サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

シャングリ・ラ
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 101件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.9
  • 出版社: 角川書店
  • サイズ:20cm/592p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-04-873640-X
  • 国内送料無料

紙の本

シャングリ・ラ

著者 池上 永一 (著)

熱帯となった東京。都心の気温を下げるために東京は世界最大の森林都市へと生まれ変わる。しかし地上は難民で溢れ、積層都市アトラスに居住できる者は僅かだった…。地球再生の物語。...

もっと見る

シャングリ・ラ

2,052(税込)

ポイント :19pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

熱帯となった東京。都心の気温を下げるために東京は世界最大の森林都市へと生まれ変わる。しかし地上は難民で溢れ、積層都市アトラスに居住できる者は僅かだった…。地球再生の物語。月刊『Newtype』連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

池上 永一

略歴
〈池上永一〉1970年沖縄県生まれ。早稲田大学在学中に「バガージマヌパナス」で第6回日本ファンタジーノベル大賞を受賞。「風車祭」が直木賞候補となる。ほかの著書に「レキオス」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー101件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

暴走一歩手前の爽快感

2006/10/24 00:34

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読み人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 去年のSF系とミステリ系の両方にランク・インした話題の本が国内海外それぞれ一冊づつあるのですが、海外は「どんがらがん」で、
国内は、この池上さんの「シャングリ・ラ」なのです。
(実は、このあともう一冊あったことを思い出しました
 「デカルトの密室」です)
 で、本書なんとアニメ雑誌「ニュータイプ」に連載されていたと知り、唖然。
 私、一応アニメファンで、アニメージュとニュータイプは、一応ぱらぱらーっとチェックは、
(興味のあるアニメ記事しか真剣に読んでいません(汗))
いつも入れているのですが、気付いてなかったのです。(汗)
 実は、ニュータイプって、創刊当時から富野さんに「聖戦士ダンバイン」
に出てきた妖精のチャム・ファウの
サイドストーリー「ファウ・ファウ物語」を連載させたり、小説を一本連載させていたのですね。
 でも、全くノーマークでした。
しかも、挿絵に吉田健一さんを起用していたとか、、、、。
二重三重にあせった私ですが、、。あせりつつ読んでみました。
 これ、SFで地球温暖化が進んだ地球で東京は、熱帯地域になっています。
温暖化を食い止めるため、炭素の排出量が、国際的な問題となっていて、
世界の経済は、金や通貨による単位から炭素を基準とした単位に変わっています。
 で、実質炭素と経済炭素とか呼ばれたりしています。
東京は、炭素排出量を押さえるため、極端な緑化をし人々は、恐怖の森と化した地表を
捨て、アトラスと呼ばれる何層にもなる巨大な塔(建築物)に階級分けされて住んでいます。
 これが、世界観というか、基本設定。
しかし、森として捨てられた地表に住むゲリラ組織「メタル・エイジ」のリーダー國子が、
この小説の一応、主人公です。

 ビジョンとか、イメージとか本当に素晴らしく一級品のSFだと思いますが、
キャラクターは、全員暴走系です。
(そんな系あるのか、知りませんが)
國子の母代わりとなった、モモコをはじめ出てくる人、みんな、かなりぶっ飛んでいます。
 そういえば、池上さんの、「レキオス」でも沖縄のおばぁーが、こんな感じだったなぁと
思い出した次第です。

 キャラクターだけ切り出すとこれ、漫画なのですがそうなっていないところに
この小説の理由があります、
 キャラだけにとどまらずその他のストーリー展開も、破綻する一歩手前を
著者の知性と作家としての構成力でどうにか、食い止め、小説として成立させている感じです。
 で、この暴走するキャラとストーリー展開が、読者にドライブ感を与え
ぐいぐい読ませている感じですね。
 これはかなり危うい才能でtryした作家さんみんなが成功するとは、限りませんね
又、受け付けない読者もいるでしょう。
 そして、これ、実は、池上さんの作家としての資質も大きな要因なのですが、
実は、早川の「SFが読みたい!<2006年版>発表!ベストSF2005国内篇・海外篇」
で、池上さんのインタビューが載っていて
(これが、めちゃおもしろなので、皆さん必読です)
雑誌連載中。人気投票が勿論あるわけで、この連載小説の競争相手として
 付録の大友さんの「スティーム・ボーイ」の予告DVDとかエヴァ関連ものとかあり、
流石の池上さんも「こんなのに、勝てないよ」と でその結果
普段よりも、バイアスをかけて、それこそ、オーバードライブ気味に書いて書いて書き上げたのが、
この小説みたいですね、、。
 だから、表現媒体もこのスタイルの一つの要因だったのだと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

