サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0720)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

営業ものがたり

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 21件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.11
  • 出版社: 小学館
  • サイズ:23cm/71p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-09-179276-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
コミック

紙の本

営業ものがたり

著者 西原 理恵子 (著)

東京、大阪と営業に駆け回る姿を笑いと涙で描く。「ぼくんち」番外編の「朝日のあたる家」、浦沢直樹氏との心温まる交流を描いた「浦沢さんとわたくし」も収録。絵本のようなオールカ...

もっと見る

営業ものがたり

905(税込)

営業ものがたり

648 (税込)

営業ものがたり

ポイント :6pt / 紙の本より257おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

東京、大阪と営業に駆け回る姿を笑いと涙で描く。「ぼくんち」番外編の「朝日のあたる家」、浦沢直樹氏との心温まる交流を描いた「浦沢さんとわたくし」も収録。絵本のようなオールカラー本。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー21件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (11件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

うつくしいのはら...人間って悲しいね

2005/12/10 13:36

10人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:塩津計 - この投稿者のレビュー一覧を見る

いつもながらのサイバラワールドオンパレード!爆発に次ぐ爆発って、あるとき突然、眼前にみどりの野原が広がると、それが「うつくしいのはら」の始まりです。舞台はカンボジアでしょうか。スラムに住む貧乏ながらもけなげな前向きな家族のものがたりのはじまりです。優しいおかあさんと素直な男の子と女の子。「字が読めるようになれば、世界のことが分かる、お金が儲けられる、人に使われないで済むようになる」と一生懸命勉強に励む子どもたちですが、やがて地平線の向こうから戦争がやってきて、子供たちはいつの間にか戦争に巻き込まれます。あんなに優しかったお母さんは戦争で殺され、ボクもいつの間にか勉強を途中でやめて兵士になっています。そして、ある日、あるとき、うつくしいのはらを歩いているとき、頭を銃弾で打ち抜かれゴミになってしまいます。殺されたボクは、やがて生まれ変わり、やっぱり貧乏な家の子供に生まれ、一生懸命お母さんのお手伝いをし、勉強をし、字をおぼえようとして、やっぱりヘイタイになって、また死んでいく...これが永遠に輪廻転生のごとく繰り返されていく。これが今もアジアで、アフリカで、中東で起きていることなんですなあ。平素、「馬鹿は死ね」「アホはまとめて強制収容所にたたきこめ」と暴言を繰り返す私ですが、この「うつくしいのはら」は涙ナシには読むことが出来ませんでした。はちゃめちゃなギャグのうらにこうした優しい視線があるからこそサイバラさんの漫画は人の心を捉えて話さないのですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人だから

2008/01/21 23:56

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トマト館 - この投稿者のレビュー一覧を見る

なんでこの本流通してないの?!
2005年発売なのになあ・・・。
よくわかりませんが、
この本はやっぱりはずしてないです。

営業話の中で、
サイバラのまんがは、
東京の読者には時々、
貧乏すぎてリアルじゃない、
前の日本ていう感じがする、といわれるが、
大阪と歌舞伎町の人には共感される、という話がでてくる。
貧乏だとか仕事がないだとか暴力だとかの、
負のスパイラルが続いている地域って、
未だにゼロじゃないって私は思う。
それが存在する場所が、たまたま偏っているというだけで。
表向きには地域って感じが薄れていたとしても、
個人単位ではまだまだあるだろうし、
知らない人は
知るべきだと思うな。
サイバラのまんがを通してでも。
それが、海外では
戦争をまじえてスパイラルが続いていて、
その話を描いたのが「うつくしいのはら」

「私はあなたにいろんなものの名前を教えるよ
 あなたは人だから。
 私は、人だから。」
思わぬところで、
生きるうえでの真ん中へんにあるもののことを
考えてしまう本。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

笑いあり、涙あり。

2014/02/25 22:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴろりん - この投稿者のレビュー一覧を見る

人に言えないような事も、西原先生の本には書かれている。

でも、その部分で教えられる事が多い。

なぜかジンときて、考えさせられる。

たぶん、皆、他人事のように思い。目を背けてきた事かもしれない。

笑いあり、涙ありで、教えてくれる西原先生の本は大好きです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/11/12 11:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/23 21:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/02 23:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/12/20 19:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/27 22:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/25 00:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/31 19:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/20 20:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/05 16:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/18 15:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/10 10:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/22 19:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

マンガ評論・読み物 ランキング

マンガ評論・読み物のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む