漢字が含まれている分タチが悪いんですよぉ。

とは言うものの、複雑怪奇な人名を不心得ながら適当に「太郎君」とか「次郎君」に変えて読むとそこに美しい物語が浮かび上がってくるのが我が日本神話のもったいないところ・・・・・と常々感じている KiKi にとって、この物語は読んでいてとても楽しいものでした。  日本の風土から生まれた自然描写の巧みさ、色重ねの美しさ、そして各章の扉に書かれる五七調の和歌・短歌の世界。  こういう物語を読むと「日本って捨てたもんじゃない!」と妙な自信にも似た想いがわきあがってきます(笑)  日本人の感性だからこそ深く味わうことができる世界がそこかしこに広がっています。

(全文はブログにて)

2005/09/23 12:00

投稿元:ブクログ

勾玉3部作の1番最初の本で私は1番好きです。特に稚羽矢が好きです。神話大好きの私にとってはとても楽しい本です。

2006/02/11 02:15

投稿元:ブクログ

日本神話を舞台にした光と闇のファンタジー。闇の一族に生まれながらも輝く不死に憧れる少女、狭也。光の末子として生まれながらも奥宮に封じられて闇を夢見る稚羽矢。争う光と闇の戦いの中で、翻弄されながらも二人は互いを見出していくのです。お互いが有ることで成長していく姿が、不器用で微笑ましくもあります。当初、狭也の方が活動的で稚羽矢がぼーっとしているのですが、最後近くなると狭也が悩んだ挙げ句動きがとれなくなり、稚羽矢が自分で動くことを覚えるのが、なんだかとてもらしいと思いました。

2009/10/03 19:37

投稿元:ブクログ

昔から大好きな勾玉シリーズ第一巻の新書版。これなら電車の中でも読めるので早速買ってみました。
神代の時代のものがたりですが、遠い他人事のような物語じゃなくてもっと身近に感じられるストーリーです。
勾玉シリーズは、登場人物がみんなかわいくて好きです。

2006/08/21 09:54

投稿元:ブクログ

ノベルズ版になって復刻されていたので、懐かしくなって購入。大昔に読んだ時はもっと物語の中に引き込まれた気がしたのだが…いろいろ読んで目が肥えてしまったのか。デビュー作にしては出来がよいと思うけれど。続巻の方が日本神話色が強いとの噂なので、期待。

2005/10/05 16:09

投稿元:ブクログ

美しい表紙絵に惹かれて購入。最初は分厚い本だと思いましたが、読んでみると面白いので気になりませんでした。照日王と月代王の姉弟が結構好きだったりします。

2008/04/13 10:40

投稿元:ブクログ

昔やってた進研ゼミのオススメ本紹介で見て、図書館で借りて、そのときは「うお〜久しぶりにおもしろい本に出会った〜!」って思ってました。
んで、新書版が出てたから「おお!?」と思って買ったらイマイチ。
大人になったからかな〜。
記憶の中でおもしろいって思い込みすぎてたからかなあ〜。

2007/01/09 14:07

投稿元:ブクログ

勾玉3部作、やっと読めたー! ラストの稚羽矢の一言もいい感じでしたが、思わず泣いた場面は伊吹王の再登場。なんでや。

2006/04/22 02:22

投稿元:ブクログ

日本神話を下敷きにした素晴らしい和風ファンタジー。特に、10〜15歳の女の子が読むと共感度は高いかも。【借読】

2006/01/16 11:38

投稿元:ブクログ

神代の時代、幼い日の悪夢に悩まされ続ける狭也。そんな彼女の前に「迎えにきた」という者たちが現れ…。 日本神話に興味がある方には一読をオススメします。日本を舞台にしたハイ・ファンタジー。勾玉3部作の第一作目。近年は舞台化もされました。私が最初に読んだのはハードカバー版ですが、購入はノベルズ版。小・中学生の頃にこれを読んでいればもう少し歴史の勉強に身が入っただろうなぁ(笑)照日命と月読命のご姉弟がステキです。

2006/01/17 18:07

投稿元:ブクログ

 神話を下敷きにした物語は大好きだけど、いつからだろうと思っていたら勾玉に辿り着きました。
 なんというか、天照大神もそうだけど、照日の意固地なところがたまらない。あの双子はかなり好きです。ひょっとしたら主人公たちよりも(好きすぎです)。

男性向け ランキング

男性向けのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む