80%はキレた女の暴走

2006/10/30 12:25

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:NEO - この投稿者のレビュー一覧を見る

こちらの作品は「このSFがおもしろい」で紹介されていたので、読んでみました。すみません、期待ハズれでした。
《あらすじ/ネタバレなし》
地球温暖化解決のため、二酸化炭素排出量に関税されることになった。世界各国は、二酸化炭素排出量を削減しようと躍起になる。
日本が考え出した解決策は、東京全域を品種改良した木々で埋め尽くし、熱帯雨林とすること。そして、人々は空中に住処を求め、人工地盤の上に都市を作り出したー。
しかし、人工地盤の巨大都市に住めるのは特権階級の人間ばかり。反政府軍と政府軍と自然。三つ巴の争いが、始まっていたー。
この概要だけを読んで、本格的なSFを期待して読んでみました。期待していた方向性というのは「エンダーシリーズ」の重厚さと、「ハイペリオンシリーズ」の爽快感でした。
二酸化炭素排出量に関税、という題材はすっごくイィじゃないですか。それを削減するために東京がジャングルとなり、人々は空中に住居を求める。すっごくおもしろくなりそうな予感がするんですが、女の子がワキャワキャ出てきて大騒ぎして、キレまくって、人を殺しまくって、わーい皆しあわせー!っていう流れでした。大雑把に言うと…
男性が読むと楽しめるのかもしれませんが、女性から見ると「コイツ等アホか…!!」と思ってしまう自分がおり、全く楽しめませんでした。男性から見る女性って、あんなにバカなんですかねー。文庫になるまで待ったほうが良かった。新書で買って損しました。
他には、読んでもらえれば分かると思いますが、CLAMPの「東京バビロン」「X」などで嫌と言うほど見たモチーフが散りばめられています。地下に住まう巫女さんだの、呪われた都市だの、選ばれた御子だの、もう古くねー?っていうモチーフばっかりで辟易しました。
ただ唯一おもしろかったのは、カーボニストという職種の登場です。炭素からとある資材を生み出せるようになったという背景が1つありまして、その炭素量をやりとりする職種が「カーボニスト」です。各国の炭素を買い漁り、高騰したら売りさばくー。この辺りのやりとりは、おもしろかったです。でも、これは20%ぐらい。
この本の80%は、キレた女で出来ています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/11/26 22:55

投稿元:ブクログ

初・池上永一体験。これで良かったんだろうか?最初っから飛ばしすぎたかも。久々に刺激的な小説を読んだ。アニメ(深夜枠の)で見たい。

2006/03/16 09:52

投稿元:ブクログ

こんな世界があったらイヤダナ〜。
女達強すぎます。アマゾネスだよね、殺しても死なないってエイリアン並では?
シガニーは誰だ・・國子ちゃんか。
ご都合主義感があるけど、エンターテイメントとしてよく出来てると思う。

2006/09/05 20:32

投稿元:ブクログ

好みの分かれそうな作品ですねー。が、私は好きです。もう、のっかっていきましたよ。どどーっと。この本の流れに。どんなに荒唐無稽でも、アニメ的でも、関わらずとにかく楽しめました。まぁ、長いので、人に勧めるにははばかられますが、結論、面白かったです。
2006年8月1日読了

2007/09/03 11:43

投稿元:ブクログ

第二次関東大震災で壊滅的打撃を受けた東京は、巨大な構築物「アトラス」を建設し、一部のエリート層及び抽選に当たった住民だけを転居させる政策を取っている。また、この時代、炭素を排出する国家は、国連より炭素税を課税されるため、東京は遺伝子改造された植物による急激な森林化政策が取られている。
 抽選に外れるなどして「アトラス」に転居できない東京の住民は、反政府組織「メタル・エイジ」を組織し、アトラスに抵抗している。
 この未来の東京を舞台にして、「メタル・エイジ」の若きリーダー・國子、アトラスで女官に囲まれ、牛車で移動する謎の公家風少女・美邦、軍人である草薙の3人を中心に、國子の育ての親であるニューハーフ・モモコ、その元同僚・ミーコ、美邦の側近である女医・小夜子、その宿敵である天才・涼子、若き天才カーボニスト(炭素のトレーダー)・香凛、香凛と手を組み、ニューヨークの金融界を牛耳る名時のアルメニア人・タルシャン…など多くの人物が入り乱れる。
 國子率いるメタル・エイジの反乱は成功するのか、美邦の正体は一体何か、アトラス建設の真の目的は何か、などを巡りストーリーは進んで行くのであるが、ともかくページをめくるごとにストーリーは過激さを増してゆく。登場人物のアクションは漫画・アニメ的・ハリウッド映画的にめちゃくちゃであるが、特筆すべきは 登場人物の過剰さであろう。特に美邦の側近である小夜子の喜劇的に暗い過去と、美邦に対する過剰な愛とこれを実現すべく、過剰な行動は驚嘆すべきものである。そして、ミーコの愛情と行動もまた過剰であるし、モモコの國子に対する愛情とアクションも過剰であるし、小夜子の宿敵・涼子のこれまた漫画的、超人ぶりは過剰である。そして、美邦が大いなる愛を受け入れる様は、何故か感動的ですらある。
 そして、最後にこの物語の、とんでもない骨格が明らかになるが、それはここでは決して書けない。
 著者は沖縄人であるが、政治的にバランスを取ったのであろうか。主人公たちの正体は明らかにされるが、それは、いったん否定された後、最終的には肯定され、奇跡的なハッピーエンドを迎えることになるのである。

