サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

私たちのお弁当
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 99件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.9
  • 出版社: マガジンハウス
  • サイズ:21cm/127p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8387-1615-X
  • 国内送料無料

紙の本

私たちのお弁当 (クウネルの本)

著者 クウネルお弁当隊 (編)

さまざまな47人のお弁当を紹介。自分の好きなおかずを入れる、味はとりどりだが栄養の帳尻も合わせるなど、12の約束を実践。お弁当は冷めていてもあたたかい。雑誌『クウネル』連...

もっと見る

私たちのお弁当 (クウネルの本)

1,404(税込)

ポイント :13pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

さまざまな47人のお弁当を紹介。自分の好きなおかずを入れる、味はとりどりだが栄養の帳尻も合わせるなど、12の約束を実践。お弁当は冷めていてもあたたかい。雑誌『クウネル』連載中の「エブリデイ・マイ弁当」を再編集。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店広島駅前店

お弁当の蓋を開ける瞬...

ジュンク堂書店広島駅前店さん

お弁当の蓋を開ける瞬間のドキドキ、ワクワク感は、人の家に行った時の少しドキドキするけど、楽しみな感覚と似ている気がします。限られた中で、その家ならではのおかずや、その人の好物が詰め込まれたお弁当は、まるで部屋の間取りのように見えます。
レシピ本というよりは、47人のお弁当の写真がメインの1冊ですが、1つとして同じものはなく、どれも本当においしそうなものばかりです。
この本を読みながら、今日のお弁当はどんなだろうときっと今日もお昼の時間が楽しみになるはずです。
おすすめです。
広島駅前店 実用担当

ジュンク堂書店福岡店

本を開くと広がるお弁...

ジュンク堂書店福岡店さん

本を開くと広がるお弁当箱の中の小さな世界!十人十色のそれらは、眺めているだけですごく楽しい気分になります。

また、実際に作るときにも、基本的なお弁当の知恵や、ひとりひとりが惜しみなく教えてくれるおかず作りのコツが役に立ちます。そしてなによりお弁当レイアウトの参考としてかなり実用的だと思います(これは意外と類書がない!)。

ぜひ、読んで、作って、食べてみて下さい。

ジュンク堂書店福岡店 実用書担当 かわそえ。

みんなのレビュー99件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

「お弁当は冷めていてもあたたかい」味わい深い、こだわりの一冊

2010/03/07 09:46

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きゃべつちょうちょ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 
 何度も繰り返し使う料理本って、じつは少ない。
 そんな中で この本は本当に大好きで何度も読み返してしまう。
 そう。見返すのではなくて読み返す。
 さらっと捲ってもいつの間にかじっくり読んでしまう。
 そこにはお弁当のレシピだけではなく、それをつくる人たちの
 物語があるから。

 実用書としてももちろん使い勝手がよい。
 さくらえびときゅうりのお稲荷さんは
 こじゃれていて美味しかったし、表紙のお弁当は、つくってみると
 しぐれ煮とそら豆の味のコンビネーションに顔がほころんだ。

 この本では、色々な仕事を持ち日々を生きる人たちの、
 お弁当に対するこだわりや工夫が綴られる。
 常備菜や詰め方など参考になるものがいっぱい。
 たとえば、10分でできる!とか、材料はこれだけ!
 と強調するわりにはつくってみると矛盾するような
 不安要素はなし。主張すぎない上品さがいい。
 素材や組み合わせにも普通っぽさが感じられて
 ほかの料理本に比べると それが新鮮である。
 料理をあまり得意としない人にも
 「これならできそう」「これでもいいんだ」と
 お弁当作りのハードルをさげて、テンションをあげてくれる。
 読み終わるとほっこりできるのもいい。 
 
 自分らしさに溢れたお弁当ができあがり、
 ふたを開けて食べるときの、あのわくわくする気持ちって
 本当にいいものです。本の中に出てくる
 「お弁当は冷めていてもあたたかい」という言葉が
 すごくすとんと胸に落ちた。


 好評を博して「もっと!私たちのお弁当」も発売されている。
 このシリーズ、長い時間をかけてスタンダードになりそうな気がする。
 
 
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大人になったら覗けない

2015/09/30 20:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:KALAKUTA - この投稿者のレビュー一覧を見る

気になる人のお弁当箱が堂々と覗けます!
参考になるレシピやアイデアには付箋を付けて。
毎日のお弁当作りが少し楽しくなりました。
続編にいくにつれ凝った内容になっていくので、
先ずこちらから揃えるのをオススメします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/10/13 13:09

