サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

どんがらがん
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 19件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.10
  • 出版社: 河出書房新社
  • サイズ:20cm/428p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-309-62187-6
  • 国内送料無料

紙の本

どんがらがん (奇想コレクション)

著者 アヴラム・デイヴィッドスン (著),殊能 将之 (編),浅倉 久志 (ほか訳)

ユーモラスなほら話、奇想小説、すてきな小品、異国奇譚、無気味な話、ほろ苦くてセンチメンタルな話…。ヒューゴー賞、MWA賞、世界幻想文学大賞ほか受賞の異色作家デイヴィッドス...

もっと見る

どんがらがん (奇想コレクション)

2,052(税込)

ポイント :19pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ユーモラスなほら話、奇想小説、すてきな小品、異国奇譚、無気味な話、ほろ苦くてセンチメンタルな話…。ヒューゴー賞、MWA賞、世界幻想文学大賞ほか受賞の異色作家デイヴィッドスンの作品集。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

ゴーレム 浅倉久志 訳 13-25
物は証言できない 浅倉久志 訳 27-46
さあ、みんなで眠ろう 浅倉久志 訳 47-69

著者紹介

アヴラム・デイヴィッドスン

略歴
〈アヴラム・デイヴィッドスン〉1923〜93年。ニューヨーク州生まれ。「さもなくば海は牡蠣でいっぱいに」でヒューゴー賞、「ラホール駐屯地での出来事」でMWA賞、世界幻想文学大賞生涯功労賞など受賞多数。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー19件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

内容紹介

2005/10/07 10:46

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ビーケーワン - この投稿者のレビュー一覧を見る

ヒューゴー賞、MWA賞、世界幻想文学大賞をすべて短篇部門にて受賞するという空前絶後の受賞歴を誇る、唯一無比の異色作家デイヴィッドスン。「わたしが最も偏愛する作家の一人である」という殊能将之が編者として贈る傑作選。
*****
☆序文(グラニア・デイヴィス)浅倉久志訳
☆ゴーレム
The Golem 浅倉久志訳
☆物は証言できない
The Necessity of His Condition 浅倉久志訳
☆さあ、みんなで眠ろう
Now Let Us Sleep 浅倉久志訳 単行本初収録
☆さもなくば海は牡蠣でいっぱいに
Or All the Seas with Oysters 若島正訳
☆ラホール駐屯地での出来事
The Affair at Lahore Cantonment 若島正訳
☆クィーン・エステル、おうちはどこさ?
Where Do You Live、 Queen Esther? 浅倉久志訳
☆尾をつながれた王族
The Tail-Tied Kings 浅倉久志訳 本邦初訳
☆サシェヴラル
Sacheverell 若島正訳
☆眺めのいい静かな部屋
A Quiet Room with a View 若島正訳 本邦初訳
☆グーバーども
The Goobers 浅倉久志訳 単行本初収録
☆パシャルーニー大尉
Captain Pasharooney 中村融訳 本邦初訳
☆そして赤い薔薇一輪を忘れずに
And Don’t Forget the One Red Rose 伊藤典夫訳 単行本初収録
☆ナポリ
Naples 浅倉久志訳 本邦初訳
☆すべての根っこに宿る力
The Power of Every Root 深町眞理子訳 本邦初訳
☆ナイルの水源
The Sources of the Nile 浅倉久志訳 本邦初訳
☆どんがらがん
Bumberboom 深町眞理子訳
☆解説 殊能将之
☆著作リスト

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

変わってます、唯一無比の作家であることには、間違いなし。

2006/07/11 22:14

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読み人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書、「どんがらがん」は、昨年のミステリ系のランクでも、
SF系のランクでも、入っていた本で、物凄い楽しみにしていた本なのですが、読んでみて吃驚!!。
 めちゃめちゃ、変わっています。
本書は、短編集なのですが、兎に角、普通の小説とは
全然違います。小説の中身そのものも変わっていますが、
集められている、短編もそのジャンルからいうと、
ミステリから、ちょっとユーモラスなもの、異国情緒あふれるお話し、
完全なSFに、ちょっぴり悲しいセンチなもの、スプラスティックなファンタジ
と、(あと、勿論、ジャンルわけ出来ないような、ものも)
雑多なものが、集められています。

