サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイント最大100倍キャンペーン(~3/31)

ブックオフ宅本便 バナー・LP修正(2019/3/11~4/8)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

闇に眠る騎士(ハーレクイン・ヒストリカル)
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
新書

紙の本

闇に眠る騎士 (ハーレクイン・ヒストリカル)

著者 マーゴ・マグワイア (作),すなみ 翔 (訳)

闇に眠る騎士 (ハーレクイン・ヒストリカル)

税込 929 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

傷だらけの騎士と自由を奪われたウェールズの娘。1423年、中世イングランドを舞台とした切なさ全開のロマンス。

2005/12/13 11:52

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:三度目の正直 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ハッピーエンドが前提であるハーレクインの本を好んで読む私は、「最初からハッピーエンドだと分かってるのになんで読むの? 読んで面白い?」と友人に言われたことがある。なぜと言われると困ってしまうが、ハッピーエンドだと分かっているからこそ読むとも言える。ハッピーエンドにたどり着くまでの山あり谷ありの困難を、二人がどう乗り越えていくかという過程を楽しみたいのだ。
 鮮烈のデビュー作『薔薇と狼』から2年。首を長くして待っていたスピンオフ(続編)の発売に歓喜した。ただ、スピンオフが出るとするなら今度のヒーローは金髪の騎士ニコラス・ベッカーだと思っていた人は多いはず。それだけに、ヒーローはヒュー・ドライデンだということにとても意外性があった。
ヒューは、前作では主人公の友人として登場し、ある男によって酷い拷問を受け心身ともに傷を負った騎士。前作の中では、酷い拷問を受けたらしいということは書かれてあったものの、どんな拷問を受け、どんな酷い傷を負ったのかなど具体的には書かれていなかったと記憶している。今回はそれが具体的にあかされており、そのあまりの内容に絶句した。まさかそこまで酷い目にあわされていたなんて思ってもいなかっただけに、”拷問”というものを甘く見ていた自分が呪わしくさえ思えた。
 心身ともに一生消えないような酷い傷を負い、明るさも生きる希望も失ったヒュー。そんな彼と出会うヒロインがウェールズ人の娘シャーン。
シャーンの明るさと無邪気さによって次第に癒されていくヒュー。シャーンもまたヒューに惹かれていくのだけれど、二人の間には大きな壁が立ちはだかっているのだ。シャーンは兄の意向で近いうちに修道院に入れられる身であるし、ヒューは他の女性に(仕方なく)求婚している身。
この壁がどう崩されるかが本書の最大のお楽しみでしょう。
 でも、本書の面白さはそこだけではない。
前作でもヒロインの隠された秘密やその設定に大変驚かされたが、今回もびっくり仰天である。巻頭に、ざっと簡単な登場人物紹介が載っているのだが、実際の歴史に名を残すあの人やこの人の名がずらり。ヒストリカルシリーズの他の作品でも実在の人物が登場することは珍しくはないが、大体はちょろっと登場するという程度。だが本書は主要人物としてかなり出ずっぱりなのだ。
ヒロインのシャーンにいたっては、なんとオーウェン・チューダーの妹という設定になっている。中世ヨーロッパの歴史をかじったことのある人ならご存知の通り、オーウェン・チューダーは国王ヘンリー五世亡き後もその妻キャサリン王妃の側に仕え、後に二人は結婚して子供ももうけたという男である。また、後にチューダー王朝を開くことになるヘンリー七世は彼の孫にあたる。本書ではまだキャサリン王妃と結婚はしていないが、二人の関係を匂わせるような雰囲気はある。本書では妹シャーンに冷たい酷い兄として描かれているところもまた面白い。
史実をうまく取り入れながら見事なフィクション仕立てになっていてその巧さには舌を巻くばかり。歴史好きさんなら大いに楽しめることは間違いなしだけど、たとえ歴史の予備知識が無くても大丈夫な作りになっているのでご安心を。
 看護師として勤めた後、大学に戻って歴史を学び「史実は小説より奇なり」と実感したことが小説を書こうと思ったきっかけだという著者。今後もどんなヒストリカル作を生み出してくれるか楽しみである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。