投稿元:ブクログ

ああ、こう言うお弁当もありか、とストレスから脱却。料理が出来ないヒトには参考にならない不親切さもスキ。

2015/12/11 12:47

投稿元:ブクログ

なんか素朴というかやや質素なイメージ。どんなに時間がなくても手抜きでも、食べる前から底が見えてるお弁当はいやだなあ。

2006/08/20 00:46

投稿元:ブクログ

最近またやってきたお弁当ブームに刺激を与えてくれた。周りに弁当持参派はいないし(仕事柄しょうがないが)これまでのお弁当生活の中でも、人のお弁当をまじまじと見ることは無かった。だからこそ、こういう他人のお弁当が覗けるのが楽しかった。自由奔放に、食べたいものを詰め合わせればいいのだと肩の力も抜けた。レシピ本ではないが、ビジュアル的にかなり楽しめた。

2006/06/12 10:41

投稿元:ブクログ

クウネルでいつも楽しみにしているのが、このお弁当の連載。
この本は、出版が決まった時から気になってました。
でも、一応実物を見てから購入するか判断しようと買い渋ってましたが、本屋でペラペラ捲ったら、もう即決。
お弁当がテーマの本は、一般的にレシピが中心。
私が求めているのは、弁当箱という限られた空間を、何でどう埋めるのかって事。
どんな人がどんな所にこだわってお弁当を作っているのかっていう背景を知りたい。
あと、デザインとしてお弁当をただ眺めたいだけなので、レシピは不要だったりします。
そんな私は、本格お弁当生活を計画していまして、京都でも弁当箱を2つ程購入したわけですが、この本はものすごく参考になりそう。

2014/01/11 16:03

投稿元:ブクログ

レシピ本っていうのじゃなくて、色んな職業の人のお弁当が載っていてたのしい。とにかく皆お弁当を愛している?気持ちが伝わってきて、自分も同じなので嬉しくなった。
お弁当を愛するだけでなく、パートナーや、子供や、親や、上司や、周りの人への愛もところどころ混ざっていて、色々なものが入っている楽しいお弁当みたいな本です。

2008/04/18 22:39

投稿元:ブクログ

料理本のいいところは、「作れそうだな!」とやる気にさせてくれることと新鮮なアイディアに気づかせてくれるところ。ついマンネリしがちな料理が楽しくなります。お弁当作りに行き詰っていたので参考にしたくて読みました。クウネルという大好きな雑誌のワンコーナーを1冊にまとめたものです。

2009/09/26 23:46

投稿元:ブクログ

図書館で借りて何度も読んでる。いっそ買ってしまおうか。おかずの数とか詰め方とか、気取らずおいしそう。ぎゅぎゅっとおいしいものが詰まってる、こういう弁当を目指したい。

2005/10/27 21:37

投稿元:ブクログ

愛着のある箱の中は、ぎっしり詰まったおかずで、さながら小宇宙かアートのよう。文章も充実していて、普通の人々の仕事や、家庭、そして日常生活のこだわりが浮かび上がってくる。お弁当という一つの習慣を通して、その人の生活が透けて見える本です。

2007/08/21 04:39

投稿元:ブクログ

人のお弁当をじっくり見られる機会ってあんまり無いから、すごく新鮮でした。
すごい、いろんなバリエーションに驚きです。

前日つくったカレーのホットサンドがおいしそうでした。

2006/08/31 19:50

投稿元:ブクログ

夜、酒を飲むことが多いので、昼弁当生活に転換しようと決意。
2006/9/1明日決行毛だらけ猫灰だらけ。

2005/09/27 22:41

投稿元:ブクログ

プロのお弁当本もいいけれど、素人さん(と呼べない人もいましたが)のお弁当もとっても楽しい!おかずのつめ方やおいしく作るコツなどいろんなヒントが満載です。うーなごむ。

2005/10/10 22:16

投稿元:ブクログ

普通のお弁当の本と違って、詳しくレシピが載ってるわけではないですが、クウネルのこのコーナーが結構すきだったので即買い。

2012/02/18 21:15

投稿元:ブクログ

読んでいるとお弁当作りのモチベーションが上がる。結局、シンプルで気負いすぎずに作れるものが、飽きずに食べられて作り続けられるものなんだろうなぁ。

料理レシピ ランキング

料理レシピのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む