 又、本書は、作家の殊能将之(ハサミ男の著者です。)さんの責任編集
というのも大きな要素で、
巻末には、大変丁寧な、殊能将之さんによる解説までついています。
そこに、丁寧にこのアヴラム・デイヴィッドスンという作家がどういう作家
なのか、書かれていますが、簡単に書くと
兎に角、メインストリームを外すだけ外した作風といえるでしょう。
翻訳家の中村融さんは、悪文と言い切っていますが、
 作家の勝手な主体性で切られたり、繋げられたりする文章に
ここは、っと普通の作家ならここはこの小説のハイライトと、
強調して書くところを、あっさり描写したります。
この辺が、ちょっと(どころか、かなり)読みにくい原因です。
又、自身が、マイノリティのユダヤ人ということもあって、
マイノリティに対する、優しさとシンパシー。
そして、中南米なんかの風合いを色濃く感じさせる、異国ムード。
 このあたりでしょうか、、。
変わっている作品の代表は、「尾をつながれた王族」
昆虫をあつかった、SFだと思えば、よいのかもしれませんが、
普通書かないでしょうこんなお話し、、。
しかし心に、妙に残ります。
 やっぱり、一番面白かったのは、表題作の「どんがらがん」
ですが、これも、ファンタジックな世界で、物凄く大きな大砲を
えっちらおっちら引っ張るお話しなんですが、まぁ、
ラストは、想像つきましたが、変なお話しで、心には、物凄く残ります。
 兎に角、変わった小説を読みたいと、思っている方には、オススメです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

相対主義でなお割り切れないコト

2006/08/07 01:48

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SlowBird - この投稿者のレビュー一覧を見る

一人の人間の内部の混沌は、文明の進歩に関わらず、むしろ社会が複雑化するほど精神の中に占める領域を制御不能なまでに拡大していく。人類がそれを意識するようになったのは新しいことと思うが、複雑化していること自体を認めることがその第一歩だろう。その発見は革新的なことで、複数の視座でものを見ることができることを大きな喜びと感じられるだろう。
この「どんがらがん」にはその喜びを感じさせる作品集。SF、社会派といった分類をされる本はみなそうなのかもしれないが、未来世界や異星人、あるいはCIAエージェントに多様性なんて言われても、それは自分の現実に関係ない空論の世界。その時は分かったような気になっても5分で忘れる。そうでない例の一つ、T.スタージョンは、その思考の分岐する道筋を美麗に修飾し、それを剥ぎ取ってみて初めて意味を知れる、注意深さを持った読者だけが物語の核に触れることができる屈折がある。それに対して本書はストレートで分かりやすい、明朗で優しい。
ただこういう1960年代の、現代に比べればシンプルな世界の分割方法が、今読んでも古さを感じさせない、それどころかいよいよ深刻な観点であると思わされるのは作品と別のところで考えさせられてしまう問題だが、ともかく予見性に優れているから現在でも読みごたえを感じられるのか、人間の自体の限界を突いていることによるのか。
そういう作品の中で、表題作と、「すべての根っこに宿る力」の2作が、世界を分割して近似的に理解するのでなく、混沌は混沌として読み直しているところで興味深い、というか傑作。言葉で表現すれば、善と悪、利害と優しさ、野心と諦め、といったことになるだろうか、人格の中にそれらが共存して矛盾しないことが奔放な展開を生む快感。この表現者としては、やはり1960年代に活躍したR.ゼラズニイの世界観を思わせる。
奇想としては、著名なタイトル「さもなくば海は牡蠣でいっぱいに」があるが、これはこの時代では目新しかったと言うところか。その他はサキ的なヒネリにヒューマニズムを被せて受け入れやすくなったスタイルだろうか。その方向での傑作は、東洋趣味と労働者階級の視線を組み合わせた「そして赤い薔薇一輪を忘れずに」が洒落ていて笑えた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/12/11 21:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/10 15:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/09 12:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/18 01:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/10 00:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/09 23:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/11/15 23:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/19 10:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/19 23:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/21 15:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/19 23:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/06 09:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

SF ランキング

SFのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む