サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~8/31

 夏の全額hontoポイントバックキャンペーン(~9/26)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.10
  • 出版社: 徳間書店
  • レーベル: 徳間文庫
  • サイズ:16cm/805p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-19-892313-2
文庫

紙の本

竜とわれらの時代 (徳間文庫)

著者 川端 裕人 (著)

竜とわれらの時代 (徳間文庫)

税込 1,257 11pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

恐竜って最高にドラマチック

2007/03/11 20:54

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SlowBird - この投稿者のレビュー一覧を見る

恐竜の研究という夢を追って実現させた少年、あるいは世界最大級の恐竜の化石が日本で発掘される、どの側面をとってもドラマチックな物語なのだが、現代において恐竜にはもっと深い意味が内在されていたという設定から、さらに世界中を震撼させる大事件へと発展してしまう。
そもそも恐竜研究の多くの部分は進化論に依拠していて、爬虫類、鳥類、哺乳類などを繋ぐリンクとして、さらに恐竜自身の進化の体系としても魅力を放っている。しかしその進化論について世界の中には反感を持っている人々が存在する。そして「(現代において)恐竜とはアメリカである」という主観的感情移入、つまり巨大で、覇権を持つものとして認める意識が重なる。そして恐竜研究自体が、魅力的なビッグプロジェクトでもある。そういった要素がこのストーリーの外骨格を決めていく。
北陸の山間のテトリの里での世界最大級の恐竜化石の発掘と、その夢のためにアメリカ留学する主人公がストーリーの柱だが、その博士課程の研究室の仲間は、ロシアやイスラム圏からの留学生で、そういった人材を受け入れるのも、そこに軋轢が生じてくるのもまた、恐竜アメリカの巨きさでもある。発掘が開始されると、秘かに準備されていた罠が次々と発火する。もっとも純粋な研究者タイプと思われる主人公も、その政治性にしぶとく適応していく。
従来理論を(進化論に基づく研究手法まで含めて)覆そうとする若手研究者、村おこしのために恐竜をテーマにしたイベント開催に奔走する若者たち、原発問題に揺れる地元で「(滅びゆくものとして)原発は恐竜」という意識に立つジャーナリスト、そして里に古くから伝わる竜伝説と竜神様の祠を一心に守る老婆。恐竜というテーマに関連付けて、よくもまあこれだけと思うほどの面白いネタを集めて、それは面白いというだけでなく、現代日本の課題を炙り出してもいる。そして本作はちょうど2001年9.11を挟んで書かれたという、そこで生じた世界に対する問題意識も当然反映されている。架空の設定と、緻密な調査に基づく科学的社会的背景を混合させた上で、こんなとんでもない大風呂敷を広げてきれいに収束してしまうのだから、凄まじく面白いという以外に形容のしようがないのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/02/11 01:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/22 07:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/11 13:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/07 21:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/25 20:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/23 14:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。