サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『~今だからこそ~読んでおきたい50冊』 ポイント5倍キャンペーン ~9/29

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 経済・ビジネスの通販
  4. 投資・資産運用の通販
  5. 実業之日本社の通販
  6. “時間”がお金持ちにしてくれる優雅な長期投資 これから10年で富の所有者は激変する!の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.10
  • 出版社: 実業之日本社
  • サイズ:19cm/270p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-408-10641-0

紙の本

“時間”がお金持ちにしてくれる優雅な長期投資 これから10年で富の所有者は激変する! (実日ビジネス)

著者 澤上 篤人 (著)

公的年金があてにできなくなるこれからは、本格的な個人の資産運用時代を迎える。世界のお金持ちの発想に学ぶ、時間を活かした最強の蓄財法。【「TRC MARC」の商品解説】

もっと見る

“時間”がお金持ちにしてくれる優雅な長期投資 これから10年で富の所有者は激変する! (実日ビジネス)

税込 1,540 14pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者紹介

澤上 篤人

略歴
〈澤上篤人〉1947年愛知県生まれ。ジュネーブ大学付属国際問題研究所国際経済学修士課程修了。さわかみ投信株式会社代表取締役。共著に「自分の年金は自分でつくる!」など

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

株式投資に王道なし

2007/06/04 13:41

9人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:塩津計 - この投稿者のレビュー一覧を見る

株式投資を諸君はやっているか。我輩は、既に始めて22年になる。その間、バブル経済崩壊があった。フセインのイラク侵略があった。アジア通貨危機があった。ロシア金融危機があった。ITバブル崩壊があった。その度に株は暴落したが、私は無傷で生き残った。資産は10倍以上になっている。こうした経験を通じて学んだこと。それは、「株というものは高値掴みをしないこと、これに尽きる」ということだ。安いところで拾っておけば、それ以上下がることは無い。だから株式市場が大暴落しても、意外に傷は浅いものだ。優良会社を買って置けば、株価の回復は意外に早い。会社の経営者は日夜業績向上に励んでいる。毎日毎日如何に利益をあげるかを考えている。だから普通の真面目な会社なら、やがて赤字は解消され黒字転換し、無配の会社は配当を復活させるものなのだ。この時、株価は劇的に上昇する。だから株式投資の要諦は実は極めてシンプルなのだ。そう。割安な会社の株を買って、高くなったら売り抜けること。これだけなのだ。本書は、この極めてベーシックな投資を実践していらっしゃる澤上ファンドの澤上さんが書いた本である。本書を読んで、何か投資のヒントやネタを仕入れようと思ったら大間違いと成ろう。本書はただただ上記のようなシンプルな株式投資の基本に関する説教が延々と続くだけだからだ。「この株を買え」とか「これからは中国だ」なんてバカなことは一切書いていない。ただただ「本来素晴らしい会社なのに一時的な経営のミスで赤字に転落したりして株価が暴落した会社の株を底値で拾い、それを長期間保有し続けなさい」ということが繰り返し繰り返しかいてある。ただそれだけの本だ。しかし、結局、株式投資のコツとは、それだけなのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「株価」とは、いったい何であるか

2008/06/14 00:06

4人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:リーマン・シスターズ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 著者によると何かの理由で、割安になっているものを丹念に拾っていく考え方が紹介されている。著者のファンドの公表されている数字が正しいとするならば、今のところ実績があるので、たしかに、そうなのかもしれない。
 
 ただし、株価はそのとき市場で売り買いされたコンセンサス以外の何者でもない。
 割安も割高も無い。(何を持って本来価値とするかの問題であるが、俗に言うファンダメンタルなのか、市場での値段と考えるかで大きく違ってくるのはたしかだが。)

 なるほど、著者のいうとうり本来価値(解散価値や配当利回り、成長性)については、否定する材料はない。
 しかし、会社がたとえ解散しても、株主に返金されるわけではない。また配当利回りが高いと言うことは、株価が低いと言うことである。それは、更なる下げの可能性(問題)を含んでいるし、配当をヤンピされたら目も当てられない。成長性にいたっては、プロをしても間違うことがあることは、周知の事実である。
 
 一方で、将来をかんがみた時の糧として、株式投資は一選択肢であることに変わりは無い。預貯金のリスクはインフレであって、そのリスクヘッジとして株式を持つのも一つの手法である。そのときの考え方として本書は非常に参考になる。
 ただし、やはりここでも、買いオンリー。けして、空売りの良さを示していない。
 空売りは、よほど蜜の味がするのだろうか、そのリスクだけが強調されるものばかり目立つ。
 インフレのリスクヘッジとして(又は配当狙いで)株を買ったはいいが、株価が急落してしまうのは、スワップ金利を狙って外貨を買って、円高になってしまうことに、非常に酷似している。
 
 とはいうものの、本書にあるとおり、サラリーマン天国は終わったようである。今や、窓際に席があるような余裕のある会社も少なくなった。自営業や中小企業にいたっては、自分の将来どころか、近い現実が危うい状況になってきている。
 自分の身は自分で守る手法としての「お金にも働いてもらう」発想を本書では十分に学べる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/01/19 16:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/07 15:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/08/23 08:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/01 18:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。