2007/08/19 21:28

投稿元:ブクログ

面白い要素がいっぱいあるのに、、、
稚拙なシーンがちらほらと出てくるのが
キツカッタです。。。。。

主人公や登場人物が
人間ばなれしたしたことを
どんどん当然のようにやってのける様には、、、、
私は読んでいてドン引きしました。。。

あまりに登場人物らがスーパーマン過ぎて・・・
作品の質を大きく下げてしまっているのが非常に残念でした。。。

表紙のデザインとは全然違って、
稚拙な内容にガッカリでした・・・・。
暇つぶしにはなりました。

2008/08/15 16:31

投稿元:ブクログ

まるで、週刊漫画雑誌の連載を読んでいるかのような圧倒的な速度である。
超高速と圧倒的な情報量で話は進む。
もはやキイワード、<要素>としてこの小説は語ったほうが良い。

セーラー服。武装闘争。テツカブト。
温暖化。ヒートアイランド。スコール。
炭素本位経済。空中炭素固定装置。炭素税。経済炭素/実質炭素
バイオハザード。進化。東京の密林化。
アトラス。第二次関東大震災。東京大空襲。
そして
三種の神器。皇位継承者。<東京>=皇居

である。

温室効果と、グローバル化と、東京の破壊と再生の過去。そして天皇制。
それをごちゃごちゃにまぜてライトな語り口にのせると、この小説ができあがるのである。
60年代のようで、現代の環境問題をはらみ、さらにはグローバル化のスピードをも内包する。
とにかくわけがわからないが、着実に小説家としての直感でこの現代世界の本質を照射してさきどりしているかのような本である。

ところで、後書きで筆者が語るには、「顔のない都市」といわれそのシンボルがよくわからない東京。
しかし、沖縄人(ウチナーンチュ)としての筆者が見た東京のシンボルとは何より皇居の森だという。(新宿御苑、明治神宮、赤坂御所も含まれる)
東京人は森を心に秘めて生きているのだそうだ。

まさに中沢新一理論…。恐るべき共時性である。
早急に中沢の「アースダイバー」を読む必要性を感じた。
さてさて、縄文の思考が色濃く残るという、沖縄人の感じた東京の森と縄文の野生の思考を展開させる、中沢氏との共通性は見つかるのであろうか。


この小説の難点は硬い口がライトでありすぎること。
というか、根本的にこの著者は描写力が優れているとは言い難い。というか下手である。
戦闘シーンなどは、迫力は皆無いっていいほど伝わってこない。
しかし特筆すべきなのは本人さえトランスにはいっているかのようなそのスピード。
流れる、流れる、流れる。

沖方丁のように、/や=で区切ると、逆に自然な文章の読みは妨げられて、そのスピードは落ちてしまうのではないか。
流れる、呼吸と思考に近い文章と文体が、読書のスピードはかぎりなく速くするのではないかと思う。

2006/05/09 13:07

投稿元:ブクログ

面白いのですがとても長かったです、読んでも読んでも終わらないーと感じるくらい。
やっぱりモモコさんに惹かれますねぇ、かっこいい!
最初は理解できない登場人物らもどんどん面白く可愛く見えてきちゃいました。母の愛は何にも勝るようで最後の方は不死身な戦いになってます。
それとブーメランと鞭の威力すごすぎです。
楽しく読めましたが、私には最後までアトラス建設の経緯等がよく理解できませんでした。そのうちもう一回読み直します。

2006/06/08 08:14

投稿元:ブクログ

最近では僕のなかで最もヒットした小説。怪奇SFものとでも言おうか…。好き嫌いははっきり分かれると思います。「メガテン」的であり、「ナウシカ」的であり、壮大な物語。

