サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍!! (~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. マンガ評論・読み物
  4. マンガは今どうなっておるのか?

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

マンガは今どうなっておるのか?
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.9
  • 出版社: メディアセレクト
  • サイズ:19cm/254p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-86147-009-9
  • 国内送料無料

紙の本

マンガは今どうなっておるのか?

著者 夏目 房之介 (著)

夏目の目がとらえた、今、面白いマンガとは? マンガの面白さ・うまさって何だ? うまいヘタ問題、儲かるのか問題、マンガ家の遺族問題まで、マンガは今、こうなってる! 「コミッ...

もっと見る

マンガは今どうなっておるのか?

1,337(税込)

ポイント :12pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

夏目の目がとらえた、今、面白いマンガとは? マンガの面白さ・うまさって何だ? うまいヘタ問題、儲かるのか問題、マンガ家の遺族問題まで、マンガは今、こうなってる! 「コミックパーク」サイト連載に大幅加筆。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

夏目 房之介

略歴
〈夏目房之介〉1950年東京生まれ。青山学院大学史学科卒。現在、マンガ・コラムニストとしてマンガ、イラスト、エッセイ、講演、TV番組などで活躍中。著書に「あの頃マンガは思春期だった」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2005/10/24 18:43

投稿元:ブクログ

ネット連載のコラムの書籍化、ということで、取っ掛かり易くまた分かりやすい。
突っ込んだ分析までしていないので、物足りないと言えば物足りないかもしれないけど、楽しく読めると言う点ではかなり良い。
マンガ評論への第一歩、という感じ。

2006/08/13 09:19

投稿元:ブクログ

表紙のゑが物語る。リラックスしてマンガを楽しんでいる若者と,立ったまま難しい顔をしてマンガを読んでいる青年(大人)。

2009/11/28 21:54

投稿元:ブクログ

 このタイトル、なんか微妙なので、へんに検索するとひっかかりませんので。
 ついでに、夏目房之介で検索しても、これは頭にきません。最新作だと思うんだが、どーなってるのだ??

 ま、内容はタイトルそのまんま。
 表紙が、よしながふみ、だったのと、よしながも、ハガネも論じてるとかで、つい買いました。
 が、肝心なのが短いよ(涙)
 ともあれ、「よしなが読まずして、マンガが面白くないと言うな」つーのには、深く共感。だが、よしながが照れ屋とかっていうのは、違うと思うんだけどな。よしながの、背景を極端に排除した手法は、照れ屋とかじゃなくて、ものすごく計算した結果なんだと私は常々思ってる。で、そのアップが続く数コマなんて、表情の微妙さに、胸をつかれてしまう。一体、この人はこの一コマを描くのに、どれだけのエネルギーを使っているのだろう。
 と、思わず、よしなが絶賛コメントになっているが(ww)まぁ、それなりに面白いので<をい

2014/03/30 22:09

投稿元:ブクログ

 第1章「今のマンガたちの話」は、著者得意の緻密なマンガ批評で『のだめ』や『テニプリ』などを取り扱っていて、素直に楽しい。また、マンガ批評のための用語としての「うまいヘタ」問題について考察している節(第4章「マンガはどうなっておるのか」)も、非常に興味深かった。

 マンガ評論は、昨今、大きな広がりを見せている。しかし、マンガの「読み方」や、「語り方」そのものを開発してきたこの人の存在は大きいなぁと思う。

マンガ評論・読み物 ランキング

マンガ評論・読み物のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む