2006/08/07 13:50

投稿元:ブクログ

石田衣良のブルータワーでは、インフルエンザのウイルスから身を守る為に、滅菌されたタワーに階級ごとに住まい、それから漏れた難民が地上に暮らすって状況だったけど、このお話は、熱帯地帯となってしまった東京の都心を、全て森にすることで歯止めをかけ、アトラスと言う塔に都市部を移転させ、空中都市となった未来の東京・・って荒唐無稽なお話なのだけど、考えられなくもない・・と読みながら思ってしまった・・・



植林したにも関わらず、日本古来の樹木は、熱帯の気候にあわず、遺伝子組み換えされた熱帯の植物が異常繁殖し、温暖化に歯止めをかけるべく策が裏目に出るような出来事が起きたり、超人的な人間が現れたり、レーダーにさえ映らない武器の出現やら人工知能をもったコンピューターが独自の知能を持つようになって暴走したり・・・とにかく盛り沢山!



しかし、長かった・・・

見開き4段、読むのは決して遅い方ではないと思うのだけど、時間、かかってしまった・・・

これ、最後まで、最後って感じなかったから、もしかしたら続編があるかもしれないな。



2014/05/02 12:59

投稿元:ブクログ

草薙は本来、戦う理由のない男だ。だか、正義とか悪とかにこだわる。人は信じたものが正義になるということを彼はまだ知らない。
(P.440)

2006/09/16 20:18

投稿元:ブクログ

SFなのかと思うと、かなりの(村上龍的)ドタバタもあり。個人的には、涼子の登場はいらなかったんじゃないの?と思うけど。無駄に人が死に過ぎる感じもするし。そのせいで多分に漫画的になってしまったんじゃないかな?続編を意識してるのかな?
設定も面白いし、登場人物も魅力的だし、会話は笑えるのに・・・やっぱり不必要な描写、話し(特に小夜子、涼子がでてくるところで)が多すぎる。まじめなのかドタバタなのかよくわかんないという感じでは「半島を出よ」に近いかも。

2006/07/25 21:31

投稿元:ブクログ

少し先の東京。

進む温暖化の対策として、世界は排出する二酸化炭素に比例して課税を行うという決議を採った。
各国は二酸化炭素削減の対策を迫られ、
結果、日本政府はかねてからヒートアイランド現象に悩まされていた東京の一部を放棄し、
都市機能をアトラスと呼ばれる巨大な空中積層都市に移す計画を実行に移した。

それから30年、地上は密林と化した。

ツッコミどころは色々有ると思いますが、なかなか面白そうな始まりでした。
物語は政府のアトラス政策に対立するゲリラの総統(女の子)を軸に、アトラス建造の背景と目的に迫って行きます。

此処までは読む前の感想。
此処からは読んだ感想。

カリスマ的な強い女の子が出てくるのは良いのですけれども、
ブーメランで戦車をぶった切るとか、少々有り得ない展開。

所々、どうにもこうにも陳腐な台詞が出てきたり、
私の運命が分かっちゃったの・・。とか。

戦闘シーンなどは無茶な漫画を読んでいるような感じです。
北斗の拳とか男塾とかそんな感じ?

というか、鞭とブーメランにメスで対抗できる人が何処にいるのさ!

そして、クライマックスに差し掛かるところで確信しました。
これはギャグ漫画だ。

いいですか、いいですか?
その一部分を載せてしまいますよ。
読んで後悔しないように。

「お父さーんっ!」
するとどうだろう。モモコの体がむきむきの筋肉に覆われたではないか。タマを二個貰ったモモコは二十三年ぶりにY染色体の力を蘇らせた。ライダースーツをはち切る筋肉がバルクマッチョへとモモコを変えていく。
男になったとき、モモコの戦闘能力は十倍になる。
「ひぃぃ。おばさんがオヤジになったわ!」

・・・・びっくりだ。
まさか、ハードカバーの単行本読んでてこんな展開になるとは。
Amazonの紹介文を見ていたら、アニメ誌上に連載されていたようなので、
ウケが良いようにそうなったのかなぁ。

何て言うか、少年少女向けの物語をちょっと背伸びさせた感じ?
拒否反応がおこる無茶苦茶な本でした。
つうか、意味わからん。終わり方も納得いかないし。

次は別のジャンルにしよう。
この人の本は二度と買わない。本の帯に騙された。
これはお勧めだっ!ってのを書きたかったんだけどなぁ。

2010/03/05 22:12

投稿元:ブクログ

地球温暖化を避けるため、森林都市へ生まれ変わった東京。経済は炭素を中心に動き、空中都市アトラスと難民であふれる地上に人は住む。壮大なSFのような、でもやっぱり大河な雰囲気もあったりで面白い。ただだいぶ長いので途中で疲れてくる。
2010/3/5

SF ランキング

SFのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む